平野神社の紫式部

a0169902_7284320.jpg
桜の園でつぶらな瞳の紫式部と出会った。



a0169902_7285944.jpg
天神川近くのお地蔵さんは賑やかだ。

a0169902_7291884.jpg
北野天満宮でお参りした後は、北門へ抜ける。
そして、天神川を渡れば、

a0169902_7292628.jpg
平野さんの朱塗りの鳥居が見えてくる。

a0169902_7293330.jpg
「平野の夜桜」で有名な桜苑で、今は紫式部の実がたわわに実り始めていた。

a0169902_7294083.jpg
株数では市内随一といわれるだけあって、苑内のあちこちでしだれて実る紫を目にした。

a0169902_7294783.jpg
初秋の桜林では、歌舞伎役者風の蜘蛛が紫式部と無言で対話する。

a0169902_72955100.jpg
辺りはしんと静まり返っていた。

a0169902_730114.jpg
平野神社では明日10月2日(日)午前10時半から「紫式部祭」が行われる。

(撮影9月24日)

平野神社
京都市北区平野宮本町1
電話:075-461-4450
開門:午前6時~午後5時
料金:無料
交通:市バス「衣笠校前」から徒歩1分
by kirafune | 2011-10-01 08:11 | 京都 | Trackback(1) | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/13725903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 日々の暮らし,あれこれ at 2011-10-01 11:42
タイトル : 自然豊かな大和「泉の森」に秋桜を見に♪
2009.09.30(金)[E:sun]窓の外で吹く風が、公園の大きな木の黄葉を... more
Commented by ミニミニ放送局 at 2011-10-01 10:14 x
人知れず静かな神社のようです。私が知らないだけかもしれませんが・・・
ムラサキシキブがなんとも言えない色です。
天神川近くのお地蔵さんは彩色され華やかですね。
Commented by chisa_pie at 2011-10-01 11:50 x
紫式部、ヒガンバナ、この季節ならではの秋の花♪
そして女郎蜘蛛と役者が揃って!
蜘蛛に光が当たって見事なお写真!
私も偶然にも、先日の泉の森で女郎蜘蛛をパチリしてきたので、
TBさせていただきました。
今年は、1カ月近くマンション住まいの我が家のテラスに
かまきりが滞在してくれて写真のモデルになってくれたり
、赤とんぼが来たり、
女郎蜘蛛を見たり、昆虫に縁の深い年でした♪
Commented by えみりん at 2011-10-01 15:50 x
こんにちは♪
春は桜で賑わう平野神社も秋にはムラサキシキブの紫の粒が高貴な感じです。
季節季節の花が、京都では楽しめて、行きたくなる気持ち解ります。
秋の旅はまだ続きそうですね。楽しみにまた来ます。
Commented by むーみん at 2011-10-01 17:02 x
kirafuneさん、こんにちは。
平野神社の秋は、こんなふうなんですね。
ムラサキシキブに、彼岸花、桜の季節とは違った趣があります。
昨日、平野神社の横をバスで通りました。
春とは違ったひっそりしていました。
明日は、また賑やかになるのでしょうね(^^)
Commented by arak_okano at 2011-10-01 17:46
アラックです。
紫式部というのですね。
高貴な色です。
いつもながら背景が素晴らしいですね、バグースですね。
明日は我が街伊勢原は道灌祭です。
Commented by うえっち at 2011-10-01 19:11 x
平野神社には春しか行ったことないですけど、秋もいいですね♪

蜘蛛は嫌いやけど、一瞬キレイに見えました(^^;)
Commented by teko-0411 at 2011-10-02 00:54
雲母舟さん、こんばんは!

雲母舟さんのブログを拝見していると、「京都は広い!」
ホント、そう思います。
・・・私が無知なだけかもしれないんですが(笑)

蜘蛛の写真、光が美しい!
Commented by hidetatu32jp at 2011-10-02 08:28
おはようございます

この紫色の実のついた植物が紫式部というのですね。初めて知りました。
やっぱり京都は歴史ロマンのつまった土地で憧れます(^_^)
一生かけて通いたいと思います。

こないだ歴史書を読んでいて、いろんな説があるのですが紫式部は源氏物語を書き終えた後に虚脱状態になったそうです。
頑張りすぎたのかな?と思ったりしました。私もたぶん今年いっぱい精神的に辛い道を歩まねばなりませんので気を付けようと思います。
すでにかなりキツいです((((゜д゜;))))
紫式部はその後、岡山県に都落ちし愛する人のそばで余生を過ごしたそうです
Commented by shino at 2011-10-02 09:39 x
紫式部祭というのがあるのですね~。
京都ならではのお祭りでしょうね。

こちらの紫式部は、本当に粒が大きく沢山付いていますね!
きれいに色付き、楚々としていながら高貴な風情が感じられました^^
Commented by kirafune at 2011-10-02 16:54
♪ミニミニさん

平野神社は昔から夜桜で有名な所なのですが、
紫式部が沢山植わっていることは
あまり知られていないかも知れません。
紫式部は実紫とも呼ばれるそうです。
白いのもあります。
Commented by kirafune at 2011-10-02 16:59
♪chisa_pie さん

紫式部やヒガンバナを見ると、
秋が来たなあと感じます。
あの蜘蛛、女郎蜘蛛というのですね。
とてもユニークな姿で
歌舞いてるなと思いました。
TBありがとうございました。
かまくんも随分と楽しませてくれましたね。
立ち居振る舞いがユーモアにあふれ、
思わず笑っちゃいますね^^
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:01
♪えみりんさん

日本では古来から紫の色は
高貴な色といわれてきましたね。
この色彩はやはり秋が似合います。
京都・奈良の旅、暫く続きます。
よろしくお願いします^^
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:03
♪むーみんさん

こんにちは!
むーみんさんも秋を探しに
京都に行かれていたのですね。
のちほどまたお邪魔させていただきます。
何かおいしい秋は見つかりましたか?
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:06
♪アラックさん

道灌祭って、どんなお祭りなのでしょう?
アラックさん、リポートされるのですか?
面白そうですね。
今日はこちらのほうも天祖神社のお祭りで
太鼓の音がどんどん聴こえていました。
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:08
♪うえっちさん

春の平野さんは確かに華やかできれいですよね。
秋は誰もいなくて、し~んと静かでした。
蜘蛛を撮っているブロガーさんがいて、
よく写真をアップされているので
私も刺激を受けて撮ってみました。
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:13
♪tekoちゃん

京都って奥が深いです。
行く度に発見があり、
刺激を受けます。
何度訪れても飽きない、
本当に魅力的な町ですね。
住んでみたいけれど、
やめといた方がいいよって
京都人にいわれました。
住むとたまに行くのとでは
大違いらしいです。
怖いけど、覗いてみたいですね~
そんな世界を・・・^^
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:25
♪hidetatuさん

こんばんは!
秋に色づく紫式部の実、理想は雨の後、
濡れてしだれた姿なのですが、
生憎雨には恵まれませんでした。
京都は歴史が古いですね。
そして、ロマンティックな土地です。
一生かけて通いたい。
私も同感です。

人間の紫式部のエピソードを教えてくださり、
ありがとうございます。
岡山県に都落ちして愛する人のそばで
余生を過ごしたとは知りませんでした。

hidetatuさん、今年いっぱい精神的に辛い道だそうですが、
その状態は必ず変化し、ずっと同じということはまずないです。
今は命の素材が底光りを増す時期と思って
乗り切ってくださいね。
すでにかなりキツい。
暢気そうに見えますが、実は私もなんですよ。
自分磨きのチャンスと捉え、ぴっかぴかに
光らせましょう、お互いに・・・。
Commented by kirafune at 2011-10-02 17:28
♪shinoちゃん

京都って、お祭りやイベントが
毎月のように沢山ありますね。
千年以上の歴史が育んできた行事の数々
これからも大切に守られていってほしいです。
shinoちゃんも日記に書いていらっしゃいましたが
今日、近所を歩くと、金木犀の香りがしました。
秋ですね~^^
Commented by 都人 at 2011-10-02 22:50 x
北野さんに平野さん、梅に桜と春は賑わいますね
今はひっそりと紫式部が高貴な実を実らせているのですね・・・
秋が深まって来ました。
Commented by kirafune at 2011-10-03 06:29
♪都人さん

北野さんから平野さんへ向かう
近道を教わって以来、
二つの神社の行き来は
とってもスムーズになりました。
この日は平野さんから等持院さんへも
歩いて行きましたが、お墓参りの
地元のおばあさんに道を聞き、
近道を教えてもらいました。
道中のおしゃべりが
楽しかったです^^
<< 「ヤオイソ」のフルーツサンド 真如堂の秋準備 >>