長五郎餅 oishii

a0169902_765544.jpg
舞妓さんの白いほっぺを見つめていたら



a0169902_701513.jpg
なんだか、あの白いお餅が食べたくなった。

a0169902_702370.jpg
400年以上続く「長五郎餅」は、秀吉が開いた北野大茶会でも使われた。
毎月25日だけ、北野天満宮の東門近くの境内に出店している。

a0169902_703299.jpg
太閤も好んだという、薄い餅皮に餡を包んだ上品な餅菓子だ。

a0169902_705822.jpg
梅花祭のこの日は、飛ぶように売れていた。

a0169902_713174.jpg
もうすぐ雛祭り。

a0169902_71425.jpg
400年間、引き継がれてきた老舗の味は、人々を惹きつけてやまない。

a0169902_715491.jpg
茶店に腰かけ、私も昔の人々のように、北野さんの梅の香りを楽しんだ。

長五郎餅本舗
北野天満宮東門店
京都市上京区馬喰町 北野天満宮 境内
電話:075-461-1074
営業:毎月25日 午前9:00~午後5:00
by kirafune | 2011-03-02 06:16 | 京都 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/12205513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しなこじ at 2011-03-02 07:51 x
舞妓さんの白いほっぺのような長五郎餅思い出しました。
北野天満宮から上七軒辺りを散策したことががありますが、
昼間でしたし静かな町並みでした、”ここが上七軒”
なんてきょろきょろしながら歩いた思い出があります。
天満宮さんにはやっぱり梅が似合いますね。
Commented by mama-mumin at 2011-03-02 08:01
kirafuneさん、おはようございます。
舞妓さんのほっぺと長五郎餅、白くてぷっくり、おいしそう・・・。
まだ食べたことないんです。
おいしいものはずっと受け継がれていくんですね(^^)

Commented by arak_okano at 2011-03-02 17:28
アラックです。
若い頃は誕生日とクリスマス以外は甘い物は食べませんでしたが、最近は旅行先でも食べます。
太閤殿下に由来するおお菓子は多いと思います?
月に一度は手強いです。
Commented by りん at 2011-03-02 20:52 x
こんばんは!
お邪魔するのが遅くなりました☆
やはり京都では梅を見に行かれたんですね!
前回、前々回のエントリーも拝見しました^^
舞妓さんのとてもあでやかなこと!
そして梅の構図が大胆で洗練されていてとても素敵ですね!
私、まだ今年は梅を撮ってないのですよ〜
雲母舟さんのお写真見て、これは行かなきゃ!と思いました^^
天満宮に行く際はこのお餅も食べに行かなきゃ♪
Commented by shino at 2011-03-02 21:06 x
美味しそうな長五郎餅ですねぇ。
普通の大福とは、違った特長があるのでしょうか。
たまに、無性にあんこものが食べたくなるときがあります^^

梅も見頃を迎えているようですね♪
Commented by うえっち at 2011-03-02 22:34 x
舞妓さんの白いほっぺ、食べたいです(笑)
でもそんなに歴史のあるものなら、食べてみたいなぁ。

あ~、梅を撮りに行きたい!
Commented by たーや at 2011-03-03 00:42 x
こんばんは♪
さすがですね、よく知っておられますね。「長五郎餅」。
地元に居ると、こういうことには疎いというか、、、
あまり興味がないのが正直なところ。

いつもいつも、こちらでお店や美味しいものを
勉強させていただいてます。今度寄ってみます。
(こういうのが地元民の発言ですね、すいません)
情報に感謝。
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:33
♪しなこじさん

舞妓さんの白いほっぺは
遠目でも、餅肌に見えました。
北野さんの東門から出て
上七軒をぶらぶら。
しなこじさんが行かれたときは
静かだったのですね。
この日は祭りで、結構賑わっていましたよ。
お茶屋さんが建ち並ぶ花街の風情は
京都らしくて、いいですね。
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:35
♪むーみんさん

おはようございます!
舞妓さんのほっぺと長五郎餅が
だぶりました。
おいしさが400年以上も続いている。
凄いことですね。
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:37
♪アラックさん

境内の出店は月に一度なのですが、
京都の大丸や本店などでは
いつも売られています。
でも、境内の出店が
いい感じですよ。
今度、是非!
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:40
♪りんちゃん

おはようございます!
天神さんの市がたっていない時でも
本店の方でしたら、1皿350円で
こちらのお餅とお茶のセットが
お店で頂けます。
今週末の京都は梅の花が
ちょうど見ごろなのでは?!
りんちゃんのお写真、いつも
たのしみにしています。
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:45
♪shinoちゃん

長五郎餅は、甘さ控えめのこしあんを
やわらかい羽二重餅で包んであります。
あんこもの、私も大好きです。
おいしいですよん。
梅は早咲きがちょうど
見頃を迎えていました。
梅苑の梅はこれからといった
感じでした。
今度の週末あたりがよさそうです。
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:48
♪うえっちさん

舞妓さんの白いほっぺ、
おいしそうでした^^
うえっちさん、写真展の準備
頑張ってくださいね。
どんな作品が展示されるのかなあ。
また見せてくださいね。
Commented by kirafune at 2011-03-03 06:53
♪たーやさん

おはようございます!
北野さんには、何度も行っているのですが
なかなか25日には行けず
いつも「長五郎餅」の出店は
閉まっていました。
今回は天神さんの市の日で
開いていたので、ラッキーでした。
地元にいらっしゃると
いつでも行けるので、
案外行かないものですね。
舞妓さんのほっぺを思い浮かべながら
今度一度お試しください。
おいしさ、さらにアップですよ^^
Commented by zuboratarou at 2011-03-03 08:46 x
北野の梅花祭に行って来られたんですね。
とても華やかで艶やかですね。
舞妓さんのほっぺから長五郎餅を想像されるなんて・・・(笑)。
白粉を取ると、粟餅のほっぺだったりして(^^;
Commented by kirafune at 2011-03-04 06:57
♪ずぼら太郎さん

はい!
初めて北野さんの梅花祭に
行ってきました。
綺麗どころが右へ左へ
行ったり来たり。
目の保養になりました。
どうしよう?!
白粉を取ると、粟餅のほっぺだったら。
遠目で見ているほうが
夢があって、いいですね~^^
Commented by 都人 at 2011-03-06 17:54 x
花より団子♪ ですね~
お店が境内にあるので、お参りをすませた後思わず立ち寄りたくなりますよね、縁台に腰掛けて、ほっこり出来るのもいいですね~
もちもちで美味しそう
Commented by kirafune at 2011-03-06 19:37
♪都人さん

正に花より団子でした~^^
縁台の上のみなさんは
どの方もにこにこされていました。
人を笑顔にさせるお餅なんですね。
Commented by kkyk3118 at 2011-03-07 20:44
お…美味しそうですね。夜ご飯食べたのに涎が…
Commented by kirafune at 2011-03-07 23:25
♪きよさん

今夜も残業で、夜ご飯抜きでした。
私もお餅を思い出して、
よ、涎が~~~。
<< 京都ブライトンの「朝粥」 北野天満宮の梅花祭 >>