夏の嵯峨野で

a0169902_139244.jpg
「お兄さん、もうこの人と一緒に乗っていられない。降ろしてくれる」



a0169902_852778.jpg
「お客さん、ここは柿は落ちるが、人間を落とす所じゃありませんや」
「いいから、降ろして!」

a0169902_1422391.jpg
嵯峨野の竹林の道に迷い込んだ。

a0169902_8523976.jpg
楽しかったブランコも、今は押す人もなく、風の音さえ聴こえない。

a0169902_1424267.jpg
どんなに喧嘩をしたとしても

a0169902_934553.jpg
お互いがお互いの気持ちに耳を傾け、

a0169902_85473.jpg
穏やかな心で互いの存在をただ認め合うことができれば、

a0169902_1431783.jpg
希望はまだ残されている。
嵯峨野の一角で、小さなお地蔵さんが呟いた。

(撮影8月16日)

落柿舎
アイトワの森
天龍寺
by kirafune | 2010-08-28 23:55 | 京都 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/11198857
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うえっち at 2010-08-29 11:11 x
嵯峨野の竹林、いいですねぇ♪

でもこの人形のあるところは、どこでしょう?

お地蔵さん、そんなに急がずちょっと休んでいきなさいって言ってるみたいですね(^-^)
Commented by kirafune at 2010-08-29 11:24
♪うえっちさん

嵯峨野の竹林の道のそばに、森 小夜子さんという
人形作家の作品を展示した庭がありました。
独特の世界に見入ってしまいました。
詳しくは、リンクを張った「アイトワの森」をご覧ください。
嵯峨野の一角でみかけた小さなお地蔵さんに
癒されました。
Commented by shino at 2010-08-29 18:18 x
嵯峨野の竹林、恐ろしいくらいにきれいですね!
こういうお人形さん、好きです♪

いろんな京都を見せていただけて嬉しいです^^
Commented by たーや at 2010-08-29 18:53 x
こんばんは♪kirafuneさん
落柿舎の百日紅が色付いてますね。
アイトワさんは知ってましたが、入ったことはありません。
なるほど、勉強になります。

お地蔵様、嵯峨野巡りではよく見掛けますが、何処だろう?
寿庵さんが一番可能性あり?可愛いですよね。
しかし暑かった日なのに、、、お疲れ様でしたね。
Commented by しなこじ at 2010-08-29 22:24 x
落柿舎の景色が素敵ですね。
嵯峨野の竹林の緑がこんなに美しいのですね、そして天まで届きそう!
蓮の実が潜望鏡のように見えたのですが、同じ方向を向いているのですね。
可愛いお地蔵さんのつぶやきが聞こえてきそうです。


Commented by 都人 at 2010-08-29 23:06 x
そうですね~、お互いを思う気持ちがあれば、きっと道は開けるでしょう。時が解決の助けをしてくれるかもしれない。
嵯峨野には不思議な力がある気がします。
Commented by なおくん at 2010-08-30 21:51 x
ああ、落柿舎が出てきましたね。
確かに時間帯は近い様に見えますね。やっぱりどこかですれ違っていたのかも知れません。

人力車が良いアクセントになっていますね。
Commented by kirafune at 2010-08-30 23:16
♪shinoちゃん

お人形も魅力的なのですが、
その人形を作っている女性人形作家も
美人なんですよ~。
Commented by kirafune at 2010-08-30 23:19
♪たーやさん

こんばんは!
さすがたーやさん。
アイトワさんをご存じでしたね。
私は今回初めて知りてました。
嵯峨野の竹林を歩いていると
突然趣きのある庭とお人形が
現れました。
最後のお地蔵様は、嵯峨野巡りの途中で
見掛けた和風小物のお店の店先だったのですが、
店名を失念しました。
今度行ったら、確かめてみます。
Commented by kirafune at 2010-08-30 23:22
♪しなこじさん

落柿舎の景色は遠目で見たのですが
綺麗だなと思って、シャッターを切りました。
嵯峨野の竹林は背が高いですね。
天龍寺の蓮はお昼過ぎでしたが、まだ少し咲いていました。
お地蔵さん、小さくて可愛かったです。
Commented by kirafune at 2010-08-30 23:24
♪都人さん

嵯峨野って、ほんと不思議な場所ですね。
いろいろなことは、必ず時間が解決してくれる。
いつもそう思います。
Commented by kirafune at 2010-08-30 23:28
♪なおくん

やっぱり、同じ時間帯だったかも知れませんね。
そういえば、今思えば、なおくんかな?という方、見かけました^^
なおくんの京都は、盛りだくさんで旬をおさえていらっしゃり
とても興味深いところばかりです。
いつも拝見させていただいて、勉強になります。
Commented by miyabiko at 2010-09-06 02:21 x
>お互いがお互いの気持ちに耳を傾け、
穏やかな心で互いの存在をただ認め合うことができれば、
そうですよね。
理屈ではわかっているけど、なかなかそうはできない自分がいます。
嵯峨野の竹林を思い出しながら、
いろいろと考えてしまいました。。。
Commented by kirafune at 2010-09-06 08:15
♪miyabikoさん

そう、理屈ではわかっているけれど、
複雑な感情に心が左右されがちです。
私も竹林を歩きながら、いろいろ考えました。
Commented by ログの大好きな徳さん at 2010-09-08 15:16 x
うん 。。。 そうありたいですねぇ ♪ 
愉しみかたが違うと 離れてみていたほうが よさそうです。
Commented by kirafune at 2010-09-08 23:20
♪徳さん

まあ、離れることも
時に必要ですね。
<< 常寂光寺の紅い仙翁 一保堂の喫茶室「嘉木」 >>