山の上の小さなおうち

a0169902_735469.jpg
澄んだ空気の中、山の上の展望台から、「小さなおうち」を発見した。



a0169902_74136.jpg
朝のえんま台は、静まり返っていた。
もうすぐ背後の立山から陽が昇ってくる。

a0169902_742722.jpg
西の空の朝焼けがシンプルだった。
「小さなおうち」にはどんな人が住んでいるのだろう?
数年前に読んだ大原照子さんの『少ないモノでゆたかに暮らす』という本を思い出した。
鍋は4つ、フライパンは2つ、調味料は5種類、カップは6客…。
モノを少なくすると、生き方もシンプルになる。
家の中の溢れかえるモノを減らし、自分サイズですっきり豊かに暮らす簡単生活に憧れた。

a0169902_744466.jpg
西の空が明るくなり、人々の暮らす富山市が遠くにうっすら見えてきた。
先日、表参道に用があり、大原さんのご子息さんが営む「骨董おおはら」に立ち寄った。
本でも紹介されていた住居兼店舗の小さなおうち。
銀製品のお店で一人留守番をする息子さんに尋ねた。
「お母様がシンプル生活を提唱されて久しいですが、息子さんも綺麗に整頓された部屋にお住まいなのですか」
「とんでもない。私の家の中は本で溢れかえって、ぐっちゃぐちゃです」
「ええっ! でも、好きな本に囲まれて、こんな素敵なお店でお仕事をされていて、薔薇色の人生じゃないですか」

a0169902_75219.jpg
「貴方、何を寝ぼけたことを言っているのですか。そんな薔薇色の人生なんて、この世にあるわけないですよ。
大きな家に住んでいる人も、小さな家に住んでいる人も、それぞれ身の丈の悩みや問題を抱えているものです。
それが人間の生活というものですよ」
私はまじまじと暗がりに浮かんだ骨董屋の主人の顔を見つめた。

a0169902_75113.jpg
太陽が昇り、「小さなおうち」に光があたると、それは意外に「大きなおうち」だった。

(撮影8月22日)

黒部立山アルペンルートの旅の記事はこれでおしまいです。
ご愛読をありがとうございました。            雲母舟

立山黒部アルペンルート

「骨董おおはら」

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-09-16 07:24 | きらきら | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/16206963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2012-09-16 11:12
こんにちは、アラックです。
いや日の出前から青空まで粘りがちですね、
どちらも素晴らしいですね、バグース!
確かに大きいお家でしたね。
Commented by fukuyuminia at 2012-09-16 17:07
こんにちは!
なんて美しいグラデーション!
1枚目、雲と小さなおうちの位置がなんともGood♪
これもまた雲母舟さんの「運」なのでしょうね(^^)
↓の満天の星空に圧倒されました!
こんなに星ってあったんだって思うほど。
星空撮影、憧れです♪
Commented by fiat_lux at 2012-09-16 20:51
kirafuneさん、こんばんは〜
素晴らしいグラデーションに恵まれましたね。

少欲知足、でしょうか。
モノは少なく、好奇心はたっぷりと(笑)
kirafuneさんは立山でその境地に近付いたのでは!?
Commented by hitatinotono at 2012-09-16 21:48
グラデーションの美しさに
魅入りました~。
お祭りより・・・数段こちらの御写真がいい
のですが(汗。
Commented by alpinism2 at 2012-09-16 22:31
山での夜明けの美しさ、これは鳥肌モノですよね♪
立山シリーズ、かなり楽しませて頂きました(^^)
Commented by deepseasons at 2012-09-17 00:20
こんばんは~
ストロークしながら、アレッ?日の出はないのかなと思いました。
でも、山で日の出を見たものにとって西の空が焼ける美しさも
素晴しいですね。 白んでいくと遠くの山稜が浮かんでくる瞬間
の感動も蘇ってきました。
この時間帯って、現場にいると時間の経過が一瞬のような気が
しませんでした? なんとか、頑張って山の写真も撮りに行きたく
なりました。

黒部立山アルペンルートの記事、ご苦労様でした。
楽しませていただきました。
Commented by borderlines at 2012-09-17 00:56
回りの山々があまりに雄大で小さなおうちに見えたんですね。
私も断捨離しなきゃ!
山の夜明けは神々しくて美しいです。(^^)
Commented by うえっち at 2012-09-17 01:50 x
この物が溢れている時代に、シンプルな生活をするのって難しそうですね(^^;)
でもたまに、ふとそういったシンプルな生活もいいかなと思うことがあります。
立山シリーズ、楽しかったです♪
Commented by しなこじ at 2012-09-17 09:13 x
山の夜明けの刻々と変わる表情、色の多さに驚きました。
立山が憧れの山になりました。
素晴らしく、ときめき、楽しませていただきました。
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:19
♪アラックさん

写真撮影って、いつでも
あきらめない粘り強さが必要ですね。
立山の夏の朝は手がかじかむほど、
寒いのですが、頑張りました。
80分のランニングを頑張る
アラックさんのように^^
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:20
♪ゆみさん

こんにちは!
山の朝焼けは初めて見ました。
空がどんどん焼けていって、
グラデーションが綺麗だったです。
満天の星空にも感動しました。
夜間撮影は難しいですね。
努力が必要と感じました。
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:21
♪fiat_luxさん

こんにちは!
欲しがらず、足るを知る。
でも、好奇心がたっぷりあると
つい、目新しいものが欲しくなります(笑)
少欲知足の境地にはまだまだです。
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:22
♪hitatinotonoさん

朝焼けのグラデーションにも
目を見張りましたが、
お祭りの醸し出す熱気と情熱、
それに人々の目の輝きには
いつでも圧倒されますね^^
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:23
♪alpinism2さん

山の夜明けは空気も空も澄んでいて
美しかったです。
鳥肌がたったのは、
山の寒さのせいだけでは
なかったと思います♪
立山シリーズ、見てくださり、
ありがとうございました(^^)
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:25
♪deepseasonsさん

こんにちは!
日の出も撮ったのですが、
東の空には立山があり、
逆光で撮るので、難しかったです。
自分で納得がいかない写真だったので、
載せませんでした~。
deepseasonsさんも、山で日の出を
ご覧になられて、西の空が焼ける美しさを
よく御存じなのですね。
私も感動しました。
黒部立山アルペンルートの記事をご覧いただき、
ありがとうございました。
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:29
♪魔術師さん

そうなのです。
小さなおうちは周囲の景色があまりにも大きくて
初めのうちはちっぽけに見えていたのです。
それが、陽がのぼり、よく見れば、かなり大きな家でした。
毎週末ごとに私も断捨離していますが、
(この連休もごみ袋2袋出しました)
まだまだ片付きません。
「生ぬるい!」と自分を叱咤激励しています。
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:31
♪うえっちさん

シンプルライフ、憧れなのですが・・・。
実際は、ぐっちゃぐちゃ生活です(^^;)
モノが多すぎます。
なんとか、なりませんか?!
立山シリーズ、見てくださり、
ありがとうございました。
Commented by kirafune at 2012-09-17 14:32
♪しなこじさん

普段、東京にいるときは
夜明け前に起きて空を見るということも
まずないので、刻々と変わる朝の空の表情、
色の多さに、私も驚きました。
早起きのしなこじさんは、
朝焼けの空の素晴らしさを
ご存じなのでしょうね。
早起きは本当に三文の徳ですね。
立山は霊山といわれるだけあって、
素晴らしい山でした。
しなこじさんも、是非、行ってみてください。
感動が待っています。
Commented by shino at 2012-09-22 21:10 x
こんばんは♪

一枚目の明けてゆく空のグラデーションが素晴らしいですね!
小さく見えていたものも実は大きなものだったというお話しもいいですね。
朝焼けの山の空って、こんなにもきれいなのですね~。
山のお写真、全編に渡って楽しませていただきました(^^
Commented by 雲母舟 at 2012-09-23 09:01 x
♪shinoちゃん

おはようございます!
全編に渡り、山の記事を見てくださり、ありがとうございました。
山は大きくて、自分の小ささを思い知りました。
行ってよかったです。
自然はいいですね。
北海道はいかがでしたか?
Commented by Jun at 2012-10-07 00:29 x
黒部立山の記事、堪能させて頂きました^^
本当に美しい場所ですね。
山はやっぱりいいなぁ~。
素晴らしい写真の数々、ありがとうございました^^
Commented by smile-at at 2012-10-08 00:42
立山の夏ってやっぱり素敵なんですね。
ダイナミックな自然。
いろんな色が目に入ってきました。
こんな星空ずっと見ていたいです。
黒部立山アルペンルートには、
室堂に雪の壁が出来る頃に行ったので、
一面が真っ白
人を寄せ付けない自然の凄さを垣間見た気がしました。
いろんな乗り物に乗車でき、楽しかった思い出もあります。
Commented by kirafune at 2012-10-08 08:01
♪Junくん

黒部立山シリーズの記事を、
見てくださり、ありがとうございました^^
山の魅力にあらためて目覚めました。
自分の中の眠れる獅子が吠え始めた。
崖っぷちもなんのその。
美しい場所目がけて、
駆けてゆきます!
Commented by kirafune at 2012-10-08 08:04
♪smile-atさん

立山の夏、よかったですよ。
ダイナミックな自然に感動の連続でした。
smile-atさんは冬に行かれたのですね。
真っ白の世界も憧れます。
黒部の方から行くと、いろんな乗物に乗れますよね^^
荷物が重くて乗り換えがしんどかったけど、
今になるといい思い出です。
また、行きたいなあ。
<< 竹のあかり 田中旭祥展 雷鳥沢の風景 >>