「原尻の滝」からの手紙

a0169902_0403249.jpg
私は自分自身を知らなかったのです。



a0169902_0404729.jpg
東洋のナイアガラと呼ばれる「原尻の滝」から手紙が届いた。

a0169902_040548.jpg
大分まで会いに行ってきた。

a0169902_041163.jpg
Fall in loveの恋人たちが指さす先に、君がいた。

a0169902_041720.jpg
私は暢気なもので、全く知らなかったのです。

a0169902_0411250.jpg
自分が滝であるということを。

a0169902_0411879.jpg
その崖っぷちに立たされる瞬間まで、気付かずにいました。

a0169902_041243.jpg
そうして落ちて行ったのです。
わああっと声を上げながら。

a0169902_0413196.jpg
すると、意外にも、行き着いた先には平安が待っていました。

a0169902_0413658.jpg
でも、まだまだ私の旅はこれで終わりではなかったのです。
いつしか、私は川になっていました。
また、旅先からお便りします。

a0169902_0414298.jpg
一部始終を眺めていた藤の花が、静かに旅人を見送っていた。

(撮影4月30日)

原尻の滝
大分県豊後大野市緒方町原尻の滝
電話:0974-42-2111 (緒方町役場 産業振興課)
交通:JR豊肥本線・緒方駅から竹田交通バス竹田方面行きで10分、原尻の滝入口下車

exciteの「今週のピックアップブロガー」のコーナーで雲母舟が紹介されました。
by kirafune | 2011-05-20 23:55 | きらきら | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/12619205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by しなこじ at 2011-05-21 06:34 x
おはようございます!
大分にこんな滝があるなんて!!
「滝の飛沫と藤の花」  まさに日本の光景ですね、
この時期に行かれたのが分かります!
Commented by えみりん at 2011-05-21 08:17 x
おはようございます。
九州に行ったことが無いし、ナイヤガラのような凄い滝があるのも知りませんでした。
滝のように1歩前に飛び出す勇気、水の渦に揉まれながら、水の流れに流されながら、進んでいく。
人の人生と同じようですね。
滝の上を歩いている人も見えます。
上は川なんですか?
Commented by ぽん at 2011-05-21 10:42 x
このような滝を見るといつも思うのです。 地図もない頃に 歩いていていきなり滝に出会った人の気持ち。 

雲母舟さん九州にも行ってらしたのですね。

この滝の側でおにぎりを食べたいなあ。
Commented by しずこ at 2011-05-21 11:27 x
この度は「きちょくれ!大分」に応えていただき
ありがとうございました(*^_^*)
雲母舟さんの素敵なブログで、
地元大分を紹介していただけること嬉しく思っています。
今日はとても蒸し暑く、
滝を見ていたらジェラート食べたくなりましたよ(笑)

それにしても、滝からの手紙、素敵ですね~。
赤いポストが雲母舟の想像力を膨らませたのでしょうか。
たった今、藤の花の文香の入った手紙が
私の元にも届きました。
Commented by 都人 at 2011-05-21 12:13 x
水の流れは優しく穏やかに、時に荒々しく激しく・・・
でも、避けて通れないもの
であれば、前を向いて進むしかないのですね
進むから新しい発見がある
だから、人生、楽しいのかも♪
素敵な滝から、マイナスイオンをもらいました。
Commented by 寅次郎 at 2011-05-21 15:23 x
雲母舟さん、こんにちは。
8枚目の「わああっと声を上げながら」落ちてゆく滝。
動画のような迫力です。
この後、川として物語もありそうですね。
Commented by wwmc at 2011-05-21 15:23
なんと幻想的な風景でしょう・・・赤い郵便ポストと淡い野生の藤の薄紫、
すばらしい追体験をさせてもらえましたよ。これは凄いところですね。

日本国じゅう知らないところだらけ、ではありますが、こちらの存在は
ほんとに毫もしらずでありました。ありがとうございます 雲母舟さん。
Commented by shino at 2011-05-21 19:38 x
山藤と滝の取り合わせ、素晴らしいですね。

のどかな景色の中の赤いポストが印象的です。
ご自身が滝だという設定もいいですねぇ♪

それにしてもすごい滝ですね!
川になった滝はじきに大海へ出て行くのでしょうね^^
Commented by りん at 2011-05-21 22:08 x
こんばんは!
大分と聞いて、もしかしてしずこさんのところ!?って思いました^^
九州まで行っちゃうなんて、雲母舟さんすごすぎます!
ホントにナイアガラみたいな形をしてますね。
繊細な水の流れは富士山の白糸の滝を思い出しました^^
藤色とやわらかい緑とのとりあわせがとても美しいです。
Commented by teko at 2011-05-22 00:13 x
大分!?
神出鬼没ですねぇ、雲母舟さん(笑)
私もフットワークの軽さには自信がありますが、雲母舟さんには敵う気がしませんもん(笑)

大分に友人がいるので、大分にも行ったことはあるのですが
『東洋のナイアガラの滝』は知りませんでした。
いやぁ~、狭い日本ですが、知らない所は数知れずですね~。
Commented by うえっち at 2011-05-22 02:34 x
ここいいですね!
滝に日本の原風景って、凄く気になる場所です♪

でも、大分まで行ってきたんです?
日本全国いろんなとこを知っていて、いろんなとこに行ってますね(^^;)
Commented by arak_okano at 2011-05-22 04:04
アラックです。
格好いい、作家・雲母舟さん、バグース!
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:39
♪しなこじさん

大分の友人が車で連れて行ってくれました。
ちょうど山藤が咲いていたので
滝とコラボしてもらいました。
梅雨の頃になると、もっと水量が増すそうです。
九州の雄大な景色に目を見張りました。
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:43
♪えみりん

滝の上は田畑が広がっていて
人も滝の上から下を眺められるように
なっています。
フェンスもないので、私も滝の上に行って
下をのぞいてみましたが、かなり怖かったです。
それまで穏やかな流れだったのに
突然滝になってしまう、滝の気持ちを
考えてみました。
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:45
♪ぽんさん

滝のそばで食べるおにぎりの味は最高でしょうね^^
私たちはジェラートをいただきました。
マイナスイオンもたらふく。
すっきりとした気分になれました。
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:49
♪しずこさん

素敵な大分の旅を案内してくださり
ありがとうございました。
原尻の滝に九州の雄大さを感じました。
大分は本当に魅力に溢れた所ですね。
また行きたいです。
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:52
♪都人さん

もし自分が滝だったら・・・。
想像すると、怖くなりましたが
でも、人生も水の流れに
似ているのかも知れませんね。
山あり谷あり、アップダウンがあって、
最後は大いなる海につながってゆく。
輪廻転生。
そんな言葉も思い浮かびました。
大分に行けて嬉しかったです。
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:55
♪ 寅次郎さん

こんにちは!
滝に物語があるように、
川にも沢山のストーリーが
あります。
ドラマティック大分でした。
Commented by kirafune at 2011-05-22 09:58
♪wwmcさん

こちらこそ、見てくださり
ありがとうございました。
大分の豊後大野には、大自然のエネルギーを
感じることができる「水のパワー」がありました。
パワースポットがあちこちに点在していました。
日本は広いですね。
Commented by kirafune at 2011-05-22 11:06
♪shinoちゃん

標高1700メートル級の山を源流とする
大野川の本流にこの原尻の滝と
あともうふたつの滝があります。
山藤がちょうど咲いていました。
新緑の景色の中で赤いポストが目につき、
想像力がかきたてられました。
川が長い旅路の果てに海へ出た時
何を一体思うのでしょうか?
Commented by kirafune at 2011-05-22 11:10
♪りんちゃん

こんにちは!
そう、そのもしかしての
しずこさんのところに行ってきました^^
九州まで飛行機でひとっ飛びでした。
羽田から1時間ちょっとと意外に近いので、
また行ってしまいそうです。
東洋にナイアガラの滝、びっくりです。
りんちゃんは富士山の白糸の滝にも
行かれたことがあるのですね。
私も去年行きました。
滝はパワーを与えてくれます。
自然の力は偉大ですね。
Commented by kirafune at 2011-05-22 11:16
♪ tekoちゃん

大分へ写真展の前に行ってきました。
tekoちゃんも大分にお友だちがいるのですね。
私もなんです。
車であちこち案内してもらいました。
『東洋のナイアガラの滝』は雄大でした。
狭い日本ですが、まだまだ知らないところが
いっぱいあります。
いろいろ行ってみたいですね。
フットワークの良さを活用して、
手分けして回りましょうか!^^
Commented by kirafune at 2011-05-22 11:17
♪うえっちさん

友達が大分にいるので、案内してもらいました。
九州は関東とは全く違う景色でした。
また行ってみたいです。
Commented by kirafune at 2011-05-22 11:20
♪アラックさん

気どり過ぎでしょうか?!
現実は、かなりの天然らしいです^^
Commented by ログの大好きな徳さん at 2011-06-01 11:15 x
原尻の滝に行ったのは、昨年でした。
それまでは、こんな素晴らしい滝があることさえ知りませんでした。
撮る人が違うと こんなにも美しさに違いがでるんだ・・・
と納得しました。  
徳さんが観た時は、もっと水量があったように思います。  
Commented by kirafune at 2011-06-04 07:06
♪徳さん

去年、行かれたのですね。
日本にこんな凄い滝があるなんて!
九州は迫力ある風景に出会えますね^^
<< そうだ、湯布院へ行こう! 光琳の燕子花 >>