雷鳥沢の風景

a0169902_6542640.jpg
雷鳥沢からの帰り道、たっぷりと毒を含んだ風景が広がっていた。



a0169902_655493.jpg
雷鳥沢往復コースを巡れば、点在する「血の池」の赤に驚く。

a0169902_6545927.jpg
水深1mの「りんどう池」が空を映していた。

a0169902_6552580.jpg
そして、地獄谷の方から、むせるような有毒ガスが上がってきた。

a0169902_6551589.jpg
強烈なガスによって、浄土沢の草木は赤茶けた色に変色している。
倒れた枝さえも、白い骨のように見えた。

a0169902_6554214.jpg
人間は自然の中でちっぽけな存在に過ぎない。

a0169902_6553283.jpg
ところが大胆にも、有史以来この方、人は毒に囲まれ、毒に触れながら生きてきた。
酒、煙草、お茶、毒ガスに毒舌・・・。

a0169902_656586.jpg
有毒ガスが風に乗って棚引く中、背後の雄山・大汝山・富士折立の立山三山が聳え立つ。
その上には、ドクロのような雲が浮かんでいた。
「毒のない人生なんて、味気なくてお気の毒」
と、ドクロが言ったか言わないかは、定かではない。

(撮影8月21日)

立山町観光協会

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-09-14 06:59 | きらきら | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/16190000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 寅次郎 at 2012-09-14 10:31 x
立山縦走。素敵な写真を沢山とりましたね。
今回も青い空と白い雲が印象的です。

寅次郎は「酒」と言う毒の虜になって困っています(^^)
また自身の川柳にこんなのもあります。

毒のない人と言われて平社員

毒も持ち合わせていないと指導者にはなれないようです。
Commented by WWMC at 2012-09-14 20:45
いつもに増してkirafuneさんのユニークな視点に感心。
後ろから2枚目の1:1は、光の加減も構図も素晴らしい
ですね。対峙するふたつの自然が見事に表現されてるように
感じられます。
Commented by hitatinotono at 2012-09-14 21:49
凄い情景ですね!!
3,4,5,7・・・マスクして行きたいです(^^。
Commented by kirafune at 2012-09-15 08:08
♪寅次郎さん

びっくりするくらい、立山滞在中は
ずっと晴れていました。

面白い川柳のご紹介を
ありがとうございます!
毒の全くない人というのも、
つまらないですね~。
なくて七癖と言いますからね。
でも、発する言葉が全部
毒舌というのもきつい。
世の中には、リーダーも平社員も必要。
それぞれの役目がありますよね。
リーダーは毒を要所要所で吐いてほしいし、
いい人といわれる平社員には
ごくごくたまに、思わぬところで毒をぼそりと吐いて
周囲をドキッとさせてほしいです^^
Commented by kirafune at 2012-09-15 08:11
♪shuさん

地獄谷から上がってくるガスが喉にきつくて
死ぬかと思いました。
げほげほ咳をしながら、撮りました。
草木がガスで真っ赤になっている光景にぞくっと。
空を見れば、どくろがいるし^^
我が家の娘の耳にもピアスのどくろがいます。
そっちの方が怖い(笑)
Commented by kirafune at 2012-09-15 08:14
♪hitatinotonoさん

地獄谷の遊歩道は、今、立ち入り禁止になっていました。
あのガスは危険を感じましたよ。
確かに、マスクがいりますね。
でも、温泉の質はすごくよかったです。
美肌効果あり!
Commented by kwc_photo at 2012-09-15 19:07
そうですか~。毒ガスが出ているのですね。
綺麗な光景にも、そういう背景があるとは。
やっぱり山は舐めてはいけませんね。
血の池も真っ赤っ赤。
紅葉が綺麗・・・と思いきや、ガスにやられているのですか。
自然の美しさと厳しさの両面を味わった写真ですね。
Commented by foto_k at 2012-09-15 21:00
雲母舟さん、こんばんは。

理由は何であれ自然が作り出す"色"の饗宴は素晴らしいですね!
身近に自然の驚異をも感じれるところなのだと知ることができました。
周辺光量の落ちる1枚目の広角、こんな写真が大好物でございます。
スペシャルな絶景^^
ドクロはめっちゃ苦手だけど、最後の画は凄いなぁ。
パッと見て直ぐに判った!
ドクロさんには悪い(?)けど、綺麗な雲と青空ですね(^^)

Commented by prado9991 at 2012-09-15 21:31
こんばんは
1枚目、雲の様子が素晴らしいですね。
広角で切り取られた構図も抜群です。
過酷な環境でも植物は頑張っているのですよね、人間もこの住みにくい現代、頑張らなくっちゃ。
Commented by deepseasons at 2012-09-15 22:51
こんばんは~
流石に高山、すでに紅葉前線が来てると思ったら、そういう事
だったですね。 でも赤と青の相反対する色のコントラストが
キレイですね。 やはり、毒あるものは美しいという事ですか・・・
Commented by sky-yy at 2012-09-16 00:39
素晴らしい風景が続きますね(^o^)
下界で観る空や雲とはスケールが違います。
危険と隣り合わせなだけに緊張感が伝わってきます。
色鮮やかな「毒キノコ」思い浮かべてしまいました(笑)
Commented by うえっち at 2012-09-16 01:17 x
雷鳥沢ってあるんですね!
真夏でも標高の高いところは、秋のくるのが早いですね((^^;)
Commented by youpv at 2012-09-16 06:15
おはようごさいます。
危険な空間と隣合わせになりますが、
広がる素晴らしい風景を眺めたくなりますね(^^)
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:38
♪katsuさん

毒ガス攻勢が結構きつかったです。
血の池の赤は、鉄らしいですね。
すぐそばのリンドウ池は、水深1mで
底の石まで綺麗に澄んで見えました。
普段見慣れない光景が広がっていました。
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:40
♪Kさん

どくろさん、すぐわかっちゃいましたか~。
私は撮っているときはわからなかったのですが、
あとで気づきました。
今回、山の写真を撮ろうと
超広角レンズというのを持っていきました。
広い空に雲が出ていて、嬉しかったです。
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:43
♪pradoさん

刻々と移り変わる自然を撮るのに
シャッターを押し続けました。
毒ガスは迫ってくるし、自然の強さ、逞しさに
圧倒されました。
人間も頑張らないと!
ほんと、そうですね。
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:46
♪deepseasonsさん

おはようございます!
赤い草木を見て、私も最初、
もう山ではすでに紅葉が始まっている!
と思ってしまいました。
ガスでそうなっていると聞き、驚きました。
毒あるものは美しい。
なるほど、言えてますね。
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:50
♪skyさん

色鮮やかな「毒キノコ」!
食べたらアカン。
そういえば、立山黒部に行く途中で
まつたけ山というのがありました。
山歩きをしていて、まつたけのいい香りがしてきたら、
食べちゃいそうですね。
毒キノコだったら、どうしましょう?!
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:52
♪うえっちさん

雷鳥沢には温泉宿がありました。
真夏でも山の朝夕の気温は低く、
寒いほどでした。
もう今頃は、秋が来ているのでしょうね。
Commented by kirafune at 2012-09-16 07:55
♪youpvさん

おはようごさいます!
危険をちょっぴり感じながら、
緊張しつつ、撮影しました。
少しの間しかいませんでしたが、
自然の圧倒的な風景が強烈に
印象に残りました。
<< 山の上の小さなおうち 室堂山展望台 >>