修善寺 竹林の小径

a0169902_94463.jpg
たとえて言うなら、行きつけの飲み屋の、無口な美人女将がそこに立っていた。
黙って静かに、空っぽの杯を満たしてくれそうな。




a0169902_942467.jpg
伊豆は修善寺桂川のほとり。

a0169902_943274.jpg
「竹林の小経」に入って行く。

a0169902_943958.jpg
朱塗りの桂橋を渡ると、宿泊先の旅館が見えた。

a0169902_945821.jpg
自然石を敷いた竹林の中を歩けば、「伊豆の小京都」と称される修善寺の美しさを目にすることができる。

a0169902_945265.jpg
竹の葉の風に揺らぐ音と桂川のせせらぎが聴こえてきた。

a0169902_9172632.jpg
ミシュラン2つ星の景観もむべなるかな。
桂川に沿う遊歩道の左右に、見事な竹林が立ち並ぶ。
小経の中央には竹製の円形ベンチがあった。
晴れた日に寝っころがって、竹の間の青空を仰ぐのもいいかも知れない。

a0169902_95552.jpg
竹林に花一輪。
美人女将は伏し目がちな瞳の奥に、純白のハートを抱いていた。

(撮影8月20日)

竹林の小経
静岡県伊豆市修善寺 桂川沿い
電話:0558-72-2501
交通:伊豆箱根鉄道修善寺駅から東海バス修善寺温泉行で8分、終点下車徒歩8分
by kirafune | 2011-09-05 05:53 | 公園 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/13465899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 寅次郎 at 2011-09-05 10:15 x
無口な美人女将。いいねぇ~。
今夜は街へ繰り出すか・・・。
Commented by wwmc at 2011-09-05 18:23
このくらいの距離感、背景と被写体の、、、弱いんです、ぐっときました。
この小径は、できればやっぱり着物で歩きたい感じですね。
♪お酒は温めの〜などと野暮なコメントは書きますまい(書いとるがな...)
Commented by うえっち at 2011-09-05 22:01 x
心が洗われるような、素敵な場所ですね♪

百合が凛と咲いていて、心が落ち着きます。
Commented by 都人 at 2011-09-05 23:30 x
竹林の小径には、不思議な力がある
節目節目を越えて天高く伸びる様は明日の希望
筍は土に埋もれていてもちゃんと芽を出しているもの
いつか大きく育ってりっぱな竹林になり、爽やかな音を奏でてくれる日が・・・
Commented by deepseasons at 2011-09-06 00:14
こんばんは~。
こちらも桂川ですか。 京都と、また違う洗練された品を感じる「竹林の
小径」ですね。 竹バックに白百合も、また品がある~。
Commented by kirafune at 2011-09-06 05:51
♪寅次郎さん

やっぱり、カウンターの向こうにいる人は
無口で綺麗な人がいいですね~。
黙って静かにこちらの話に耳を傾けてくれるような・・・。
間違っても、マシンガントークの女子は、ごめんです^^
Commented by kirafune at 2011-09-06 05:56
♪wwmcさん

うふふ~^^
wwmcさん、和服姿がお似合いになりそう。
いや、やっぱり、カウボーイ姿かな?
♪お酒は温めの〜方がいい~♪
Commented by kirafune at 2011-09-06 05:58
♪うえっちさん

俗世間の諸々をしばし忘れた
竹林の小経でした。
林の中は、爽やかな風が吹いていました^^
Commented by kirafune at 2011-09-06 06:01
♪都人さん

つい、落ち込み気味になってしまいがちですが、
プラス思考でいったほうが、間違いないですね。
筍の芽が出ることを信じて・・・。
Commented by kirafune at 2011-09-06 06:03
♪deepseasonsさん

おはようございます!
こちらも桂川でした^^
京都に行けないときは、
小京都に行ってしまいます。
本物の京都は、
deepseasonsさんの所で
また楽しませて頂いております。
Commented by limecafe at 2011-09-06 07:46
無口な美人女将、その発想すばらしいです。
酒は強くないですが、
そんな飲み屋に行きたくなりました^^。
Commented by むーみん at 2011-09-06 08:15 x
kirafuneさん、おはようございます。
桂川、竹林とくると、どうも京都を連想してしまいますが。
修禅寺も、素敵ですね。
朱の橋と緑の竹林、あざやか~。
竹林の中に咲くユリの花、なるほど美人女将、ぴったり(^^)
Commented by shino at 2011-09-06 21:25 x
修善寺って伊豆の小京都って言われているんですか~。

竹林は初秋の頃になると若竹が成長して新葉が盛りになって美しくなりますね。
朱塗りの橋とのコントラストが鮮やかで素敵です♪
Commented by teko-0411 at 2011-09-06 23:35
「伊豆の小京都」
なるほど!の景観ですね~。
5枚目の写真、好きです♪
景色の中にちょっと人が入り込むことで、なんとなくストーリー性を感じて惹かれるんですよねぇ。

毎回毎回思いますが、素敵な場所をご存知ですね!
そのリサーチ力&行動力(&経済力!?笑)、私もあやかりたいっ!!!
Commented by kirafune at 2011-09-07 06:16
♪limecafeさん

理想が発想を生みました。
でも、どこかにきっと
いそうな気がしませんか?
無口な美人女将。
limecafeさんがお酒を飲むなら
やっぱり、ジンライム?
Commented by kirafune at 2011-09-07 06:17
♪むーみんさん

おはようございます!
大好きな京都、また行きたいです。
修禅寺も、いいところでした。
竹林の中に百合が一輪、
ひっそりと咲いていました。
Commented by kirafune at 2011-09-07 06:21
♪shinoちゃん

全国、いろいろな場所で
「小京都」って言われますね。
伊豆の小京都・修善寺は
温泉付きで、竹林も桂川もあって、
おまけに、また
京都に行きたくなりますよ~^^
Commented by kirafune at 2011-09-07 06:27
♪tekoちゃん

竹林の中を浴衣姿の男女が
お散歩していました。
湯上りに竹の風がさわやか~
って、この日は
ちょっと肌寒いくらいでした。
経済力って、借金力ですよ。
1か月後にクレジット会社から請求書が来て
ざあっと蒼ざめる経済力。
細かく考えるのよそう・・・。
元気でありさえすれば、
多少馬鹿でもなんとかなります^^
Commented by りん at 2011-09-07 22:42 x
こんばんは!
1枚目のゆり、上品で奥ゆかしい女性に見えますね。
修善寺、こんなステキな竹やぶがあるんですね。
緑の中に朱塗りの橋がとても鮮やかに浮び上がってますね。
私は前回アップされたあたりをうろうろ散策しただけで
宿泊はしなかったんです。
いつかゆっくりお湯につかりに行きたいです^^
Commented by たーや at 2011-09-08 00:42 x
こんばんは♪
竹の小径、また懐かしさが。
短いながらもその閑静さは、楽しめた思い出。

京都は京都、伊豆は伊豆。
それぞれの景色は、その地のもの。
私は伊豆、好きですよ。
Commented by kirafune at 2011-09-08 06:19
♪りんちゃん

おはようございます!
泊まった宿の部屋の窓から
赤い橋と竹藪が見えたので
朝、ひとっ風呂浴びてから、
お散歩してみました。
修善寺、静かな温泉街で、
宿泊もいいですよ。
今度、是非。
Commented by kirafune at 2011-09-08 06:21
♪たーやさん

おはようございます!
たーやさんも、ここ行かれたことが
ありますか~♪
伊豆には度々?
お好きなのですね。
いい温泉ですよね。
また、来てね^^
Commented by ミニミニ放送局 at 2011-09-08 10:19 x
修善寺で癒されましたね。
私も時々修善寺や虹の郷などに行きますがここはお気に入りのスポットです。
京都の竹林よりも綺麗で雰囲気がいいですね。
車が通らないので落ち着いて歩けます。
三番目の赤い橋を入れた写真がとても良い雰囲気です。
素敵な宿に泊まりましたね。
Commented by kirafune at 2011-09-09 22:40
♪ミニミニさん

はい^^癒されて帰ってきました。
こちらの竹林の小経は、
ミシュランから二つ星をもらった景観だそうですね。
京都に負けず劣らずの、しっとりとした
落ち着いた場所でした。
ミニミニさんのおすすめの「虹の郷」も
よさそうですね。
花菖蒲の頃に行ってみたいです。
泊まった宿は、池の上に建っていて
風情がありました。
<< さぼうるの赤い電話 修善寺の修禅寺 >>