廬山寺の源氏庭

a0169902_95343.jpg
夢のうちで、紫の君が咲いていた。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_964761.jpg
紫式部が「源氏物語」を執筆した邸宅址に建つ廬山寺さん。

a0169902_963662.jpg
「源氏庭」と呼ばれる平安朝の庭で、夏は紫の桔梗が咲いている。

a0169902_971231.jpg
見てもまた 逢ふ夜まれなる 夢のうちに

a0169902_965445.jpg
やがて紛るる 我身ともがな (紫式部 『源氏物語』 第5帖「若紫より」)

a0169902_972977.jpg
たとえ今夜みたいに逢うことが出来たとしても、次に逢うのはいつとも知れぬ夢のような逢瀬。

a0169902_971159.jpg
それなら、そんな夢の逢瀬の中にこのまま消え入りたい私です。

a0169902_975188.jpg
紫式部はその邸宅址でも、私たちに夏の夢を見せてくれた。

(撮影7月15日)

廬山寺
京都市上京区寺町通広小路上る北之辺町397
電話:075-231-0355
参拝:午前9時~午後4時
料金:大人500円 小人400円
休み:1月1日・2月1日~2月11日・12月31日
交通:京阪 鴨東線「出町柳」より徒歩15分/市バス「府立医大病院前」より徒歩3分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-08-04 09:28 | 京都 | Trackback(4) | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/15906171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2012-08-04 09:58
タイトル : 桔梗だより(廬山寺)
桔梗とコケの美しいお庭。 廬山寺の桔梗が見頃となりました。 雨降りだったので、コケがイキイキ。 いい緑色でした。 雨のせいか、他に観光客もおらず。 静かにお庭の桔梗たちと向かい合う。 苔の島には、たくさんのお星様。 今日の七夕は、どうも曇り空ですが・・・ ここのお星様たちは綺麗にお顔を見せてくれていました。 キラキラお星様。 この花の形、好きなんですよね~。 たくさんの蕾。 まだしばらく楽しめそうですよね。 ...... more
Tracked from Deep Season  at 2012-08-04 16:19
タイトル : 廬山寺の桔梗
 桔梗が咲く源氏庭  厳かな気持ちになる玄関口、  本堂前の源氏庭に向かう。  白砂と苔の庭に桔梗が咲く。  庭に降りる事は許されていなく、手の伸びして撮ってみた。  本来なら、一番奥に見える黒い門が庭の前である。  当地には紫式部邸宅があったとされ、  源氏物語もここで書かれたそうだ。  源氏物語に出てくる朝顔(※1)の花は、今の桔梗のことで  紫式部にちなみ、夏に紫の桔梗が  静かに庭に咲く。  寺の方の許可をもらい、室内から撮らせ...... more
Tracked from walk with my.. at 2012-08-04 23:12
タイトル : 夏にむらさき
京都の達人:Tさん のナビで、教えられるがままに走って到着した京都市内のお寺:廬山寺。 その庭園には訪れた人誰しもがおもわず声を上げてしまう光景がひろがっておりました。 「うわぁきれい...」* PhotoClickで拡大 *入ってこられた人はみな異口同音にこうつぶやいたあと、 しーんとした雰囲気にのまれつつ、そーっとお庭に面した縁側に腰掛けます。そして、青空のもとにひろがる緑と紫の世界にじっと浸っていくのです。 黒光りしたまっすぐな広い廊下をときおり夏の涼風がすー...... more
Tracked from たーやのBlog~人生、.. at 2012-08-19 06:29
タイトル : 桔梗の花、京都遍路、総清算!
こんばんは♪ とうとうこの日がやってきました。 掲載出来なかった過去の写真を、何とかして掲載する日が(笑... more
Commented by kwc_photo at 2012-08-04 09:58
廬山寺の桔梗、よかったですよね~。
今年は京都の桔梗の有名なお庭の中でも、一番良かったのでは
ないかと思います。

緑の苔庭に、さわやかな藍色。
爽やかな真夏の夜の夢、ですね(^-^)。

T.B.させて頂きますね。よろしくお願いいたします。
Commented by うえっち at 2012-08-04 10:37 x
素晴らしいお庭ですね。
紫式部に思いをはせながら桔梗を眺める、いいですねぇ♪
Commented by deepseasons at 2012-08-04 16:27
暑苦しい日々が続く中、青い桔梗が爽やかですね。
今年はどこよりキレイだといろんな方から薦められたのですが、
行く事ができませんでした。 やっぱり少し残念です。
去年に撮ったものですが、わざわざT.B.いただき感謝します。
すごく気に入っている写真ですので、こちらからもT.B.させて
いただきますので、よろしくお願いします。
Commented by zeiss1221 at 2012-08-04 21:41
ほぉ、これはまた涼やかな・・・
なかなか風情のある庭ですね。
何も考えずにずーっと座っていたい感じです。

しかし、毎日暑いですね。
ですから、今日は高原へ行って来ました。
折角涼しい場所へ行ったのに、大砲のようなレンズを
抱えていたから大汗をかいてしまいますた~(笑)
Commented by arak_okano at 2012-08-04 22:11
アラックです。
1枚目、白砂利もぼかす雲母舟さんの腕と、
人たちのシルエットも見事に取り込む感性に
バグースですね。
Commented by fiat_lux at 2012-08-05 06:44
kirafuneさん、おはようございます。
源氏物語が執筆された邸宅址なのですか。
すらりと伸びた桔梗の花々がとても涼しげです。
紫式部の頃から、夏はこうして、暑い京を涼しく彩っていたのでしょうか。

それにしても暑いので^^、どうぞ夏バテにはご注意下さい!
Commented by foto_k at 2012-08-05 08:43
雲母舟さん、おはようございます。

この咲き具合が魅力的♪
3枚目の深度と7枚目の姿がたまらないですねー。
色あいも良い感じなんですよ、これが。

爽やかな気分になりました(^^)

Commented by kirafune at 2012-08-05 09:06
♪katsuさん

久々に訪れた廬山寺の桔梗、よかったです^^
katsuさんは京都の桔梗の有名なお庭を
いろいろご覧になっていますものね。
その中でも、ここが一番良かった
というお言葉に説得力があります。
外の暑さを忘れるような
正に、真夏の夜の夢でした。
T.B.ありがとうございました♪
Commented by kirafune at 2012-08-05 09:09
♪うえっちさん

白砂に緑の苔、紫の花。
素晴らしいお庭でした。
紫式部がここで「源氏物語」を
書いたのだなあと思いながら
お庭を眺めると、感慨もひとしおでした。
Commented by kirafune at 2012-08-05 09:13
♪deepseasonsさん

以前の記事が素晴らしかったので
TBさせていただきました。
こちらにも、ありがとうございます^^
deepseasonsさんは、毎年行かれていたように
思っていたのですが、今年はまだだったのですね。
取材されていた八朔の芸舞妓さんの様子、
うっとりでした~。
Commented by kirafune at 2012-08-05 09:15
♪zeissさん

暑いときには、高原か桔梗に限りますね^^
それにしても、あの大砲レンズ、重そう。
持って行くだけでも、ひと汗かきますね。
凄いの買ってしまいましたね~(笑)
これからますます楽しみです♪
Commented by kirafune at 2012-08-05 09:17
♪アラックさん

バリ島からのコメント、ありがとうございます!
エンジョイされていますか?
日本は暑いですよ~。
楽しんできてくださいね。
Commented by kirafune at 2012-08-05 09:23
♪fiat_luxさん

おはようございます!
こちらのお寺さんは、
紫式部が一生の大部分を過ごした
邸宅址に建てられたそうです。
ここで、紫式部が子育てをしながら
源氏物語を執筆したと思うと
紫の桔梗が式部に見えたり、
物語の登場人物、紫の君に見えたり。
tanokamiのある場所は、
庇がなさそうです。
fiat_luxさんも、ご自愛くださいね。
Commented by kirafune at 2012-08-05 09:26
♪Kさん

おはようございます!
関西はもの凄く暑いらしいですね。
廬山寺の桔梗で爽やかな気分に
なってもらえて、嬉しいです。
暑さに負けず、この夏を楽しみたいです。
撮影時、熱中症にご注意くださいね。
Commented by fukuyuminia at 2012-08-05 09:50
おはようございます!
鮮やかな色と凛とした佇まいが美しいですね。
爽やかな風がお庭を吹きぬけているようです。
情緒ある素晴らしい場所ですね。
Commented by y_merry at 2012-08-05 14:16
白い石が敷き詰められた平安朝の庭の中、
紫の花を凛と咲かせる桔梗が爽やかでいいですね
紫式部もこんな景色をみながら源氏物語を執筆したのでしょうか?

このところ、皆さんの京都奈良紀行に触発され気分はすっかり
行く気になっているのですが、やっぱり8月は暑いですかね?
Commented by kirafune at 2012-08-05 22:19
ゆみさん

こんばんは!
昨夜はいたばし花火大会に行かれたのですね~。
間近で見る大きな花火は感動的ですね。
また、ブログの記事を楽しみにしていま~す♪
Commented by kirafune at 2012-08-05 22:23
♪merryさん

紫式部の時代は「桔梗」といえば
今の朝顔のことだったらしいですね。
紫式部はどんなお庭を見ながら
物語を書いていたのでしょうね。
廬山寺さんのお庭のようだったらと
夢見るように想像したくなります。
やっぱり8月の京都旅行は
正気の沙汰ではないですね。
暑いなんてもんじゃあ・・・。
私は時々行きますが^^
Commented by sky-yy at 2012-08-05 22:56
このところの挨拶はもっぱら「暑いですね~」
そんな中でとても爽やかな涼やかな気分に浸れました(^^ゞ
実際は汗だくで撮影されたのでしょうけど(笑)
無理してでも神戸の帰りに京都に寄れば良かったと思うばかりです。

来週お会い出来るのを楽しみにしています(*^^*)
Commented by ログの大好きな徳さん at 2012-08-06 04:52 x
こんな素敵なお寺さんがある事さえ知らない徳さんです。
もっと調べてから京都巡りをなければ・・・。
歴史ある京都には、宝が沢山あるんですね。
表面だけ見て 京都を巡ったことを恥じ入るばかりです。
Commented by kirafune at 2012-08-06 07:02
♪skyさん

あはは。
実際、汗だくでした~(笑)
skyさんの神戸、素敵でした。
いたばしの花火大会も、きっと
凄いのが撮れましたね(*^^*)
久しぶりにお会いできるのを
私も楽しみにしています♪
Commented by kirafune at 2012-08-06 07:04
♪徳さん

夏は咲いている花の種類がそんなにないので
こちらのお寺さんは注目です。
もし、真夏に京都へ行かれることがありましたら、
是非に~。
暑い京都で涼しさを体感できますよ。
Commented by mama-mumin at 2012-08-09 19:23
kirafuneさん、こんばんは。
廬山時は桔梗の季節に行きたいと思いつつ未だかなわず。
良いときに行かれてますね。
桔梗の花も咲きそろってとても綺麗です。
蒸し暑い夏の京都のはずなのに涼やかな風が吹いてきそうです(^^)
Commented by kirafune at 2012-08-10 06:59
♪むーみんさん

おはようございます!
今年の京都の桔梗は
通にいわせると、ここ廬山寺さんが
一番きれいに咲き揃っていたそうですよ。
京都の夏は暑いだけに、
涼しさを感じさせる工夫が
随所に見られて、感じがいいですね。

むーみんさんの東京ウォッチも
楽しく拝見させていただいております。
<< 夏の直指庵 萬福寺で心静即身涼 >>