竹の寺から「遊山」へ

a0169902_893988.jpg
日本料理は食べるものではなく、見るものだとよく云われる。




a0169902_810638.jpg
だが、作家・谷崎潤一郎は言った。
「日本料理は見るものである以上に瞑想するものだ」と。

a0169902_810984.jpg
京都の洛西、竹の寺とよばれる地蔵院を訪れた。

a0169902_8102119.jpg
赤い靴の若い女が一人、境内の奥にある枯山水の庭で、鶯の声に聴き入っていた。
ここの「十六羅漢の庭」は竹林を越えた奥にあった。(撮影禁止)
写友・たーやさんによれば、気づかないで行ってしまう人が多いらしい。
赤い靴の女性は、なかなか通な方のようだった。

a0169902_8102251.jpg
わびさびの庭で鳥の声を聴きながら瞑想していると、お腹が鳴った。
一路、鳥居本の「遊山」へ。

a0169902_8103284.jpg
こちらでは、落ち着いた佇まいの中で、日本料理とフレンチの創作会席が頂ける。

a0169902_8103320.jpg
あらかじめ、たーやさんが「水」コースを予約しておいてくれた。
冒頭の前菜は、エビとうすい豆の白酢和え。
続くスープは、新玉ねぎのポタージュだった。
自家製のプチパンもおいしかった。

a0169902_8104584.jpg
和の空間に、次々と多彩な食材が登場した。

a0169902_8104771.jpg
鴨饅頭の餡かけはかなりイケる。

a0169902_8105886.jpg


a0169902_8105968.jpg

メインは魚で、鯛のタプナード トマトソースだった。
漬物が食べ放題。

a0169902_811911.jpg
デザートの、塩麹とキャラメルのムースは美味だった。

a0169902_8111219.jpg
谷崎は、日本料理を灯りと器が合奏する無言の音楽作用とも言ったが、
あまりのおいしさに、無言では瞑想もできない私だった。

(撮影5月19日)

竹の寺 地蔵院

鳥居本 遊山
京都市右京区嵯峨鳥居本一華表町6-3
電話:075-873-3122
営業:11:30~15:00/17:00~21:00
休み:なし
交通:京都バス「62系統」清滝行き「鳥居本」下車
by kirafune | 2012-05-29 08:19 | 京都 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/15437804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 寅次郎 at 2012-05-29 10:58 x
雲母舟さん、7人の写真愛好家が集まっての京都新緑ツアー。楽しみな企画で、今後も期待しています。
私は5月26日(土)に東京の向島を散策して四つ木の荒川河川敷にも行ってきました。
後日のブログ(6月3日頃からかな)で報告したいと思っています。
Commented by mama-mumin at 2012-05-29 18:01
こんばんは。
地蔵院の竹林は、今の季節青々して清々しいですね。
奥のお庭、落ち着いて瞑想いいかもしれません。
が、その後にこんな素敵なお料理が舞っていたら気もそぞろになってしまいそうです、私は。
お料理も素敵ですが、器が素敵ですね。
最後の水屋の中身がとても気になりました(^^)
Commented by アラック at 2012-05-29 18:11 x
日本食はお酒を飲む為じゃいけないですかね? 春の醍醐寺へ行き、霊峰館へ行かなかった無知のアラックです。 ダイビングは友達や、ガイドさんと一緒に数人で撮影することがほとんどなのに、陸上写真は独りなわがままなんです、理由は、朝から御飯も食べずに夕方まで電車と歩きで撮り続けるから、皆さんに迷惑をかけるからです。
Commented by fukuyuminia at 2012-05-29 21:28
こんばんは☆
美しい新緑の風景を楽しませてもらってます♪
それに加えてなんとも素敵なお料理~!
いえ、お料理だけじゃなく器もお店の雰囲気もサイコーですね。
たーやさん、ナイスチョイス!
Commented by kirafune at 2012-05-29 22:34
♪寅次郎さん

7人の写真愛好家、名付けて
「カメラセブン」でした。
京都新緑ツアー、撮影会を楽しんできました。

5月26日(土)といえば、よく晴れた日でしたね。
向島散策や四つ木の荒川河川敷からスカイツリーも
ご覧になられたそうで。
ブログでもご紹介をとても楽しみにしております。
Commented by kirafune at 2012-05-29 22:40
♪むーみんさん

さすが、むーみんさん。
お目が高い。
水屋の器、かなりよさそなうものが入っていました。
こちらのお店の器はこだわりがあるのを感じましたよ。
ひとつひとつのお皿に、料理との
絶妙なハーモニーがありました。
嵯峨野のはずれ、鳥居本の
静かでおいしいレストランでした。
Commented by kirafune at 2012-05-29 22:44
♪アラックさん

朝から御飯も食べずに夕方まで電車と歩きで撮り続ける。
私も時々そういうことあります。
たまに・・・。
でも、やっぱりお腹が空くと、
お饅頭屋に駆け込んでしまうかも。
京都は甘味処だらけですものね~。
Commented by kirafune at 2012-05-29 22:49
♪ゆみさん

たーやさんに、みんなで心から感謝でした^^
ゆみさんも今度是非!
同じところを撮影していても、
ひとりひとり、撮るものや興味のありようが違い、
ほんと面白いですよ。
「なんで、そんなもんに目が行くの~?!」とか。
楽しい撮影会で、また再会したいですね。
Commented by うえっち at 2012-05-29 23:01 x
確かに美味しいものを静かにいただくのが美学的なところがありますが、黙ってはいられないですよね(^^;)
やっぱり美味しいものは、楽しくいただきたいものです♪
Commented by prado9991 at 2012-05-29 23:08
こんばんは
この日のお昼、凄く美味しそうです~。
地蔵院も木漏れ日を浴びて、凄く良い雰囲気ですね。
初日、参加できなかったので新鮮な気分で拝見させていただきました。
Commented by kwc_photo at 2012-05-29 23:44
あら~、渋い京都写真からの流れが、美味しいお料理に行き着く
とは、やられました~(笑)
いいところでお昼ごはんだったのですね。
おいしいものは、「おいしい!」と叫びながら食べるワタシは、
瞑想の境地までは行き着きそうにありません(^-^)
嵯峨野にはおいしい鰻屋さん(しかも関東風)もありますよ。
ぜひご賞味くださいね。
Commented by たーや at 2012-05-30 01:14 x
こんばんは♪
ついに登場ですね。
私は掲載しないので、皆様こちらで確認を(笑
美味しかったですね。そして、美しい食器の数々。
私の知り合いへの気配り、、、などなど。
思い出深いお店となりましたね。
Commented by limecafe at 2012-05-30 07:43
おはようございます。
3枚目の地蔵院の写真、お気に入りです^^。
この日のお昼も、美味しそうなコースですね!
たーやさんのお店選び、恐るべし。
Commented by photo0601 at 2012-05-30 08:43
Kirafuneさんのハートを掴んだ
ナイスなお店ですね~♪
流石 地元の方が選ぶお店は素敵です。
Commented by kirafune at 2012-05-30 22:46
♪うえっちさん

「おいしい、おいしい~!」って
ちょっとうるさいくらいでした。
反省・・・(汗)
Commented by kirafune at 2012-05-30 22:48
♪pradoさん

こんばんは!
地蔵院の木漏れ日、美しかったです。
鶯が鳴いていました。
奥に、撮影禁止ですが、
いい庭がありました。
Commented by kirafune at 2012-05-30 22:52
♪kwc_photoさん

あら~、写真渋いかしらん。
この間もそんなこと、言われたような・・・^^
いいところでお昼でした。
私も「おいしい!」と叫びながら食べましたよ♪
嵯峨野のおいしい鰻屋さんて、「廣川」さんですか?
いつも行列していますね。
今度、行ってみます。
Commented by kirafune at 2012-05-30 22:54
♪たーやさん

その節はお世話になりました。
いいお店に連れて行ってくださり、ありがとう^^
おいしかったですね。
また、お願いしま~す♪
Commented by kirafune at 2012-05-30 22:56
♪JINさん

観光客相手というより、地元の方々の
大切なお店という感じでした。
お料理に合わせた器もよかったです。
Commented by kirafune at 2012-05-30 22:58
♪アンジュさん

盛り沢山の内容の割に、リーズナブルでした。
大満足でしたyよ。
あっ、いけね、写友たちを東福寺に
待たせてあったのでした~^^
Commented by しずこ at 2012-05-31 08:01 x
新緑の間からの木漏れ日がいい感じですね~。
それに、お料理も美味しそう!
私は瞑想するどころか、写真撮るのも忘れて、
目の前の料理に飛びつき、
あーっと思うことしばしば(笑)
そう、美味しいものをいただいた時の幸せ感はたまりませんね。
Commented by kirafune at 2012-05-31 23:03
♪しずこさん

京都は、新緑もお料理も
おいしかったです。
京都があって、よかったな~^^
Commented by ログの大好きな徳さん at 2012-06-11 22:33 x
都会的なセンスが充満していて 眩しいほどです。
片田舎のログハウスは、ほったらかされて雑草に
埋もれています ♪
Commented by kirafune at 2012-06-12 07:30
♪徳さん

お久しぶりです。
ログハウス造りはのんびり気長に^^
お孫さんもかわいいし、楽しみがいろいろあって
いいですね。
<< 雪舟の庭 芬陀院 万緑の智積院 >>