両国駅の雛飾り sanpo

a0169902_9552062.jpg
開かずのホームへと向かう駅の階段に、突如お雛様が出現した。



a0169902_9543939.jpg
JR両国駅は、明治37年(1904年)の開業。
西口の改札を抜け、今はほとんど使われなくなった3番線ホームへと続く通路を進んだ。

a0169902_9534980.jpg
その先に、17段の豪華なお雛様が飾られていた。

a0169902_9544697.jpg
かつては、房総方面へのターミナル駅として賑わった両国駅。
3番線ホームは、海水浴へ行く人々でごった返したことだろう。

a0169902_9545254.jpg
空き番線の階段を利用した雛壇は、両国駅の駅員さんたちが飾り付けたそうだ。

a0169902_955127.jpg
この駅を発着した、昔の名列車の汽笛が聴こえただろうか?

a0169902_955873.jpg
お雛様そっちのけで、幻のホームから少年が電車を見ていた。

a0169902_9551418.jpg
一生を旅にたとえるなら、人は母の胎内を出たその日からすでに旅人なのかも知れない。
出発進行!いい旅を。
お雛様が微笑みながら、少年を見ていた。

(撮影2月4日)

JR両国駅
東京都墨田区横網1丁目
電話:03-3622-0200
時間:7:30~19:00
雛飾:3月3日まで
入口:駅西口改札より
by kirafune | 2012-02-10 07:45 | 東京の街 | Trackback | Comments(36)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/14638275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by y_merry at 2012-02-10 12:35
おっ、幻の両国駅3番線ホーム
昔の終着駅の名残で、現在の総武線ホームより下にあるんですよね
16段の雛飾りも素敵ですが、普段、開放されない場所だけに
雛飾りそっちのけで、電車を見ている少年の気持ちもわかるなぁ〜
やっぱり雛祭りまで開放されているのかしら?
Commented by limecafe at 2012-02-10 12:47
両国駅がターミナル駅だったこと、
初めて知りました。
電車で通ることは、よくありますが、あまり降りない駅です。
ひな飾り、目の前で見たら、壮観でしょうね^^。
Commented by tabigarasu-iso at 2012-02-10 16:43
凄い光景ですね。圧倒されました。
Commented by mint at 2012-02-10 16:57 x
こんにちはぁ^^
すごぉーいっ!!!
これは圧巻ですぅ~♪
粋な事をされますねぇ。
今はもう使われなくなった
無機質なコンクリートの駅の階段も
華やかに飾られて、喜んでるかも(笑)
これは3月3日までずっと飾られてるのでしょうか・・・
管理も大変でしょうねぇ。
と、余計な心配しちゃった^^;
Commented by foto_k at 2012-02-10 19:36
雲母舟さん、こんばんは。

久しぶりのデジャヴ、二枚目の通路画は最近の夢で見た気がするんですよー^^;
何とも素敵な雛壇ですね!
駅員さんの想いがいっぱい詰まってるからなのかな。
華やかだった両国駅はロマンティックに様変わり。
見に行きたくなりますやんか^^

命ある日々が旅、常から進行。
青信号は我等生きる者のシンボル。
雲母舟さんの言葉からそんなふうに感じました(^^)

Commented by 寅次郎 at 2012-02-10 21:26 x
雲母舟さん、今日のテーマはとてもいいね。
そうそう、少年時代の寅次郎は両国駅始発の蒸気機関車で海水浴に行ったんだよ。
当時は車内にエアコンが無いから窓は開けっ放し。
途中、トンネルが多くてねぇ~。
その度に窓を閉めたもんさ。
大人になってからも仕事で、両国発の急行はよく利用したね。
そこで一緒に乗った先輩の大失敗のエピソードはいつか語ることにしようかね・・・。
この話、面白いよ。
Commented by Tompei at 2012-02-10 22:19 x
私もかつて、両国駅から外房線に乗って鴨川に海水浴に行きました。
もう40年位前かな……蒸気機関車ではなかったけれどね。
寅次郎さんはもっと先輩なのかしら。汽車のお話を聞けて嬉しいです。

4日はJRを利用しなかったので、こちらでお雛様の写真を楽しませていただき、昔のわくわくした気持ちを思い出しました。
Commented by teko-0411 at 2012-02-10 23:09
雲母舟さん、こんばんは!

空き番線の階段を雛壇にしてしまうなんて・・・すごい発想!面白い!
この試みは、毎年のことなんでしょうか?

『人は母の胎内を出たその日からすでに旅人』・・・かぁ。素敵!
私、道に迷いまくっている旅人のような気がしますが(笑)
Commented by desire_san at 2012-02-10 23:35
雲母舟さん、こんばんは。

見事なお雛様ですね。
ひな人形の顔もアップにするとなかなか立派ですね。
いろいろな被写体を撮影しておられますね。

私は来月友人のお誘いで京都に舞妓さんを撮りに行きます。
人の写真は家族以外撮ったことがありません。
ポイントがあれば、ご教示お願いいただけると助かります。
私の直近のブログに書き込んでいただいて結構です。
よろしくお願い致しします。
Commented by sky-yy at 2012-02-11 00:24
これは凄いですねぇ!!!
階段飾り~面白いです。
JR東日本もなかなかやりますね(^o^)
寒気団の暴れまくる中、春の装いにほっこりしました☆
Commented by うえっち at 2012-02-11 00:29 x
ここは駅ですか?
凄いですね!
圧巻で、見てみたくなりました♪
Commented by Reckless.p at 2012-02-11 00:51 x
おぉ~!! すごい雛壇ですね!
これは毎年恒例ですか?
駅員さん達のいろんな思いが詰まっているのでしょうね^^
幻のホームから電車を見てくれるのも喜びに、雛壇を見に来てくれるのも喜びに、昔の名列車を思い出してもらえて喜びに。
なんて素敵な空間なんでしょう♪
Commented by mama-mumin at 2012-02-11 08:17
kirafuneさん、おはようございます。
両国駅の粋な計らいですね。
階段を利用した雛段飾り、お見事です。
開かずのホームへの階段というのが何とも言えない気もしますが。
昔の思い出に浸るひとあり、ホームからのぞきこむ少年あり、見た人の心を癒してくれたらいいですね(^^)
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:17
♪merryさん

階段のお雛様を撮影していると、
たったったっとリズミカルな靴音がして
ふと見上げれば、少年が
幻の3番線ホームから
隣りのホームの各駅電車を
じいっと眺めていました。
少年の気持ちもわかりますかぁ〜^^
駅員さんに伺ったところ、
3/3の雛祭りまで開放されているそうですよ。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:17
♪JINさん

昔の両国駅は今の渋谷や池袋に値する
乗降客がいたそうです。
現在は、大相撲の時と、江戸博物館に行く人が
利用する、各駅停車の駅です。
JINさん、あまり降りない駅ですか。
歩いてみると、なかなか面白いですよ、あの辺り。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:18
♪tabigarasu-isoさん

幻の3番線ホームへ通じる階段で
幻の光景を見たような
そんな不思議な気分に
なりました。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:18
♪mintさん

こんにちは!
普段は閉じられた空間なので、
素通りしてしまいがちなのですが、
通路の奥から何やら不思議な光が見え、
吸い寄せられるように、奥へと
進んでしまいました。
駅員さんたちのアイディアと
粋な計らいにぐっときました。
お雛様たちもきっと、
喜んでるいるかしらん。
mintさんのおっしゃるとおり、
3月3日まで飾られているそうです。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:19
♪kさん

こんにちは!
どこかで過去に出会った風景、感覚。
時々ありますね、デジャヴ。
レッドカーペットの通路の夢を
ご覧になったということは、
Kさん、前世はハリウッドスターかな?!

人生、青信号で進め。
でも、時には黄色や赤で立ち止まり、
しばしの休息。
そして、また前へ。
いろんなことが、穏やかな日常の中にもありますね。
様々な想いを胸に、生きていきましょう!
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:19
♪寅次郎さん

今回のテーマ、お気に召して嬉しいです^^
少年時代の寅次郎さんはあの写真の蒸気機関車で
海水浴に行かれていましたか!
SLは、1969年(昭和44年)まで、
両国駅から走っていたそうですね。
寅次郎さんの先輩の大失敗エピソードを
来月あたり、聞けそうな予感がしています♪
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:20
♪Tompeiさん

まあ、Tompeiさんも!
両国駅から鴨川まで
海水浴に行かれていましたか~。
私も両国に住む叔父に連れられて
子どもの頃、千葉の海に
遊びに行った夏を
急に思い出しました。
寅次郎さんの汽車のお話、
もっと聞きたいですね^^
今度、伺っておきますね~。
4日の清盛展はニアミスでしたね。
私も夕方近くに行っていました。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:20
♪tekoちゃん

こんにちは!

空き番線の階段で隣りのホームに入ってきた
電車を眺める少年には、ひょっとして
2と1/2番線のホームが
見えていたのかもしれません。
幻のホームへ通じる階段の雛壇は
ここ最近に始まった試みのようです。

でこぼこ道や曲がりくねった道に
迷いこんでいる旅人の方が、
ストレートにすうっと行く人より
味のある人生のような気がしますが(笑)
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:22
♪desire_sanさん

こんにちは!
見応えのあるお雛様でした。
来月、京都に舞妓さん撮影に行かれるそうで、
いいですね。
私は一眼を撮り始めてまだ2年くらいなので、
大きなこと言えませんが、
人の写真を撮るときは
その人のいいところを瞬時にみつけて
そこをクローズアップして撮ると
いい写真になるのかなと
勝手に思っています。
京都人ブロガ―のprado9991さんが
よく舞妓さんを撮られています。
間近で見るとほんときれいだそうですよ。
prado9991さんのブログはこちらです。
最近では、上七軒始業式を撮影されています。

http://yasu733.exblog.jp/17575033/
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:22
♪skyさん

JR東日本、なかなかどうして
やってくれます^^
まだまだ寒いですね~。
今年の梅の開花も、例年より
だいぶ遅れているようです。
暖かい春が待ち遠しいですね。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:23
♪うえっちさん

そうなのです。
ここは駅の構内。
面白い試みに拍手したくなりました。
いつもは使われていないレトロな通路も
心なしか華やいだ雰囲気でした。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:23
♪Reckless.p さん

16段となると、かなりの迫力でした。
最近始まった企画のようですが、
これからも、駅員さんたちの心意気で
毎年恒例にしてほしいです。
いろいろな想いが詰まった空間に
なっていました。
Commented by kirafune at 2012-02-11 10:23
♪むーみんさん

こんにちは!

両国駅の駅員さんたちの
粋な計らいに拍手です。
階段を利用した雛段飾り、
ユニークな発想がとても好感持てました。
飾るのは大変だったと思います。
見に来るお客のびっくりする顔、
喜ぶ顔を思い浮かべながら、
ひとつひとつ丁寧に
飾ってくれたのだろうなと
想像しました。
Commented by borderlines at 2012-02-11 10:55
誰が思いついたんでしょう?これはなかなかいいアイディアですね。♪
うちは男の子ばかりですので最近はお雛さんも飾ってないなあ。(^^)
Commented by ひろ at 2012-02-11 22:44 x
こんばんは^^
これは迫力ですね〜^^
すごいなぁ。。
Commented by りん at 2012-02-11 23:30 x
わ〜!すごい!
こんなに豪華なひな人形は初めて見ました!
16段飾りですか。
駅の構内の階段に飾られるなんて
江戸っ子の粋な心意気を感じます^^
子供の頃、床の間に飾ってもらったひな人形を
ふと思い出しました。
こんなに豪華ではなかったですけど(笑)
親も私たち姉弟のいい旅立ちをそのころから
願ってくれていたんだろうなと思います^^
Commented by arak_okano at 2012-02-12 06:28
アラックです。
とんでもバグース!!
両国は終着駅だったのですよね。
今日、行こうかな?
千葉まで、C61を撮りに行こうと思っているのですね?
Commented by しなこじ at 2012-02-12 08:13 x
今年も飾られましたね。
1日に通りかかった時はまだシャッターが下りていました。
駅員さんに聞きましたら、例年通りと思いますという返事でした。
こちらのお雛様は見ごたえありますよね。
Commented by kirafune at 2012-02-12 08:49
♪魔術師さん

両国駅の駅員さんたちが
勤務時間外に飾り付けたそうです。
男の子ばかりのお宅だと
なかなかお雛様は飾らないのかも
しれないですね。
こちらの雛飾りでお楽しみください^^
Commented by kirafune at 2012-02-12 08:51
♪ひろさん

ちょうど私が訪れた日から
お雛様が飾られていて、
タイミングが合いました。
ド迫力でした♪
Commented by kirafune at 2012-02-12 08:53
♪りんちゃん

16段だと思っていたら、
毎年1段づつ増えて、
今年は17段もありました。
りんちゃんは弟さんのいる
お姉さんだったのですね~。
なんとなく、わかるなあ^^
江戸っ子の心意気を感じてもらえて、
江戸っ子の私も嬉しいです^^
Commented by kirafune at 2012-02-12 08:57
♪アラックさん

とんでもバグースでした!!
両国は房総方面への列車の
始発駅だったのですね。
少年鉄男くんの姿に
ありし日のアラックさんを重ねたりして^^
Commented by kirafune at 2012-02-12 09:01
♪しなこじさん

去年、しなこじさんの記事で
こちらのお雛様のことを知り、
「平清盛」展を見に行ったときに
もしやと、いつもは開かずの通路を見れば、
飾ってありました。
4日から1か月限定の飾り付けのようです。
見応えがありますね。
<< 牛天神の紅梅まつり 「平 清盛」展 >>