雪舟の庭 芬陀院 sanpo

a0169902_7472795.jpg
暗がりから明るい庭をみつめた。




a0169902_7481233.jpg
緑の風が吹き渡る東福寺へ。

a0169902_7481991.jpg
その塔頭の一つ、雪舟の庭で知られる芬陀院(ふんだいん)を訪れた。
西側の庭は勾玉の手水鉢や、屑屋型石灯籠が置かれ、趣きがあった。

a0169902_7482550.jpg
重森三玲氏らによって復元された「鶴亀の庭」には、その昔、雪舟の立てた石が今も残る。

a0169902_7483164.jpg
静かな時間の中で、ウマスギゴケの海原が輝く波頭を見せていた。

a0169902_7483852.jpg
マイナスをプラスに変えるには、一体どうしたらいいのだろう。
暗い方から明るい方へ。
画聖・雪舟の目指すところに思いを馳せた。

(撮影5月19日)

芬陀院
京都市東山区本町15丁目803東福寺山内
電話:075-541-1761
拝観:9:00~17:00(冬期は9:00~16:00)
料金:300円
交通:京阪/JR「東福寺」駅下車後 徒歩約15分
by kirafune | 2012-05-30 07:53 | 京都 | Trackback(3) | Comments(30)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/15446280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from たーやのBlog~人生、.. at 2012-05-31 00:46
タイトル : プロジェクト第五章
カメラ7が向かった次なる場所。... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-06-03 17:49
タイトル : 東福寺「洗耳泉庭園」/京都(2012春)
東福寺?/京都(2012春) 通天橋を遠くに眺め、眼前に広がる紅葉の名所は、季節を変えても新緑の名所です東福寺に近い饅頭屋のオヤジさんが以前、長年ここに住んでいて、紅葉の季節もいいけど、新緑の季節の方が僕は好きだと言ったことを憶えている。少し雨に打たれた...... more
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-06-13 00:25
タイトル : 重森三玲の庭シリーズ・雪舟寺庭園(東福寺塔頭・芬陀院)
東福寺の喧騒から少し離れるだけで、こんなに静かな空間が楽しめます。 (※6月2日撮影) 入口では二色のサツキがお出迎え。 こちらの手水鉢には、いつもお花の気遣いがあって大好きです。 さて、お庭を楽しみましょう。 南庭のこの石組みは、亀を表しています。もう一つの石組みと合わせて「鶴亀の庭」と呼ばれています。 誰もいない空間を独り占め。 障子の持ち手に挟み込まれた植物にも注目。 サツキがあちこちでそっと顔を出してくれます。 ...... more
Commented by wwmc at 2012-05-30 08:07
うう、自分の撮ってきたのよりもすべてのカットで素晴らしいです。
あーあ、せっかくハズカシイ恰好して撮ったのになあ...はっ(・ ・!)
こ、これはTopSecretだった...

キャプションにも感じ入りました。shu
Commented by しなこじ at 2012-05-30 08:18 x
おはようございます!
東福寺の通天橋と新緑は紅葉時とは違う趣でまたいいですね~
分陀院の庭は素晴らしいです、苔が美しい季節ですね訪れたいです。
Commented by photo0601 at 2012-05-30 08:33
おはようございます。
重森三玲氏のお庭は 心打たれるものがあります。
部屋の中から外を写したお写真素敵ですね。
どこに測光するか すごく難しいと思うのですが
落ち着いた露出で 見ていて癒されます。
Commented by sky-yy at 2012-05-30 11:30
地元たーやさんの粋なおもてなしと京都通のkirafuneさんがタッグを組めば
敵う者なしですね!(^^)!
ステキなプロローグで始まった京都新緑シリーズ、楽しませていただいてます♪
機材もバージョンアップしたみたいでkirafuneさんの腕も更に磨きがかかってるようだと
素人の私でも感じるくらいです。
清々しい初夏の古都、ステキですね~
Commented by zuboratarou at 2012-05-30 13:15 x
ご無沙汰しています。
新緑の京都の素晴らしい写真をを拝見していて、私も久しぶりに京都へ行きたくなりました。
蕎麦でも食べに行ってこようかな。
京都で蕎麦というのもおかしいですが・・・^^
Commented by ミニミニ放送局 at 2012-05-30 16:25 x
しっとりとした落ち着ける情緒のある庭ですね。
丸窓の新緑がとっても瑞々しい。
著名な作家の写真集を見ているようで心洗われます。
Commented by deepseasons at 2012-05-30 20:25
こんばんは~。
いつの間にか、どんどん京都シリーズが繰り広がれているんですね。
地蔵院、そして芬陀院ですか・・・ 渋い選択に渋い画像です。
Commented by arak_okano at 2012-05-30 21:22
雲母船さんの作品を見ると、ものすごく 参考になります。
師匠です。
でも、真似をしようと思っても全く無理なのは分かっています。
今日もバグースをありがとうございます。
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:20
♪shuさん

本当は、全世界に向けて、佐藤浩市似のshuさんの
楽しい撮影姿を私も出したかったのですよ~。
その場合、テキスト、ちょっと変えないとね^^
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:21
♪しなこじさん

こんばんは!
秋は東福寺の駅から境内までずうっと、
長蛇の人・ひと・人らしいですね。
そんな混雑が想像もできないほど、
こちらのお寺さんは人も少なく、静かでした。
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:25
♪アンジュさん

重森三玲さんが復元修理した雪舟の庭は
往年の俤を残しているそうです。
枯山水の庭は、渋くていいですね~。
心が洗われました。
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:27
♪skyさん

ええ~!
skyさんにそんなに言ってもらって、恥ずかしい~です。
ありがとうございます。
京都新緑シリーズ、見てくださり、嬉しいです。
まだ、もうちょっと続きます。
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:29
♪ずぼら太郎さん

こちらこそ、ご無沙汰しています。
お蕎麦、お好きですか?
京都のお蕎麦やさん、少ないですが、
おいしいところ、ありますね。
京都で写真を撮りつつ、美味い蕎麦を食す。
もう、最高ですね^^
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:31
♪ミニミニさん

いつもありがとうございます!
こちらのお寺さんの窓、
我が家にも欲しいなと思いました^^
その前に苔を植えないと。
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:35
♪アラックさん

何をおっしゃいますか~。
アラックさんなら、もっといい絵を活写されますよ~、きっと。
こちらのお庭は静かで、おすすめの場所です。
自分がうるさくしなけりゃ。
(って、私が一番、興奮してうるかったのですが)
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:42
♪deepseasonsさん

渋いですか?
渋好みです。
京都シリーズ、しばらく続きます。
またよろしくお願いします。
Commented by うえっち at 2012-05-30 23:42 x
新緑が絵画や掛け軸のようで、素晴らしいですね♪
京都に行きたくなりました(^-^)
Commented by kirafune at 2012-05-30 23:44
♪うえっちさん

そういわれてみれば、掛け軸に見えてきました。
私も京都にまた行きたいです^^
Commented by kwc_photo at 2012-05-30 23:51
芬陀院は落ち着いてていいですよね。
今年は雪の時にもおじゃましました。なにせ「雪舟寺」ですから(笑)
秋も、お隣の東福寺がヤンヤの人出の時に、とても静かにいられますからね~。
障子の取手に、松葉やモミジなど、いろいろなものを挟み込んで
おられるセンスがいつも好きで、撮っちゃいます(^-^)。

マイナスをプラスに・・・なるほど。
深いですね。うん。
絵を描く人が、お庭を愛でるお部屋を作ると、光の芸術とあいまみえて
素晴らしいものが出来上がるのでしょうね。
Commented by たーや at 2012-05-31 01:03 x
こんばんは♪
芬陀院での雲母舟さんを思い出します。
ここは行って良かったですね。
ちょうど人も少なくて、撮りたい放題!
ここの楽しみ方は、こういうことなんです。
Commented by しずこ at 2012-05-31 08:12 x
以前、東福寺に行った時にふらりと立ち寄ったのがこちらでした。
とても落ち着いた雰囲気で、のんびりし過ぎて、慌てて帰ったこと思い出しました^^;

雪舟が作った庭園は山口にもありますね。
Commented by kirafune at 2012-05-31 23:16
♪kwc_photoさん

雪の芬陀院に行かれたとは、また風流ですね。
秋の大混雑する東福寺を尻目に
芬陀院で静かに時を過ごす。
粋ですね~。
障子の取手に、松葉やモミジの挟み込み、
自分の家の敗れ障子でも真似したいと思いました。
マイナスをプラスに!
Commented by kirafune at 2012-05-31 23:19
♪たーやさん

ほんと、ありがとう!
ここ、行って良かったです。
芬陀院でハートふんだくられた~^^
Commented by kirafune at 2012-05-31 23:21
♪しずこさん

しずこさんも、行かれたことあるのですね。
私は、こちらは初めてでした。
すごくよかったです。
山口の雪舟庭園も行ったことあります。
雪舟って、画家だけに、絵心ありますね。
Commented by teko-0411 at 2012-06-01 23:40
雲母舟さん、またまたこんばんは!

お写真を拝見して、芬陀院での雲母舟ワールド炸裂ぶりが、昨日のことのように甦ってきました(笑)

4枚目のお写真、紅葉の障子にばっちりフォーカスきてますね!
私もチャレンジしたんですが、なかなか上手く撮れませんでした。
Commented by kirafune at 2012-06-03 09:03
♪tekoちゃん

おはようございます!
あまり素敵なところなので、つい興奮して、
静かな芬陀院が、興奮だ院になってしまいました。
障子のもみじ葉も、美しかったですね^^
Commented by zeiss1221 at 2012-06-03 20:36
おぉ~、所謂ひとつの「額縁効果」ってぇヤツですな。
いいもんですねぇ。
何だか私も行きたくなってきたゾ♪
Commented by Reckless.p at 2012-06-03 23:40 x
こんばんは!
本当の光の美しさは、闇の中から見るから感じることができるのかもしれませんね。
新緑の京もこんなに美しいのですね^^
芬陀院、行ってみたくなりました。
Commented by kirafune at 2012-06-05 08:05
♪zeissさん

「額縁効果」が沢山ありました。
zeissさんが行かれたら、もっと
素晴らしい絵が撮れると思いますよ^^
Commented by kirafune at 2012-06-05 08:06
♪Reckless.pさん

おはようございます!
桜もいいけれど、
新緑の京も、おすすめですよ~。
<< 虹の苔寺 光明院 竹の寺から「遊山」へ >>