白山神社の散紅葉

a0169902_741787.jpg
人の行く裏に道あり散紅葉



a0169902_7412521.jpg
白川もみじ谷の終点は、落ち葉に埋もれた古社だった。
8世紀創建とも伝えられる白山神社。

a0169902_7415333.jpg
すべては移り変わる。

a0169902_7423921.jpg
人々を楽しませてくれた紅葉も、北風が吹き、遂には散りゆく。

a0169902_743767.jpg
人も停止することなく、変わるいきものだ。
諸行無常の鐘の音とともに。

a0169902_7433244.jpg
幸せは不幸せと同じで一色とは限らない。

a0169902_7435867.jpg
様々な色変化を受容すること、それこそが生きてゆくことに他ならない。

a0169902_7442549.jpg
変化を恐れるな。

a0169902_745473.jpg
夢と現の間にかかる橋の上で、一期一会の散紅葉がカサコソと音をたてた。

(撮影11月28日)

白山神社
京都府宇治市白川娑婆山16
by kirafune | 2010-12-12 23:55 | 京都 | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/11706977
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by zuboratarou at 2010-12-13 19:51 x
こちらの紅葉も綺麗ですね。
勿論、お写真も素敵です。
特に、5枚目が大好きです。
Commented by ミニミニ放送局 at 2010-12-13 19:56 x
紅葉は散っても美しいですね。風情があります。
秋はやはり感傷的になります。
もう嫌いな厳しい冬、出かけるのも足が重くなります。
Commented by しなこじ at 2010-12-13 20:21 x
人里離れたような雰囲気の神社ですね。
散りもみじも美しいですが、やはり淋しい気がします。
白山橋を戻ってもすぐには夢から戻れないような美しさですね。
Commented by うえっち at 2010-12-13 22:29 x
見事な散り紅葉ですね!
満開の紅葉もいいけど、私は色とりどりな散り紅葉のほうが好きかもです♪
Commented by kirafune at 2010-12-13 23:23
♪zuboratarou さん

ありがとうございます。
5枚目の構図、本当はもっと引いて
小屋を入れたかったのですが
私にはできませんでした。
まだまだです。
Commented by kirafune at 2010-12-13 23:25
♪ミニミニさん

ちょっとメランコリックな気分になってしまいました。
歴史のある古社に落ち葉がはらはらと降ってきて・・。
赤い吹雪のようでした。
もののあはれを感じた次第です。
もう、冬ですね。
Commented by kirafune at 2010-12-13 23:27
♪しなこじさん

まだ思いは橋の向こう
目を閉じれば、夢の中にいるようです。
夢から戻れない橋って、
なんかいいですね。
Commented by kirafune at 2010-12-13 23:29
♪うえっちさん

京都の街中の喧騒から離れ、
地元の人しかいない晩秋の古社で
しばし物思いに耽りました。
そんな時もたまにはあっていいかな。
今年の古都の紅葉狩は、これにて終了しました。
Commented by shino at 2010-12-13 23:45 x
冒頭の御句は、kirafuneさん作ですか?
深い句ですね。

4枚目のお写真、感動的です!

今回のテーマは「方丈記」のような風情を感じました。

白山橋は夢の浮橋かもしれませんね。

Commented by kirafune at 2010-12-14 00:01
♪ shino ちゃん

冒頭の句は、大好きな中島らもさんの
「人の行く裏に道あり菊の花」をもじりました。
「夢の浮橋」も素敵な言葉ですね。
夢は儚いから美しい。
そんな感慨に耽る秋でした。

Commented by 都人 at 2010-12-14 00:02 x
春の花吹雪は、やがて新緑が芽生えることを予感させる
秋の散り紅葉は、長い冬に向かう生命力を感じる
生きとし生けるもの、儚くも歩み続ける
一瞬の輝きをありがとう
Commented by kirafune at 2010-12-14 00:11
♪都人さん

今年の紅葉よ、さようなら。
ありがとう^^
また、来年。
Commented by icewine5 at 2010-12-14 00:35
kirafuneさん、こんばんは。

見事な紅葉ですね!
春の桜の絨毯も素敵だけど、秋(?)の紅葉の絨毯も圧巻ですね。

それにしても、温暖化のせいか、今は紅葉のピークは秋ではなくて、初冬なんですね。
Commented by miyabiko at 2010-12-14 18:51 x
こちらの紅葉もきれいですね。散り紅葉もお見事!
橋の上の散り紅葉にはちょっぴり儚さを感じますが、
「一期一会の散り紅葉」という表現に惹かれました。
Commented by kirafune at 2010-12-14 23:46
♪ icewine5さん

こんばんは!
宇治に行ったのは、11月下旬でした。
もう散っているかもしれないですね。
いつ間にか12月も半ば。
早いですね。
今年の京の紅葉は綺麗でした。
Commented by kirafune at 2010-12-14 23:47
♪miyabiko さん

散紅葉もいいものですね。
ちょっと寂しい気もしますが・・・。
なごり紅葉でした。
Commented by たーや at 2010-12-15 00:47 x
こんばんは♪
いいところですね。ここは知りませんでした。
kirafuneさんの情報は、凄いですね。
地元民をも凌駕する勢い(笑
参考にさせていただきます。来年は行ってみよう!

あっ!1枚目好きな写真です。暖かいです。
Commented by ぽん at 2010-12-16 21:52 x
kirafuneさんの24時間ってどうなっているんだろうと思ってしまいました(=^・^=) 脳はきっと素敵な刺激で埋め尽くされているんだろうなあ。 今年も秋を堪能されましたね。
こうして見せていただくと、紅葉の時期ほど鮮やかな季節はないかもしれません。すべての葉が枯れ落ちる前に見せてくれる自然からの大きなプレゼントですね。
春もいいけどやっぱり最近は秋がいいなあ(^^♪
Commented by kirafune at 2010-12-16 23:14
♪たーやさん

こんばんは!
たーやさんでも行かれたことのない
京都があるなんて!
最も、宇治は京都ではないと
京都の方はおっしゃいますが・・・。
1枚目、私も気に入っています。
ありがとうございます。
来年は散紅葉の時に是非!
静かな晩秋を感じることができますよ。
Commented by kirafune at 2010-12-16 23:18
♪ぽんさん

私の24時間は、ほんとどうなっているのでしょう?!
京都に行ってる時以外は、ほとんど働き詰めなんですよ~。
馬車馬のように働いて四季の京を楽しむ。
その繰り返しです。
秋は一番好きな季節。
今年も古都の秋を見ることができ
幸運でした^^
見てくださり、ありがとうございます。
Commented by ログの大好きな徳さん at 2010-12-17 17:46 x
晩秋の美しさは 散り際の美しさですねぇ ♪
役に立たなくなっても 美しく散りたいですねぇ 。。。
Commented by kirafune at 2010-12-18 09:07
♪徳さん

人間も、散り際が肝心ですね^^
心したいです。
<< 宇治の行列蕎麦屋 しゅばく 宇治 白川もみじ谷 >>