醍醐の花見

a0169902_2354416.jpg
今頃、ドラマはすでに果てているだろう。

a0169902_2371977.jpg
今年も醍醐の花見に出掛けた。

a0169902_2382733.jpg
真昼の花盛りに薄紅色の参道を歩く。
樹の下は、人・人・人でごった返していた。

a0169902_23111282.jpg
人混みに右往左往しながら、それでも人は、桜の樹の下に立つ。
立って、上を見上げる。

a0169902_23112690.jpg
一年がかりで花を咲かせた桜の気持ちが、嬉しさが、人の心に染みてくる。
生き物同士の切なさを、樹と人が分かち合う瞬間が、そこにはあった。

(撮影4月3日)

醍醐寺 報恩院
京都市伏見区醍醐東大路町22
電話:075-571-0002
時間:9:00~17:00
料金:無料
by kirafune | 2010-04-21 23:25 | 京都 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/10464370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by たーや at 2010-04-22 00:13 x
こんばんは~お邪魔しています。

素敵な醍醐寺。狙うところは似てますね。

桜はもちろんのこと、私たちの大先輩です。
なにかしら、私たち人間に語りかけている気がしますね。
でもこの春、桜に会わない人も多い。
もう少し自然界と対面出来る機会が増えると
人間は変われる気がするんですがね。独り言です(笑
Commented by kirafune at 2010-04-22 07:14
♪たーやさん

おはようございます!
たーやさんもこちらに行かれてるなあと思っていました。
三宝院や霊宝館は拝観料を払うだけでも長蛇の列でしたが、こちらは境内自由ですいすい。
枝垂れは終わりに近づいていましたが、今年もまた見られて幸せでした。
自然は人間にいろんなことを教えてくれますね。
独り言を呟いても、聞いてくれている気がします。
Commented by 都人 at 2010-04-22 07:55 x
>今年もまた見られて幸せ・・・
そうですね~、桜も毎年違うし、それを見る自分も変わっている?
でも、久し振りに会えた喜びは大きいですよね
さすが醍醐、すごい人出ですが、それでも来て良かったと思わせてくれる桜に感謝ですね!会えた喜びを分ち合えるのも幸せ~♪
Commented by shino at 2010-04-22 20:58 x
こうして花盛りの瞬間を、また見せていただけることの幸せ♪
沢山の人が向かう醍醐の花は、人を引き付けてやまない魅力があるのでしょうね。
それぞれの場所のそれぞれの花々は、私達に、ちょっとずつ違う表情で語りかけてくれているようですね。
ようこそ!
来年もまた会いましょうと・・・
Commented by うえっち at 2010-04-22 22:47 x
見事な桜ですね!
そんな桜の季節も、もう終わりますね。。。
さて、これから何を撮ろう?(^^;)
Commented by はっしい at 2010-04-22 23:09 x
ほんと、京都の桜は格別。
でも京都に行ったからって必ず出逢える訳ではないですものね。手に取れそうで遠い世界・・・
kirafuneさんはタイミングを見計らう能力も持ち合わせているみたいですね。
醍醐の花見に連れてって下さってありがとう!(^^)!
Commented by kirafune at 2010-04-22 23:27
♪都人さん

ほんと、凄い人出でした。
桜の樹の下は、お祭り騒ぎのような人の群れ。
みんなでわっしょい、わっしょい。
桜というお神輿を担いでいるような^^
幸せはただ待っているだけでは、来ないかもしれないですね~。
自分から掴み取っていかないと。
なんだか血の気の騒ぐ醍醐の花見でした。
Commented by kirafune at 2010-04-22 23:30
♪shinoちゃん

桜の樹と人間も、一期一会なんですね。
また来年も会えるといいな。
随分たくさんの花に出会った古都の春でした。
ちょっとづつ、みんな違ってみんないい。
京都の春の魅力は尽きないですね。
Commented by kirafune at 2010-04-22 23:32
♪うえっちさん

そうですね~。
これからはツツジや藤かな。
それに牡丹や芍薬。
一初に、薔薇に、花菖蒲に・・・。
季節はどんどん過ぎて行きますね。
楽しみです。
Commented by kirafune at 2010-04-22 23:35
♪はっしいさん

4月上旬なら、まずハズレはないです。
でも、はっしいさんのようなカメラの腕があれば、満開の花よりも、花吹雪や散り際を本当は狙いたいところです。
Commented by miyabiko at 2010-04-23 00:35 x
今年も醍醐の桜が見れて嬉しいです。
そういえば、去年は自分が花見もままならない状態で、
kirafuneさんの記事でお花見気分を味わっていました。
あれから一年経つんだなあと思いながら、
>一年がかりで花を咲かせた桜の気持ちが、嬉しさが、人の心に染みてくる。
という言葉にジンときています。
Commented by chisa_pie at 2010-04-23 10:58 x
醍醐寺の桜見事ですね。何処で見る桜も美しくその都度様々な思いにとらわれます。それでも長い歴史を持つ京都の桜はとりわけすごいですね。kirafuneさんに見せて頂いて良かったです♪
先日、青梅にある醍醐派の別格本山「塩船観音寺」に行ってきました。古い歴史があるお寺でした。丁度桜が終わりつつじにバトンタッチしているところでしたよ。5月初旬までが見頃のようです。
Commented by kirafune at 2010-04-24 08:32
♪miyabikoさん

生きていればこそのお花見。
決して、当たり前の出来事ではないのですね。
桜も急に咲いたのではなく、1年かけて開花の準備をしてきたわけで。
その桜の樹にも、寿命があって、毎年精一杯、雨風に耐え抜いて、生きている。
見事に花開いたその姿は、人を感動させてくれますね。
Commented by kirafune at 2010-04-24 08:37
♪chisa_pieさん

ありがとうございます。
「塩船観音寺」は、醍醐派の別格本山でしたか。
ツツジ3万本が華麗な花模様を展開するお寺と聞いています。
chisa_pieさん、もう行かれたのですね。
5月初旬までが見頃ですか。
私も行ってみたくなりました。
Commented by おつきさま at 2010-04-30 11:55 x
こんにちは。ブログ再開のお知らせを頂き、ありがとうございました。
kirafuneさんの素敵な写真と文章をまた楽しめると思うと嬉しい限りです。

で、最初から拝見していてびっくり。
昨年に引き続き、私とほぼ同時期に上洛されていらっしゃいました。
(私は4/2,4と京都の街中を歩き回ってました…)

今年は桜の開花が早かったので、もしかして全部散っちゃう?と思っていたのですが、なんとか桜を楽しむことができましたね。
今回の上洛で一番最初に訪れたのが醍醐寺でした。
桜もきれいでしたが、三宝院、霊宝館、下醍醐の本堂すべてに人が満載でした。

では、これからも楽しませて頂きますね。
Commented by kirafune at 2010-04-30 21:12
♪おつきさま

コメントをありがとうございました。
おつきさまも上洛されていましたか!
しかも、醍醐寺に行かれたそうで。
醍醐は、本当にびっくりするような、凄い人出でしたね。

京都の街中のどこかで、すれ違っていたかも知れません。
私もかなり、歩き回っていました。
今回は、桜の開花が長引いて、楽しめましたね。

これからもまたよろしくお願いします。
Commented by ログの大好きな徳さん at 2010-05-10 15:37 x
kirafuneさんのブログは格別な趣がありますねぇ ♪
醍醐の花見 歴史のある風景には魅了されています。
アドレスを何処に登録したかわからず右往左往していました。(笑)
Commented by kirafune at 2010-05-11 06:49
♪徳さん

たくさんのコメントをありがとうございます。
右往左往させてしまって、ごめんなさい。
これからもよろしくお願いします^^
<< 洛中桜巡り 勧修寺の春景色 >>