養源院の百日紅

a0169902_20173041.jpg
真夏の京都に、百日紅の花は似合う。



a0169902_20183320.jpg
血天井で有名な洛東の養源院は、三十三間堂の東にある。

a0169902_20184288.jpg
山門をくぐると、本堂への参道に、時節、楓の風が吹き抜けていった。

a0169902_20185162.jpg
外はくらくらするほどの暑さだ。
ところが、本堂の玄関に一歩入ると、なぜかひんやりとしている。

a0169902_2019152.jpg
血天井の血しぶきを吸い取ったかのような赤い百日紅の花が本堂の屋根を覆っていた。
蝉時雨が聴こえる。
戦争のない、平和な時代に感謝したい。
百日紅の花が100年後、200年後の夏も、ここで咲き続けてほしいと願った。

(撮影8月15日)

養源院
by kirafune | 2010-08-18 19:49 | 京都 | Trackback(1) | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/11148877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ねこづらどき at 2010-08-20 21:24
タイトル : 京都・洛西 百日紅2010 ~嵯峨野~
嵯峨野路で見つけた百日紅です。 鳥居形の送り火を見に行った日、護摩木を納めるべく... more
Commented by しなこじ at 2010-08-19 23:42 x
公園で見かける百日紅ですが、確かにお寺さんの庭に咲いている方が似合いますね。
瓦の屋根によく映ります、百日紅がこんなに美しく見えて、暑い暑い日だったようには思えませんね。
Commented by kirafune at 2010-08-19 23:48
♪しなこじさん

何気なく咲いている公園の百日紅も美しいですが
血天井を覆った瓦屋根の上の百日紅も
一種独特の美を放っていました。
Commented by shino at 2010-08-20 08:25 x
終戦の日の百日紅に平和の願いを託されたのですね。
百日紅の赤い色が象徴的ですね。

境内の蝉時雨が聞こえてくるようです。
Commented by きり at 2010-08-20 17:58 x
人々の営みが、永く続いている事を実感する京都の街。
そんな街で育った子どもの頃、世界は確実に平和に向かって進んでいると信じていました。

戦争をしないこと、永久に戦後であって欲しいと心から願います。

今、我が家にも、セミの声が聞こえてきますが、まるで、養源院から、聞こえて来るようです。
お寺に百日紅、似合いますね。

百日紅の街路樹も、ステキですよ。
北大路通りの東大路から白川通りの1キロほどの区間、街路樹が百日紅です。
殺風景な通りも、花の咲いている間は、雰囲気が一変します。








Commented by なおくん at 2010-08-20 21:32 x
養源院も百日紅が綺麗ですね。
蝉時雨が聞こえている間に、また行ってこようかな。
Commented by ひろ at 2010-08-20 22:25 x
こんばんは^^
いいですね。。
あまり訪れることのないお寺さんですが、こういう景色を拝見すると行きたくなりますね^^
Commented by うえっち at 2010-08-20 23:14 x
百日紅が緑に映えて鮮やかですね♪

ずっと平和が続いて、鮮やかに咲き続けて欲しいもんです(^-^)
Commented by sky-yy at 2010-08-21 00:38
真夏の京都~暑いイメージが強いですが
木々の隙間から涼しい風が吹き抜けて来るようです。
都内でもあちこちで百日紅を見かけますね。
あぁ京都が誘ってる~
Commented by kirafune at 2010-08-21 08:19
♪shinoちゃん

境内では蝉時雨しか聴こえませんでした。
芭蕉の山寺ではないですが、
圧倒的な蝉の声に、寧ろ、静寂を感じました。

Commented by kirafune at 2010-08-21 08:23
♪きりさん

戦争は絶対に嫌ですね。
心から「永久に戦後」であって欲しいです。

北大路通りの東大路から白川通りの百日紅の街路樹は
知りませんでした。
1キロも!
きれいでしょうね~。
メモリました。
次回、夏に行ったとき、見てみたいです。
Commented by kirafune at 2010-08-21 08:26
♪なおくん

TBありがとうございました。
養源院の百日紅、まだこれからといった感じでしたので、
よかったら、行ってみてください。
隣りの法往寺の芙蓉も、8月末頃には沢山咲きそうでしたよ。
Commented by kirafune at 2010-08-21 08:28
♪ひろさん

おはようございます。
わあ、ひろさんにそう言っていただけると
うれしいです。
すぐそばの三十三間堂には、大勢の観光客が
吸い込まれていきましたが、こちらの養源院には
誰もいませんでした。
Commented by kirafune at 2010-08-21 08:30
♪うえっちさん

そうですね。
だんだん戦争を知る世代が減ってきているし、
またあの時代が来ないように、願うばかりです。
百日紅の花にその思いを託してみました。
Commented by kirafune at 2010-08-21 08:31
♪ sky-yyさん

家の近所でも、百日紅の花は咲いているのですが
京都のそれとは、やはり趣きが異なりますね。
sky-yyさんの京都、また見たいです^^
Commented by ログの大好きな徳さん at 2010-08-21 13:08 x
百日紅の花は 夏日に照らされると明るく輝
いているように見えますね。
塀越しの百日紅の下を 夏日を浴びて 
白いパラソルの和服姿の女性があるく姿を
思い浮かべています。。。 ♪ 
Commented by kirafune at 2010-08-21 19:55
♪徳さん

京都ではよく、和服姿の女性をみかけますね。
私も今回、浴衣を着ましたよ。
でも、持ってたパラソルは、黒でした^^
Commented by miyabiko at 2010-08-22 08:55 x
毎朝、通勤の途中で百日紅の花を見かけますが、
やはり京のお寺さんの百日紅の方が風情がありますね。
今年の8月15日は実家の母が孫たちに
戦時中の体験を話していました。
同じ過ちを繰り返さないためにも
語り継がなければいけないことだとしみじみ感じました。
Commented by ZEISS at 2010-08-22 09:54 x
おはようございます。

サルスベリは寺社仏閣とはよく似合います。
私も昨年、山梨は演算の恵林寺で撮りました。
旧盆で暑い日でしたが、不思議なことにお堂の中は
涼しいんですよね。

サルスベリの花は終わりますが、涼しくなったら鎌倉へ
行こうかな?と思いました。
そんな気にさせた写真の数々でした。
Commented by kirafune at 2010-08-22 19:52
♪miyabikoさん

今日、世田谷の方に行きましたら、
百日紅の並木道がありました。
紅色の花が咲く道は、華やかに見えますね。
終戦の日に戦争体験を聴くのは、子供たちにとって
貴重な経験になりますね。
そういう話を聴く機会も段々と減ってきています。
Commented by kirafune at 2010-08-22 19:55
♪ ZEISSさん

こんばんは!
山梨の恵林寺さんですか。
ZEISSさんは、本当にあちこち撮影に行かれていますね。
私も「鎌倉」と聞いて、行きたくなりました。
「涼しくなったら」が合言葉で^^


<< 有栖館 夏の特別公開 智積院の桔梗 >>