秘密の花園 声の神秘

a0169902_750213.jpg
人間の声というのは、なんて不思議なんだろう。
東京オペラシティの舞台では、椅子の上に華やかな花が咲いていた。



a0169902_7502152.jpg
先日、音楽ブロデューサー・輪嶋東太郎さん(ヴォイス・ファクトリイ代表)の企画する「女優が贈るおしゃべりコンサート」に、行ってきた。

a0169902_23332398.jpg
今回は、甲状腺がんで声帯と横隔膜の神経を切断したテノール歌手べー・チェチョルさんが、奇跡の復活を果たし、アリアを歌った。
女優の冨士眞奈美さん、吉行和子さんと、司会進行役の輪嶋東太郎さんが時に笑い、時に泣きながら、楽しいおしゃべりで会場を盛り上げていた。
「歌に生き、恋に生き」と題するこのコンサートは、演奏前に、曲の解説と歌詞を朗読してくれるので、オペラの魅力を存分に楽しめる。

a0169902_7504091.jpg
べーさんの奇跡の復活もさることながら、ベッリーニ作曲のオペラ「ノルマ」を歌い上げたソプラノの関 定子さんには、度肝を抜かれた。
65歳という年齢を感じさせない、正に声楽家としての絶頂期を迎えていた。
ソプラノ歌手にとって最も難度の高いオペラといわれている「ノルマ」を歌えるようになったのが、60歳を過ぎてからだとか。
おしゃべりの時は男性のような野太い声で「人間の声帯というのは、謎なんですよ~」と関さん。
「どうしてそんなにお若くて美しい声が出せるのですか?」輪嶋さんが尋ねると
「去年、主人を亡くしたからです」と言って、綾小路きみまろのように会場を沸かせていた。
 
a0169902_7504858.jpg
聴いたこともないような美しい歌声で歌う関さんが「清らかな女神」に見えてくる。
年齢の常識を超えた声の神秘が、大輪の花を咲かせていた。
秘密の花園に居合わせた観客の拍手は、いつまでも鳴り止まなかった。

(撮影2010‎年‎2‎月‎)

神代植物公園
東京都調布市深大寺元町5-31-10
電話:0424-83-2300
営業:9:30~16:00
休み:月曜日・年末年始
料金:500円
by kirafune | 2011-02-09 23:57 | | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/12079765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by りん at 2011-02-10 00:17 x
1枚目のお写真にハッとしました☆
構図がとても素敵ですね!
どのお写真も鮮やかで、本当に秘密の花園にいるような気分です^^
人間ってはかないと思うこともありますが、
こういう話を聞くと命の強さ、尊さ、神秘を感じますね。
毎日を感謝して過ごしたいものです。
Commented by kirafune at 2011-02-10 00:29
♪りんちゃん

写真は去年植物園で撮ったものです。
温室の中は、むんむんするような
美しい花園でした。
一度は声を失い、死を思ったべーさんが
アリアを歌うまでに回復された奇跡に
深く感動しました。
Commented by sky-yy at 2011-02-10 00:36
色とりどりの花があるようにひとりひとりの人生それぞれ
抱えているドラマがあるのですね。
私も年齢はすでに忘れているのですが・・・
花園の中で大輪を咲かせる事が出来るのはいつのことかしら~
Commented by 都人 at 2011-02-10 07:01 x
おはようございます
素敵な歌声に酔いしれた一夜になりましたね
歌える喜びと、その声を聴けた感動に包まれた空間に
身を置けた事は、素晴らしい体験でしたね
花たちも笑顔に見えます(^^♪
Commented by kirafune at 2011-02-10 07:42
♪ skyさん

人生いろいろありますね。
あきらめないで、信じて続けること。
それが大輪の花を咲かせるそうです。
ベーさんの喉の手術をした音声外科医
一色先生は、80歳を過ぎた今も
第一線で手術を続けているとのことです。
己を信じ、世界にひとつの自分の花を
咲かせたいですね。
Commented by kirafune at 2011-02-10 07:44
♪都人 さん

おはようございます!
泣き笑いの感動的なひとときを
過ごしました。
音楽の持つ力には
底知れないものがありますね。
勇気と希望を与えられましたよ。
Commented by mama-mumin at 2011-02-10 08:08
kirafuneさん、おはようございます。
秘密の花園でオペラ、素敵ですね。
手術されてから復帰ですか、感動的です。
お花たちに囲まれて、うっとり。
至福のひとときでしたね(^^)
Commented by しなこじ at 2011-02-10 08:27 x
おはようございます
ベー・チェチョルさんのことは新聞でみました、奇跡の復活だったのですね。
美しい花の写真を見ながら、その日の会場の様子、歌声を思い浮かべました。
ベーさん、関さんの美しい歌声は、この花にも負けない美しさだったのでしょうね。
Commented by arak_okano at 2011-02-10 09:24
アラックです。
奇跡の復活には大変だ苦労があったのでしょう。
人を魅了する歌やトークに癒されたこととおもいもす。
声はいろんな花と同様な魅力がありますね。
アラック音痴だしな?
しゃべりも下手くそ!
まあ、いいっか。
Commented by merry at 2011-02-10 18:03 x
オペラって興味はあるけど分かりにくいなぁ〜と思っていたら
内容を漫画にして紹介してた本を見付けたので読んでみました。
すごいですよね。60歳にしてあの声量で歌い、それも失った声を取り戻して再び歌えるだなんて。
音痴なmerryは音楽で、とは言えませんが、人生の中で写真の様な一花咲かせたいですよね。
Commented by ぽん at 2011-02-10 21:21 x
以前kirafuneさんが教えてくださったベーさんのこと、忘れられません。勇気をいただきましたよね。
アリアを歌われたのですね。今回のコンサート、テレビで放映してくれたらいいなあ。関さんという方の歌声も聞いてみたいです。

お花、綺麗(^^♪  近頃は秋が好きになったと言っていたけど、今年のように寒い冬だとやはり明るい春が恋しいですね。
Commented by うえっち at 2011-02-11 01:16 x
色鮮やかで、とてもキレイなお花ですね♪
暖かい季節が、待ち遠しくなりました。

オペラは興味はあるけど、ちょっと敷居が高くてなかなか踏み込めない領域です(^^;)
Commented by kirafune at 2011-02-11 10:34
♪むーみんさん

おはようございます!
オペラはたまにしか聴かなかったのですが
奇跡の歌声を聴いて、いいなと思いました。
声が出ず、話すこともできなかったベーさんが
アリアを歌う姿に感動しました。
泣いたり、笑ったりの素敵なコンサートでした^^
Commented by kirafune at 2011-02-11 10:35
♪しなこじさん

おはようございます!
ベー・チェチョルさんは、最近
「徹子の部屋」にも出演されたそうです。
しなこじさんは新聞でご覧になったのですね。
奇跡の復活の現場に居合わせた観客の感動が
波のように会場にうねっているのを感じました。
ベーさん、関さんの美しい歌声は、
人の心に届きました。
Commented by kirafune at 2011-02-11 10:35
♪アラックさん

奇跡の復活には大変な苦労があった。
そうなのです。
アラックさん、酸いも甘いも噛み分けていらっしゃる。
ベーさんはオペラ歌手としての復活を目指し
ドイツで声を出す努力を懸命にされて、
今日に至ったとのことでした。
音楽は人を癒してくれますね。
そして、音痴でも、しゃべりが下手くそでも
声が出るって、素晴らしいことなのですね!
私も、まあ、いいっかです。
Commented by kirafune at 2011-02-11 10:35
♪merryさん

オペラを漫画にして紹介してた本
どんな内容なのでしょう?
一度は声帯を切って声を失ったベーさんと
65歳にして「ノルマ」を歌う関さん、
歌える喜びに溢れていました。
かのマリア・カラスでさえ、
40代の「ノルマ」はメタメタだったそうなので
関さんの声の凄さを思いました。
ベーさんの魂に響く清らかな歌声も
心に残りました。
merryさん、続けているといいことがあります。
我々も、人生の花を咲かせましょ^^
Commented by kirafune at 2011-02-11 10:36
♪ぽんさん

以前にベーさんのことを紹介した記事を
覚えていてくださったのですね。
ありがとうございます。
あの時のように、また勇気をいただきました。
べーさんのアリアは澄んだ歌声で美しかったです。
今回のコンサート、テレビで放映してくれるように
輪嶋さんに頼んでみましょうか。
関さんの歌声は今年の6月に紀尾井ホールで
聴けますよ。
ベッリーニの「ノルマ」のタイトルロールを
予定されているそうです。
素晴らしいですよ。
花の写真は去年の今頃、
神代植物公園の温室で撮りました。
温室の中は暖かかったです。
Commented by kirafune at 2011-02-11 10:36
♪うえっちさん

オペラは外国語で歌われているので、
訳がわからないし、興味はあるけど、
ちょっと敷居が高いというのもわかります。
でも、物語のあらすじなどを
解説してもらうって聴くと
面白かったです。
ぜひ、うえっちさんも踏み込んでください。
恋の歌が多いです^^
Commented by shino at 2011-02-11 11:07 x
オペラシティへいらしたのですね。
今は、たまにしか行きませんが、以前のホームグラウンドなので、まずそこへ反応しました(^^

人を魅了する歌声は、特に神秘的ですよね。
ビビッドな色彩の花々に春を感じさせていただきました。
素晴らしい時間を過ごされましたね。



Commented by kirafune at 2011-02-12 08:48
♪shinoちゃん

初台はshinoちゃんの庭でしたね。
人の声って、謎らしいです。
考えてみれば不思議ですよね。
精神的なショックで声が出なくなる人もいます。
声帯を切っても、あきらめない精神力と努力で
美しい清らかな声が出るようになったり、
65歳を過ぎても、人を総立ちさせる程の
素晴らしい声が出せたり。
そして、私は、「声」に励まされました。
<< 吉野梅郷梅まつり 上野東照宮の冬牡丹 >>