山手西洋館の光と影

a0169902_0414188.jpg
思い出は光と影の間を彷徨っていた。



a0169902_042052.jpg
「あかいくつ」号が走る、横浜は山手の西洋館界隈で

a0169902_042832.jpg
ひときわ大きな館、スパニッシュなベーリック・ホールへ。

a0169902_0421518.jpg
人生には必ず、岐路がある。

a0169902_0422330.jpg
最近、男と別れた女友達が言った。

a0169902_0423194.jpg
しんと静まり返った部屋って、やっぱりさみしいものね。

a0169902_042408.jpg
いいことよりも、辛いことの方が多かった気がする。

a0169902_042467.jpg
「ねえ、彼もそんなに悪い人ではなかったと思うよ」
私がそう言うと、彼女は急にぽろりと涙を流した。

a0169902_0425645.jpg
窓から見える景色がちょっと変わっただけよ、きっと。

a0169902_043386.jpg
新しい光射す扉を開けて、さあ、外へ出かけましょう。

ベーリック・ホール
横浜市中区山手町72
電話:045-663-5685
開館:9:30~17:00
休み:第2水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12/29~1/3)
料金:無料
交通:JR「石川町」駅、私鉄「元町・中華街」駅下車後徒歩20分
by kirafune | 2012-07-05 01:12 | きらきら | Trackback(2) | Comments(28)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/15699765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-07-07 08:45
タイトル : 山手資料館〜山手234館
今まで何度となく外国人墓地あたりを散歩したことはありましたが、その先まで行くことはなく、元町の方に下りてました。でも、今回は少し先まで歩いてみることにしましたそうすると、色んな新しい発見がありましたよ〜 山手資料館 ここはシャクナゲの赤がとても綺麗で...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-07-07 08:46
タイトル : 山手外国人墓地
山手外国人墓地   外国人墓地の中に入れることを実は知らなかったんです。前を通りかかったら200円の募金で限定されたコースですが見学できます。さすがに様々な形のお墓があrのですが、写真は遠慮しておきました。 資料館             あのラン...... more
Commented by WWMC at 2012-07-05 05:06
昭和初期には日本でスペイン風建築のブームがあったんだと
いうことを、実は、つい最近私も知りました。自分の写真を
撮ってきたあとでね。この素敵な変形の窓は、JINさんちで
拝見して、すずかめらさんちで拝見して、そしてkiraさんの。
みんな驚くほどに違った雰囲気で面白いなあ。一枚目の光線も
素晴らしいです。

何事にも光と影はあるけれど、できるだけ光を見て歩けると
いいですね。
Commented by kirafune at 2012-07-05 07:00
♪shuさん

疑問に思ったり、興味を感じたら
すぐ調べる。
調べて自分のものにするshuさん。
見習いたいです。
何事にも光と影はあるけれど、
できるだけ光を見て歩けると。。。
shuさんに私のメッセージが
確実に伝わって、嬉しいです^^
Commented by foto_k at 2012-07-05 07:47
雲母舟さん、おはようございます。

あぁ!びっくり!!
僕の家が紹介されてるー!って思わず勘違い。

すいません、ウソです。
ちょっと言ってみたかっただけなんです。
こんなお家住んだらお掃除大変...っちゅうて現実的。

1枚目の射し込む光、4枚目の花光配分が良いな~。
最後から2枚目の窓、こんなカタチの窓を取り入れるセンスって凄い。
窓から見る景色は、その日の気分によってずいぶん違って見えますよね。
...的外れかなぁ(^^;

Commented by a_puran at 2012-07-05 12:30
ここを訪れた時にそのようなお話があり、そして佇まれて。。。
いろいろな思いが交錯しそうですね。
窓から見える景色が変わって見えた時。。。
今の私に、なんだか染み入りました。
、、、なんてほどセンチメンタルではありませんが(^^ゞ
ラストの写真の扉から、出かけてみたい気分です。

Commented by アラック at 2012-07-05 19:36 x
洋館の光と影、お見事バグースですね、中に入れる建物もあるのですね。私はいつも港未来地区を散策してから中華街のコースです。
Commented by fiat_lux at 2012-07-05 21:36
ベーリック・ホール、すずさんの写真展にお邪魔した帰りに
通りましたが、嵐が近付いていたので(笑)中に入れませんでした。
光溢れる明るい室内、窓枠や調度品のデザイン等、とても素敵ですよね。
そんな光景に絡めたkirafuneさんのテキストがまた秀逸です♪
Commented by y_merry at 2012-07-06 00:33
ほぉ~こちらの中はこんな感じになっているんですね
お隣のエリックさんちまでは行ったのですが、
時間の都合でベーリック・ホールまでは行かれなかったんです。
山手西洋館の周辺は撮影ポイントがたくさんありますよね
Commented by kirafune at 2012-07-06 06:10
♪Kさん

おはようございます!
Kさんのお宅にそっくりでしたか~。
ラテン系だとは思っていました。
やっぱりね^^
お掃除が毎日大変でしょう?
四角いところをまあるく掃くのでよければ、
今度お手伝いにいきますので^^

窓から見る景色は、その日の気分によって
ずいぶん違って見える。
そういう感性を持っていたいなあと思います。
Commented by kirafune at 2012-07-06 06:15
♪a_puranさん

いろいろな思いが交錯する
光と影の館でした。
家にこもっていないで、
明るい外に出掛けてみれば
何か新しい発見や出会いがあると思うのです。
雨上がりに出掛けてみよう!
おっと、北海道には梅雨がないのですよね。
Commented by kirafune at 2012-07-06 06:17
♪アラックさん

みなとみらいから中華街へのコースも、
わくわく魅力的ですね。
行きつけのおいしいお店があるのですか?
今度教えてくださいね~。
Commented by kirafune at 2012-07-06 06:20
♪fiat_luxさん

fiat_luxさんも、ベーリック・ホールに行かれましたか。
私も、すずさんの写真展にお邪魔した帰りに寄りました。
あの嵐の日!
よく、お出かけされましたね~^^
その姿勢が凄い。
Commented by kirafune at 2012-07-06 06:23
♪merryさん

お隣のエリックさんちもこの日行きましたよ~。
横浜山手の西洋館巡りは、ほんと楽しいですね。
おいしいものにもありつけるし。
横浜LOVEです♪
Commented by しずこ at 2012-07-06 07:28 x
おはようございます。
1枚目の光と影が素敵ですね~。遠近感に引き込まれそう!?
山手西洋館も懐かしい風景でした。また行きたいです!
お友達、辛い別れがあったのですね。
辛い思い出は時が経つと薄れ、楽しい思い出は膨らんでいく…そんな気がしています。
Commented by borderlines at 2012-07-06 19:56
横浜は何度か行ったことがありますが、山手の西洋館界隈は一
度も行ってない私です。
「その空間に光が差し込んでいるとき、その光があたって明るく輝
いている床のすぐ隣の部分に一番暗くて深い陰が存在するはず
だ。」と私の絵の師匠が申していたのを思い出して一枚目をじっく
り見ちゃいました。う~ん、確かにそうなってる。(^^)
Commented by deepseasons at 2012-07-06 23:10
こんばんは~。
どれも素晴しい写真ばかりですが、やはり、最初の長く伸びる
スタンドの影が最高です。 哀愁を感じる一枚です。
夕暮れ時の撮影かなあ~。 
Commented by sky-yy at 2012-07-07 00:44
異国情緒たっぷりの山手界隈はとても魅力的ですよね。
洋館の造りひとつひとつがニクイほどお洒落♪
kurafuneさんのステキな切り取り方で一層輝いています。
故郷、神戸を思い出しました(^-^)
Commented by kirafune at 2012-07-07 06:55
♪しずこさん

おはようございます!
光には影がつきものですね。
両方あるから、それぞれが
引き立つのでしょうか。
光ばかりでも白けちゃうし、
影ばかりでも暗い気分。
光と影を知っている、
そんな大人が魅力的^^
Commented by kirafune at 2012-07-07 06:58
♪魔術師さん

さすがに、絵の師匠は
含蓄のあるお言葉を与えてくれますね。
そういうお話、もっと聞きた~い。
横浜・山手界隈は、写欲のうずく街ですよ。
魔術師さんも次回は是非、西洋館巡りを♪
Commented by kirafune at 2012-07-07 07:01
♪deepseasonsさん

ありがとうございます。
deepseasonsさん、鋭い!
確かにこのとき、夕暮れ時が迫っていました。
部屋の床に伸びた窓の影を見たとき、
これを撮らないで何を撮る?!
と思いました。
影の撮影も面白いですね。
Commented by kirafune at 2012-07-07 07:04
♪skyさん

skyさんの故郷は港町神戸なのですね~。
神戸と横浜、どこか似ています。
両方とも異国情緒があって、
訪れる人をエトランゼ気分にさせてくれる
素敵な街ですね。
skyさんの撮る故郷神戸も
いつか見せてくださいね。
Commented by limecafe at 2012-07-07 08:15
おはようございます。
ベーリックホール、また行かれたんですね~^^。
窓から見える景色、変わってましたか~。
ステキな写真を見て、私も行きたくなりましたぁ!
Commented by kirafune at 2012-07-07 08:33
♪JINさん

おはようございます!
これ、4月の写真なんです。
なので、だははは^^
窓から見える景色は・・・。
また、行きたいですね~、横浜。
Commented by cyaz at 2012-07-07 08:51 x
kirafuneさん、おはようございます^^

横浜も神戸も洋館が似合う港町という意味では共通していますね!
でも、それぞれ持ち備えている風情は違うと思います。
学生の頃はよく神戸に行きましたよ。
“光と影”、日本家屋ではなかなかいい味わいがだせないですが、
こと洋館だと不思議に魅力的感じます。
外人墓地の資料館のそれもいい雰囲気です^^
Commented by photo0601 at 2012-07-07 12:14
う~ん♪今日は 大人のラブストーリーですね。
ちょっとほろ苦い思い出が 写真達を引き立てます。
1枚目のお写真に グッときました。
光と影 素晴らしいです。
Commented by kirafune at 2012-07-08 10:12
♪cyazさん

おはようございます!
よく神戸に行かれたそうで、
横浜との違いがわかって、
それも面白いですね。
外人墓地の資料館の中に入れるとは
知りませんでした。
お墓にカメラを向けるのはちょっと勇気いりますが、
外人墓地だと、横浜の風景と相まって
なんだか絵になりますね。
お墓といえば、私は東京下町のとあるお寺さんで
お墓とスカイツリーのコラボを撮ったことあります。
ご先祖さまもびっくりのタワーかなと^^
Commented by kirafune at 2012-07-08 10:13
♪アンジュさん

ありがとうございます。
写真に光は重要ですね。
思い出が写真を引き立てる。
そのコメントにぐっときました^^
Commented by teko-0411 at 2012-07-09 19:07
雲母舟さん、こんにちは。

1枚目の写真の光と影の描写が美しい!
そして、5枚目の写真もストーリー性が感じられて好きです。

大切な人との別れを経験した時、この記事を読みに来ます。
絶対、元気をもらえそう!
Commented by kirafune at 2012-07-10 06:46
♪tekoちゃん

おはようございます!
光と影。
相反するものが同居する空間には
なぜかさまざまなストーリーが思い浮かびます。
tekoちゃん、大切な人との別れは、
ないに越したことないですよ!
<< 唐長便り 『きらら』 錦糸町の「イル チェルカトーレ」 >>