桜の宮 車折神社

a0169902_2314164.jpg
芸能人は歯が命。




a0169902_23145318.jpg
芸能神社は花が命。

a0169902_23152260.jpg
商売繁昌と芸能の神を祀る車折神社(くるまざき)で、朱色の玉垣に映える一本桜が出迎えてくれた。
訪れた時、画家・冨田溪仙が奉納した溪仙桜が満開だった。

a0169902_2315297.jpg
平安時代より、「桜の宮」と呼ばれた車折神社の春は、早咲きから遅咲きまで約15種40本の桜に彩られる。

a0169902_23153623.jpg
寒緋桜、山桜、匂い桜、染井吉野などが次々と咲く、隠れた桜の名所は、清澄な空気の中にあった。

a0169902_23154277.jpg
霞か雲か。
空を覆う溪仙桜のにっこり笑うその口元も、やっぱり白く輝いていた。

(撮影4月7日)

車折神社
京都市右京区嵯峨朝日町23
電話:075-861-0039
料金:無料
交通:京福電車「車折」駅下車すぐ
by kirafune | 2012-04-20 23:43 | 京都 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/15095888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うえっち at 2012-04-21 01:31 x
芸能神社は花が命(笑)

芸能の世界のように、一瞬の春を咲き誇ってますね♪
Commented by wwmc at 2012-04-21 08:31
昨年秋に嵐電にのったとき、この神社の前でコスモスを撮りましたが、
中にはようお参りせずじまいでした。kirafuneさんの歩かれた道を
トレースしながら楽しませて貰っています(*^_^*)健脚だ....
今回のは、なんといっても最後の一枚の背景がいい!大好きですこういうの。
shu
Commented by 都人 at 2012-04-21 08:41 x
朱に桜が映えますね、構成もいいですね、さすがです。
是非、訪れたくなります。
皆さんの夢が託されているのですね、叶うといいな
Commented by borderlines at 2012-04-21 10:07
なんやかんやあってすっかりご無沙汰です。m(_ _)m
車折神社は有名人がこっそり通う開運パワースポットですね。
私は最初、車折神社をくるまざきじんじゃと読めませんでした。(笑)
Commented by a_puran at 2012-04-21 12:13
この桜の宮という車折神社では、まだ桜が楽しめているのでしょうか。
撮影日が4/7ですが、種類がたくさんですもんね。
ほんとうに京都は桜がたくさんですね。
椿もおみごとで。
kirafuneさんの京都巡りのブログ、だいすきです。
Commented by chisa_pie at 2012-04-21 14:13 x
>霞か雲か

私も最後のお写真大好きです♪
素晴らしい~~!!
Commented by mama-mumin at 2012-04-21 22:41
kirafuneさん、こんばんは。
芸能人は歯が命。
芸能神社は花が命。
なるほど~。
いろいろな桜が咲いて、こちらも華やか。
去年行ったときは、どの桜が咲いてたっけな~と思いだしながら見せていただきました。
1枚目、シンプルで素敵です(^^)
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:31
♪うえっちさん

芸能神社は金が命
ではなくて、よかったです(笑)
「一瞬の春」という言葉に
一瞬どきっとしました^^
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:38
♪shuさん

最後の1枚は溪仙桜ですね。
空いっぱいに枝を広げていました。
大らかで明るい色の桜でした。
嵐電に乗って行ったのですが、
桜のトンネルにはまだ早かったです。
こちらの神社で桜を堪能しました。
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:39
♪都人さん

2000枚の朱色の玉垣ひとつひとつに
芸能人の夢が込められていました。
なかなか、考えようによっては
凄味のある場所でした。
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:43
♪魔術師さん

お仕事一段落されましたか?
PCのトラブルには神経くたびれますね。
ご自愛ください。
「くるまざきじんじゃ」と、最初は読めませんでした。
ここは、歴史といわれののある、パワースポットですね。
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:46
♪a_puranさん

京都巡りの記事を読んでくださり、
ありがとうございます!
この桜の宮でもし里桜があるならば、
まだ桜が楽しめているでしょうね。
東京では八重が今見ごろです。
京都の桜は種類も多く、花期が長いので
もうしばらくお花見が楽しめますね。
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:48
♪chisa_pieさん

わあ、そうおっしゃっていただけると
とっても嬉しいです。
ありがとうございます。
画家の奉納した桜、
やはり美しい女性を連想させる木でした。
Commented by kirafune at 2012-04-22 09:51
♪むーみんさん

去年、むーみんさんも
行かれていましたね。
桜の宮の春は次々と
いろんな種類の桜が咲いて
華やかですね。
朱色の玉垣とのコラボが
独特の景観を作っていました。
Commented by Reckless.p at 2012-04-25 07:17 x
おはようございます。
構成がうますぎますね^^
芸能神社は花が命、芸能人は歯も華もないといけませんものね。

車折神社、なんと読むのか?だらけでした(笑)
Commented by kirafune at 2012-04-25 07:22
♪Reckless.pさん

おはようございます!
朝からダジャレで、すみません^^’
芸能人は歯も華も・・・ないと。
おっしゃるとおりです^^
車折(くるまざき)神社、桜の季節は意外と穴場ですよ。
<< 法金剛院 春の王朝絵巻 地蔵院の五色八重散椿 >>