京町家 繭

a0169902_2222120.jpg
ろおじの奥には何がある?



a0169902_2222146.jpg
うっかりすると、通り過ぎてしまうところだった。

a0169902_22222066.jpg
一文字瓦の上にちょこんと乗った鐘馗さんに呼び止められる。
どや、わて怖いやろ?
魔除けの神さんや。

a0169902_22222675.jpg
そう睨まれちゃあ、負けん気の強い江戸っ子としては、見過ごせませんや。
京町家の路地をずんずん、奥へ奥へと入っていった。

a0169902_22223128.jpg
貴方だけのお気に入りを探して。
手染めジーンズから、墨染めTシャツ、絞り染めの靴下や和雑貨。
京友禅の職人さんが仕上げた一点物ばかりが、町家の店舗に並べらていた。

a0169902_22223895.jpg
築80年の鰻の寝床を最大限に生かし、京友禅の丸益西村屋が工房を展開していた。
飛び石の路地の奥には、他にも、靴工房や和雑貨のショップ、風呂敷包み方教室。
2階には、京町家の貸しギャラリーもあった。

a0169902_22224320.jpg
鎖樋の水受に昔の瓦を使っているあたり、物を大切にする京都人の精神が表れていた。
京の鰻の寝床は、想像以上に奥が深い。
これだから、京都通いはやめられない。

丸益西村屋
京都市中京区小川通御池南入る
電話:075-211-3273
営業:9:00~18:00
交通:市営地下鉄東西線「二条城前」駅下車徒歩5分



☆このブログを見に来てくださったみなさんへ☆
いつも拙いブログを見てくださり、本当にありがとうございます。
震災以降、日に日に明らかになる被災地の報道に、激しく動揺していました。
心がどんどん落ち込んでいきます。
そんな時、手元にあった原 民喜の小説「夏の花」を敢えて読みました。
原爆小説です。
内容は地獄そのものですが、静かな語り口で淡々と書かれていて、一気に読みました。
戦後の日本人が何もかも失ったあの焼け野原から、見事に立ち直ったことを思う時、
一人一人が必死に生きれば、必ずまた立ち上がれる、そう信じることができます。
今、自分にできることをしよう。
動揺することなく普段通りの生活をして、元気に働き、継続的に被災地を支援してゆく。
そのことが大切なのではないかと考えました。
ブログも、いつものように更新すると腹を決めました。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。
みなさまもどうぞ、心身ともにお元気でいてください。  雲母舟
by kirafune | 2011-03-21 10:33 | 京都 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/12225914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by chisa_pie at 2011-03-21 12:33 x
素晴らしいメッセージを有難うございます!
あの悲惨な戦争や、大きな災害からも見事に立ち直って
きているのですもの。いつか元気な日本に戻る筈です。
辛い試練ではありますが。

雲母舟さんより私の方が年上なのに、私も動揺し
落ち込み、更にいらだちと、又地震のトラウマに怯え、
被災地の状況の報道に心痛めるという、これまでにない
精神状態です。
子供達が何か変と思い連絡をくれたり、
立ち寄ってくれたり・・・、
ブログの記事からも感じ取っているのかしら
と思いながらも、今の心境を綴られずにはいられません。
こんな時こそ、思うことの情報を交換したり
美しい写真で癒し合うことは、
有効なことかもしれないと思います。
心をくじかせる事のないように
お互いに心身のケアをはかりましょう。

被災地の方達のご苦労を思えばこそ、
私達まで心を折ってしまってはいけませんものね。
毎日通勤される雲母舟さんには、ご不便に見舞われたり
街の様子の変化に心痛めることも多いかと思いますが、
そんな状況報告も含めて
お時間が許す中で、無理のないブログの更新をされてください。
Commented by たーや at 2011-03-21 12:38 x
雲母舟さん、こんにちは。
まさにそのとおりですね。
我々も通常に生活し、元気を出して、
被災地の方々へパワーを与えていけることが
今出来ることですね。
私もこのような状況の中ですが、
通常どおり更新していくことにしたんです。

私たちが元気でなければ、、ですね!

素敵なお店、私なら見過ごすかも(笑
Commented by desire_san at 2011-03-21 12:39
被災された方の苦しみを思うと心が痛みます。暗いニュースばかりで気持ちが落ち込んでくるときに、このような写真を見ると心が安らぐ思いです。

私のブログにもコメントいただき、ありがとうございました。
Commented by at 2011-03-21 14:19 x
コメントありがとうございました。
とてもきれいな写真ですね。
この一週間、日本はいろんな意味での転換期になったと思います
人にやさしくあれと思うひとたちの考え方が、きっと日本を復興
させると思うし、被災していないぼくたちは早く精神的に前をむいて
がんばらないといけない…

とおもうんだけど、なかなか難しいですね
そんなときにまたきれいな写真をみにきますね
Commented by りん at 2011-03-21 14:37 x
こんにちは!
奥の深〜い京都の路地ですね。
町家作りをうまく生かした素敵なお店!
このたたずまいがなんとも言えませんね。
私もいろいろ考えて、ブログの更新を続けることにしました。
今までと同じように更新されているところに訪れるとほっとします。
変わらない日常があるっていいことだなと思います。
Commented by merry at 2011-03-21 15:52 x
被災地の報道や計画停電による暗くなった街などで
少し気分が落ち込み気味でしたが、
久々に皆さんのブログを訪ねて元気を頂いております。

被災地を思えば...
と自粛気味でしたが、日常生活を送れている人こそ
日常の生活を送り支援していく必要があるのでは?と思うようになりました。
そろそろカメラを持って出かけようかな?
Commented by arak_okano at 2011-03-21 16:39
アラックです。
動ける人はしっかりと上を向いて日本を
支えましょう。
それが復興にも繋がるのかとも思います。
Commented by ecran_pro at 2011-03-21 17:02
しっかりとした歴史感を心の奥にしまっておいて、そうして今を生きることがとても大事なことであると思っています!

Commented by 都人 at 2011-03-21 20:57 x
今出来ることを、普通に頑張る。その積み重ねが、復興への道のりになるのですね、目標が出来れば、心の不安も軽減されますよね
明日に向かって、みんな一丸となって前進しましょう。ありがとう
京町家は、心が休まりますよね~
Commented by sky-yy at 2011-03-21 23:41
今回の地震で被災された方のみならず日本中の皆さんがそれぞれ自分の事のように胸を痛め辛い思いをしているように思います。
そして今できることは何か、みんなが見つけようとしています。
私達も日常を失ってる場合ではないですね。
元気な笑顔が復興への一歩だと思います。
素敵な京都の町家~
これからもワクワク感を伝えて下さいね。
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:31
♪chisa_pie さん

こちらこそ、メッセージを
読んでくださり、
ありがとうございました!
日本は必ずまた元気になりますよ。
辛い試練を与えられたのは
それをきっと乗り越えられるはずと
神様が我々を選んだからなのではと
思えました。
私もかなり動揺し、
また通勤途上でイライラしたり、
疲れたりしていましたが、
やはり落ち込んでいても
ことが進まないと気付きました。
不安なのはみんな一緒だと思います。
放射能にしても、じたばたしたところで
自分一人だけ助かるはずもなし。

chisa_pie さんのところは停電もあって
不自由な生活をよぎなくされましたが
ロウソクの灯りのお写真が優しく感じられました。
どうぞお身体大切になさってくださいね。
無理なく自然体でいきたいです。
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:35
♪たーやさん

私、たーやさんの更新に
正直励まされました。
ご朱印の太文字にも!
こういう非常時には
笑いも必要ですね。
みんなで眉間に皺を寄せて
暗い顔ばかりでは
辛いだけです。
笑顔を取り戻せるように
がんばりたいですね^^
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:38
♪ desire_san さん

TB&コメントも
ありがとうございました。
私もdesire_san さんの
美しいお庭のお写真に
癒されました。
緑は心が安らぎますね。
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:45
♪Pさん

わあ、コメントをこちらこそ
ありがとうございます。
被災者の方のことを思えば
今の自分の生活の不自由さなんて
大したことないです。
落ち込んでばかりいないで
やるべきことをしないと。
今日も雨ですが、放射能もなんのその
レインコートを着て、仕事に突撃!
あっ、またよろしかったら、
遊びにいらしてくださいね^^
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:49
♪りんちゃん

おはようございます!
京都の路地は魅力的ですね。
わくわく感があります。
町家をうまく利用していて、
唸りました。
りんちゃんの明るいお写真と
ブログの更新に私もどんなに
励まされたことでしょう。
頑張りたいですね。
ありがとう^^
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:51
♪ merryさん

3連休に街を歩いてみましたが
みんな自粛気味なのか
人通りや車の往来も
いつもより少なく、
街が閑散としていました。
家の中に暗い顔をして閉じこもっていても
何もいいことがないです。
カメラを持って出かけましょう!
元気でいることが一番です。
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:53
♪アラックさん

上を向いて歩きたいですね。
日本を支え、復興を支援するのは
働き盛りの私たちです。
やるしかない!
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:55
♪エクランさん

「今を生きる」
この大切さをかみしめています。
過去でもなく、未来でもなく
今を生きる。
一刻千金の思いで、前に向かって
明るく進みたいです。
Commented by kirafune at 2011-03-22 06:59
♪都人さん

今こそ、日本が再生する
チャンスの時なのかもしれません。
逆境をばねに、みんなで一丸となって
復興を後押ししたいですね。
中庭のある京町家はいいですね。
大好きです。
Commented by kirafune at 2011-03-22 07:02
♪ sky-yyさん

sky-yyさんの素晴らしいお写真に
どんなに勇気づけられ、
励まされたことか。
ゆっくりでも、また
更新されてくださいね。
楽しみにしています。
Commented by ミニミニ放送局 at 2011-03-22 15:37 x
和の雰囲気が感じられる所ですね。カメラでの捉え方もなかなかのものです。
特に何気ないような一番上の写真が素敵ですね。オシャレなブティックです。
小さな敗戦国が世界の経済大国になったのですから底力をひめていると思います。
時間はかかると思いますがこれをバネに復興することを信じています。
Commented by kirafune at 2011-03-22 21:30
♪ミニミニさん

和の雰囲気に惹かれるお年頃です^^
写真を見てくださり、
ありがとうございます。
照れますね。
まだまだ修業中の身です。

日本人の底力を信じたいですね。
必ず復興できると思っています。
自分も頑張らないとと、
心も新たにしています。
Commented by shino at 2011-03-23 22:46 x
こちらのお店の『繭』という看板を見て、とても親しみを覚えました。
家の娘の名前が、平仮名のまゆなんです。

何気ない日常生活を送れることの幸せを、このような事態になってから
あらためて、しみじみありがたく感じている毎日です。

いくつもの震災を経ながらも、その都度、蘇った日本は、今後も必ず立ち上がる、きっと復興を果たすと信じて、願わずにはいられません。

Commented by kirafune at 2011-03-24 06:21
♪shino ちゃん

お嬢さんのお名前、まゆさんでしたね。
まゆはいつか美しい絹糸になります。
いいお名前ですね。

現実は厳しく、道のりは遠いかもしれませんが、
必ず復興できると信じて、今はひたすら
前へ進むしかないですね。
生きていることの有り難みを
しみじみ感じるこの頃です。
生きているだけで儲けものなんですね。

Commented by ログの大好きな徳さん at 2011-04-14 16:59 x
地震、津波・・・何もかも流され 家族を失い、
まだ明日の目途さえ立たない被災者。
原発事故・・・放射能漏れで数十年も故郷へ
帰れないかも知れない人々。
電力OBとして・・・責任さえ感じています。
のうのうと過ごしている・・・後ろめたさを抱えて。。。
Commented by kirafune at 2011-04-14 23:01
♪徳さん

徳さんのせいじゃないですよ。
電気にばかり頼り過ぎた私たちにも
自然は警告を与えています。
なんとかしなければ。
でも、どうすればいいのでしょう?
今までの生活を見直してみる必要がありますね。
<< 岡崎の隠れ家 「好日居」 白沙村荘 関雪忌 >>