桔梗の寺 天得院 sanpo

a0169902_22583195.jpg
花頭窓の向こうには、別天地が広がっていた。





a0169902_22585883.jpg
花の寺として親しまれている東福寺塔頭の天得院。
広い境内を汗を拭いつつ、てくてく歩いて行くと、

a0169902_2259744.jpg
桃山時代に作られたという枯山水の庭が待っていてくれた。

a0169902_22591939.jpg
緋毛氈の上に腰掛けて、この時期特別公開の庭園を眺める。

a0169902_22592823.jpg
丹精込めて育てられてきた桔梗が杉苔の庭を彩っていた。

a0169902_22593794.jpg
暫くすると、お抹茶に生菓子が出てきた。

a0169902_22594567.jpg
外の暑さが嘘のような涼しい風が庭を吹き抜けていく。

a0169902_22595793.jpg
風に揺らぐ300本の桔梗たちも涼しげだ。

a0169902_230768.jpg
「私、花の中で桔梗が一番好き」
子供の頃、母がそんなことを言っていたのを、急に思い出した。

a0169902_2301443.jpg
もうすぐ母の誕生日だった。

a0169902_2303449.jpg
贈り物もいいけれど、今年は手紙でも書いてみようかな。
帰りがけに玄関脇で見た白い桔梗が、母に見えた。

東福寺塔頭 天得院
京都市東山区本町15丁目802番地
電話:075-561-5239
公開:2011/6/17(金)~7/17(日) 9:30~20:30(秋の特別公開:11月)
交通:JR、京阪電車。市バス「東福寺」下車徒歩約8分
by kirafune | 2011-07-20 06:30 | 京都 | Trackback(4) | Comments(32)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/13106938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Private Sess.. at 2011-07-20 20:06
タイトル : 涼風の 庭眺めてや 緋毛氈
桔梗の寺 天得院 桔梗の花が楚々として涼しげですね。 この春、それまで自覚してたよりもずっと京都の佇まいに惹かれていたと気づきました。 散文的な事情により、足を向けられないのならせめて....と。 ... more
Tracked from さんぽのあしあと at 2011-07-23 22:43
タイトル : 桔梗
昭和記念公園で撮影した花たち その1は桔梗です。 主に日本庭園で撮影しました。 しっとりとした白い桔梗。 これは日が翳っている時に撮影しました。 星を二つ重ねたような二重桔梗は大好きです。 白は紫を引き立て、紫は白を引き立て...... more
Tracked from 写真和音 at 2012-07-05 07:22
タイトル : 天得院の桔梗
続きは写真ブログ【お写ん歩】(http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/)の同じ記事をご覧ください。 併せてお店ブログ【高槻写真のひろば】(http://www.yaotomi.co.jp/blog/hiroba/)もご一緒にどうぞ。... more
Tracked from 京都写真(Kyoto P.. at 2012-07-10 07:16
タイトル : 天得院(東福寺塔頭)
桔梗の寺・天得院へ 三室戸寺から電車で移動して東福寺へ。 開門前に訪れる事が出来ました。 山門の向こうでは白い八重の桔梗が出迎えてくれました。 静寂の空間へ。 現在、境内の桔梗が見頃を迎えています。 花頭窓越しに眺める桔梗も綺麗でした。 縁側から眺める桔梗も美しく 庭園一面に広がる杉苔の上に咲く姿が非常に見事で 訪れた方もこの風景に癒されたのではないでしょうか(^^) 縁側からの眺めも綺麗ですが、少し離れて眺める風景もお気に入り。 正方...... more
Commented by mama-mumin at 2011-07-20 07:59
kirafuneさん、おはようございます。
暑い中を歩いてこの庭に来ると、すっとしたでしょう。
すずしげな桔梗の花ですね。
このお庭を眺めながらお抹茶とお菓子、いいものです。
お母さんのお誕生日に是非手紙を書いてあげてくださいね。
桔梗の花も添えて。
喜ばれると思います(^^)
Commented by wwmc at 2011-07-20 08:35
毛氈の赤に桔梗の紫と純白、、、、配色の妙。
画面に納めるのが難しい桔梗の花をじつに巧くとってはりますねえ。
kirafuneさんの素敵な母上を想像させて貰いました。うちの母親のばあい
こういう繊細な花では百年かかっても想い出せそうにありません(^^ゞ
Commented by ミニミニ放送局 at 2011-07-20 09:29 x
知らないお寺さんですが味わい深い所ですね。
「花頭窓の向こうには、別天地が広がっていた」の写真の切り取り方がとても良いですね。先ず目を惹かれました。
こんな庭を眺めながら緋毛氈の上で頂くお茶は至福の至りです。
Commented by しなこじ at 2011-07-20 09:33 x
1年中で一番暑い京都に桔梗の便りは、秋を感じさせてもらえほっとしますね。
お母様のお誕生日のお祝いにお手紙は素敵ですね、
母親の立場から申し上げますと何よりと思います。
素敵な日にしてあげてください。
Commented by たーや at 2011-07-20 12:33 x
こんにちは♪
こちらにも行かれてたのですね。(前回ので判りますが)
最近は、この天得院さんへは夜のライトアップに
合わせて行くことが多くなりました。
久し振りの昼間の天得院、桔梗も綺麗に咲いてますね。
お母様を思いだす花か・・・いいですね。

こんどライトアップの模様、UPしますね。
Commented by d12taka at 2011-07-20 20:20
こんばんは^^ノ
まったく当方の事情ですが、TB記事立てさせていただきました。
ご承諾いただければ。。

桔梗の花の思い出、素敵ですね。
Commented by うえっち at 2011-07-20 20:22 x
桔梗が咲いた枯山水を眺めながら、お抹茶に生菓子をいただく。
いいですねぇ♪

この便利な世の中でも、やっぱり手書きの手紙はあたたかみがあっていいですよね(^-^)
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:24
♪むーみんさん

こんばんは!
東福寺の駅から広い境内を歩いて
天得院さんにいく途中、
あまりの暑さにふらふらしました。
でも、不思議なことに、この庭に来ると、
涼しい風が吹いていて、気持がよかったです。
清楚な桔梗の花の色もいいですね。
人気なのがわかりました。
母の誕生日、明日なのです。
今夜、心をこめて手紙を書くつもりです。
桔梗の花も、明日、花屋さんで探してみますね(^^)
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:24
♪wwmcさん

こちらのお庭の桔梗は桃山時代の作庭時から
大切に大切にずっと育てられてきたそうです。
手入れのゆき届いたお庭は眺めているだけで
気分がリフレッシュできますね。
そこへ行くと、智積院の桔梗の様子は見るも無残でした。
wwmcさんのお母様って、どんな方なのでしょう?
きっと行動力のある、明るい女性に違いありません。
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:24
♪ミニミニさん

夏の桔梗の時期と秋に特別公開されるお庭なので、
普段はなかなか行かないですよね。
外はかんかん照りで暑いのに、こちらの中へ一歩入ると
涼しい風が本当に吹いていました。
正に至福のときでした。
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:25
♪しなこじさん

京都の夏の暑さは、日ごろ涼しい屋内で
仕事をしている身には結構堪えました。
でも至るところでその暑さを和らげる
様々な工夫がされているのですよね。
桔梗の色にほっとし、涼を感じました。
母に素敵な日をプレゼントしてあげたいです。
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:25
♪たーやさん

京都に着いたら、すぐこちらに向かいました。
行きたかったので。
訪れる人もまばらで、ゆっくりできました。
そうそう、天得院さんは夜のライトアップも
されていたのですよね。
たーやさん、行かれましたか~。
アップを楽しみにしています。
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:26
♪d12takaさん

こんばんは!
わあ、TBありがとうございます。
是非、お願いします。
桔梗の花を風に吹かれながら眺めていたら、
急に昔を思い出しました。
Commented by kirafune at 2011-07-20 21:26
♪うえっちさん

桔梗の花が咲いた枯山水を眺めながら、
お抹茶と桔梗の和菓子をいただく。
満足でした♪
やっぱり手書きの手紙をいいと思いますか?うえっちさんも。
心がこもった手紙を書きたいものです。
Commented by teko-0411 at 2011-07-20 22:25
やはり、前回の記事は序章でしたか!(笑)
・・・ということは、これからの記事がますます楽しみです♪

お母様、お手紙きっと喜ばれますよ!
私の両親も、何かプレゼントをした際は、
プレゼントしたモノよりも、添えてある手紙のほうが嬉しいようです。
親の気持ちって、そういうものなんでしょうね、きっと。
Commented by 都人 at 2011-07-20 23:23 x
こちらの桔梗、見たかったのです。東福寺に行くと案内の看板が気になってました。桔梗といえば、蘆山寺を何度か訪れています。
お庭が南側にあるので、桔梗の花も南向きに咲くみたいで、後姿を楽しむことが多かったです。
白い桔梗も、清楚でいいですね~
Commented by りん at 2011-07-21 00:24 x
こんばんは!
とても涼しげなお写真の数々、とてもステキですね〜
東福寺は紅葉の時しか行ったことがなかったのですが
夏もとてもいいですね!
桔梗のたたずまいが趣があってとてもステキですね。
お花ひとつひとつに表情があるようです。
雲母舟さんのお母様のお顔も見えたような^^
Commented by kirafune at 2011-07-21 08:12
♪tekoちゃん

あはは。
まだまだ続きますよ~^^
tekoちゃんもご両親にお手紙をあげたことが
あるのですね。
私も娘たちからもらった小さな手紙を
お財布に入れています。
大切な宝物・・・。
Commented by kirafune at 2011-07-21 08:14
♪都人さん

こちらの桔梗、私も前々から一度
見たいと思っていました。
今回、念願かないました~^^
蘆山寺も素敵な源氏のお庭ですが、
こちらもいい雰囲気でしたよ。
Commented by kirafune at 2011-07-21 08:17
♪りんちゃん

東福寺さん、秋に電車で通りかかったら、
駅は紅葉狩りのお客さんで
溢れかえっていました。
通天橋や臥雲橋は凄い人出になるらしいですね。
真夏は信じられないほど、静かでした。
青紅葉の景色も気持ちがいいです。
ここが真っ赤に染まったら・・・。
想像するのもまた楽し。
Commented by desire_san at 2011-07-21 10:13
こんにちは。時々訪問させていただいて、写真を拝見て、楽しんだり、撮影の勉強させて頂いています。

お寺の中から庭園を撮影したこのカットはすてきですね。写真を撮る上で大変参考になりました。 

前回の真夏の京都の写真も、大変迫力のある写真で面白いと思いました。

私は、帝政ロシアの財力をつぎ込んで造った147もの噴水により、世界で最も美ししい水の庭園と言われるピートル大帝夏の宮殿の写真をブログに載せましたので、是非見てください。

よろしかったらブログに感想などなんでも結構ですので、コメントをいただけると感謝致します、

引き続き、ロシア・サンクト・ペテルブルグとその周辺の写真を載せていきますので、よろしかったら時々みて下さい。
Commented by 寅次郎 at 2011-07-21 13:07 x
雲母舟さん、こんにちは。
今年はぜひお母様にお手紙を書いてください。
Commented by kirafune at 2011-07-22 07:06
♪desire_sanさん

おはようございます!
学生時代にロシア文学に親しんだ私には
行ったことのない サンクト・ペテルブルグの街は
なじみ深いものがあります。
卒論はドストエフスキーで書きました。
desire_sanさんのお写真と
世界を旅するフットワークに
脱帽です。
水の庭園、私もいつか行ってみたいです。
Commented by kirafune at 2011-07-22 07:07
♪寅次郎さん

ありがとうございます。
手紙書きました。
土曜日に母とデートの予定です。
喜んでくれるかなあ?
Commented by limecafe at 2011-07-22 08:22
☆kirafuneさん
おはようございます。
窓越しのお庭、いいですねぇ。
花頭窓って言うんですか。
特徴のある窓で、面白いなぁと思いました。
東福寺、紅葉の時期に一度だけ行ったことがあります。
こういうお寺まで写真を撮って回ると、何日もかかってしまいそうですね^^。
Commented by shino at 2011-07-22 22:31 x
静かなお庭の佇まいに桔梗の花が、よく似合いますね。
白い桔梗は、青い色とまた違うよさがありますね。

私は今日、娘とのデートを楽しんで来ました♪
お母様とのデート楽しんでらしてくださいね。
Commented by kirafune at 2011-07-23 09:30
♪limecafeさん

おはようございます!
窓越しのお庭、よかったです。
花頭窓、我が家にもほしい^^
特徴ありますよね。
京都のお寺さんではよく見かけます。
東福寺の紅葉、見に行かれたことがあるのですね。
私もいつかチャンスがあったら、行ってみたいです。
でも、いつも人のいない静かな穴場ばかりに
出掛けてしまうのですが・・・。
Commented by kirafune at 2011-07-23 09:35
♪shinoちゃん

静かな桔梗の庭を眺めていると、
母のことが思い出されました。
shinoちゃんもよく、お嬢さんとのデートを
楽まれていますね♪
私もこれから行ってきます。
今は反抗期の娘とも、将来仲良く
デートしたいなあ。
そんな日が来るといいのですが。
前途多難です!!
Commented by shimashimama at 2011-07-23 11:25
はじめまして、こんにちは。一番最初に載っている写真がステキすぎて、ため息が出てしまいました。
京都に行きたくなりました。
Commented by すうすう at 2011-07-23 22:42 x
こんばんは。

夏の京都ですかぁ。
相変わらずフットワークが良いのですね^^
1枚目のお写真が撮っても素敵。
お母様へのお手紙は書かれたのでしょうか。

私も桔梗を撮ってきました。
東京の桔梗ですが、トラックバックさせていただきます。
Commented by kirafune at 2011-07-24 08:37
♪shimashimama さん

はじめまして!
ようこそ、拙ブログへ。
コメントをありがとうございます。
こちらのお寺さんは「桔梗の寺」
といわれるだけあって
手入れの行き届いた、素敵なお庭でした。
居心地がとてもよかったですよ。
京都、行きたくなりますよね。
私もなんです^^
是非またこちらにも遊びにいらしてください。
Commented by kirafune at 2011-07-24 08:39
♪すうすうさん

おはようございます!
昭和記念公園に行かれたのですね。
いいなあ。
私もあの公園の日本庭園は好きです。
今は桔梗が咲いているのですね。
TBありがとうございました。
後ほど遊びにいきますね♪
<< 五条の金魚鉢“efish” 真夏の京都 2011 >>