修善寺温泉の新井旅館

a0169902_5362621.jpg
心の洗濯をしに、修善寺の温泉宿まで行ってきた。




a0169902_5364778.jpg
清流桂川の流れる伊豆修善寺。

a0169902_5372361.jpg
明治5年創業、文化財の宿「新井旅館」に思春期の娘と出掛けた。
出迎えの看板に自分の名もあるので、驚いた。

a0169902_5373611.jpg
ロビーから客室に向かう途中、池の上を渡る廊下から樹齢700年の欅の大木が見えた。

a0169902_5374936.jpg
「華の池」の中にある乙姫島は、桂川からくみ上げた水の上に浮かぶ。

a0169902_5375987.jpg
桂川沿いの客室「花の棟」に通された。
新井旅館さんの建物は、この棟を含む15棟が国の登録有形文化財となっている。

a0169902_538917.jpg
食事の前にひとっ風呂浴びて来よう。
総檜造りの文化財風呂「天平大浴堂」もいいけれど、まずは天然温泉掛け流しの貸切「琵琶湖風呂」へ。

a0169902_5383536.jpg
入浴後に客室で桂川を眺めていると、娘が「うちにも撮らせて」と一眼レフを構えた。

a0169902_5391543.jpg
カメラで遊んでいるうちに、夕食の時間がきた。
伊豆の山海の幸を活かした月替わりの美しい会席料理だった。
特に気に入ったのが、生の中伊豆名産山葵をすって、白いご飯にのせ、醤油を少々たらして頂く食べ方。
親切な仲居さんに教えてもらった。

a0169902_540188.jpg
デザートは、メロンのゼリーと葛きりで締める。

a0169902_5403045.jpg
夜になると、池に浮かぶ客室の灯りが仄かだった。

a0169902_634380.jpg
老舗旅館の夜は静かに過ぎていった。

a0169902_540512.jpg
朝、桂川のせせらぎと小鳥のさえずりで目が覚める。
窓から外を眺めれば、百日紅の花が咲き始めていた。

a0169902_5411067.jpg
早朝、対岸の「竹林の小径」を歩く。

a0169902_5412527.jpg
朱塗りの橋から、娘のまだ眠っている、自分たちの部屋が見えた。
母との夏の思い出を、生意気盛りの娘は、これから先も覚えていてくれるだろうか?
新井旅館さん、風情のある、いい宿だった。

新井旅館
静岡県伊豆市修善寺970
電話:0558-72-2007
営業:チェックイン:15:00 / チェックアウト:11:00
交通:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅からバスで「修善寺温泉場」下車徒歩3分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-09-21 06:05 | きらきら | Trackback | Comments(40)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/16248998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fiat_lux at 2012-09-21 07:40
kirafuneさん、おはようございます。
お嬢さんと過ごす老舗旅館でのひととき、とても大切な時間の過ごし方ですね。
料理も、調度も、そして、きっとおもてなしも優雅なのでしょう。
お嬢さんの撮った1枚が、また、絶妙ですね(笑)
Commented by しなこじ at 2012-09-21 07:52 x
おはようございます!
風情ある宿に、桂川、竹林の小道、どれも素敵ですね~
日本の美しさですよね。
何より羨ましいのは母娘旅です、男の子しかいない私には
憧れです。
Commented by wwmc at 2012-09-21 08:17
うう、、、お風呂上がりの一枚の色香に迷ってしまいそうです、、、
朝やっちゅうのに。
伊豆半島は東側はなんどか行ったことがあるのですが、修善寺方面は
まったく知りません。すばらしい立地と建物、ですね。もてなしも
良さそうだし・・・東も西も良いところをご存じですねえ。感服。
Commented by foto_k at 2012-09-21 09:34
雲母舟さん、おはようございます。

ええですねぇ^^
こないな旅館、大好きですわ。
バブルの頃ひとり旅にはまっていた頃があったんです。
山奥のひなびた旅館を探しては、電車バス乗り継いで遥々出掛けたもんです。
山ん中の民宿みたいな旅館、食べるもんには期待せんとのんびり。
ところがオフシーズンの平日は何かしらサービスあるもんで、結構お得やったりするんですわ。

文化財の宿「新井旅館」、こりゃまた凄い!
素泊まり、階段下の布団部屋で良いから泊まってみたーい♪
あ、お風呂も入ってゆっくりしたいな^^
窓から観る朝の川景色13枚目、これだけで大満足感はピークに達しそう(^^)

Commented by y_merry at 2012-09-21 12:46
おっ、新井旅館とはこれ贅沢な
昔、修善寺温泉へ行った時、いつかこの赤い橋を渡って
なぁ〜んて思ったのを思い出しました。(まだ実現していませんが.....)
多くの文豪が愛し訪れた場所だけあって、雰囲気も落ち着いた
温泉街ですよね
Commented by mint at 2012-09-21 16:30 x
こんにちはぁ^^
素敵なお宿ですねぇ~
老舗さんで有名処なのでしょうねっ!
お庭の雰囲気もお部屋も、品があって素敵♪
ワタシもお泊まりしてみたいぁ~^^
緑の中に朱色の橋がとても映えて、お宿に行くまでも
十分に楽しめそうなロケーションですね。

娘さん、きっと覚えてくれていますよぉ~
ワタシは母と二人で旅行なんて、未だ行った事がないですけど
思春期の頃なんて、考えもしませんでした。
もっと仲の良い親子でいたかったなぁ^^;
雲母舟さん親子が、とっても羨ましいです^^
Commented by たーや at 2012-09-21 19:05 x
こんばんは♪いやーお洒落な旅館ですね。涼しさが伝わってきますよ。きっと娘さんも覚えててくれますよ。素敵な旅館に素敵なお母さんを♪
Commented by hitatinotono at 2012-09-21 21:38
豪勢ですね~羨ましぃです(^^。
tonoは明日、会津の居酒屋で身体の洗浄です(爆。
http://phototosi.exblog.jp/18668293/#18668293_1
Commented by うえっち at 2012-09-22 01:31 x
風情のあるお宿ですね!
修善寺は私も一度行ってみたい場所で、やっぱりいい場所のようですね♪
娘さん、きっといい思い出になってるはずですよ(^-^)
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 07:38 x
♪fiatさん

おはようございます!
絶妙な一枚というコメントに、思わずクスリ^^
一瞬一瞬が二度と戻らない日々ですね。
大切な時間を過ごしました。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 07:43 x
♪しなこじさん

おはようございます!
こちらの竹林の小経はミシュランの星がついたそうです。
娘もいいですが、女親にとっての男の子は、若い恋人みたいなものですね^^
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 07:51 x
♪shuさん

あは^^
お風呂上がりの色香に、大いに迷っていただきたいですね。
こちらの宿には大阪からもお客が来ていましたよ。
露天風呂で湯気越しに話した奥さんが言っていました。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 07:56 x
♪Kさん

おはようございます!
私も一人旅が好きで結構行きました。
ひなびた温泉宿のガイドブックも持っています。
どこかの露天風呂で会ってるかもね^^
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 08:03 x
♪merryさん

おはようございます!
バブルの頃は、自称高級旅館荒らしとして、あちこちの宿に出没していました。
こちらの新井旅館さんは未踏だったので、行ってみましたが、噂に違わぬ名旅館でしたよ。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 08:52 x
♪mintさん

おはようございます!
そういわれてみれば、私自身も実家の母と二人だけで旅行って、なかった気がします。
今度、元気なうちにどこか連れて行ってあげたいなと、思いました。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 08:57 x
♪たーやさん

おはようございます!
たーやさん、今度は南アルプスに行ってこられたのですね。
お帰りなさい。
山はシーズンがありますものね。
また記事を楽しみにしています。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 09:03 x
♪hitatinotonoさん

今頃、殿は会津ですか。
居酒屋で身体の洗浄とは、面白いですね~。
全身の血をお酒と入れ替えるとか?
やりますね!
Commented by 雲母舟 at 2012-09-22 09:07 x
♪うえっちさん

関西からも湯治客が泊まりに来ていましたよ。
今はネットで簡単に予約できます。
うえっちさんも今度カノジョと是非。
いいお宿でした。
Commented by りん at 2012-09-22 13:57 x
こんにちは!
昨年も修善寺のお写真を拝見して懐かしい!と思いましたが
今年も行かれたんですね!
私の思い出の場所〜♪
まだ青々とした紅葉に朱色の橋のコントラストがとても美しいですね。
沢の音が聞こえてきそうです^^
贅沢な時間を過ごされたのですね!
老舗の旅館がたくさん軒を連ねている趣ある温泉街
こういうところでゆっくり湯につかりたいです〜^^
Commented by alpinism2 at 2012-09-22 19:59
うっひゃ~!
いいですね~渋いですね~♪

こんな素敵なな落ち着いた旅館、お料理も格別なんでしょうね!
私だったら興奮して写真ばかり撮っていそうです(^^ゞ
Commented by kwc_photo at 2012-09-22 22:05
なんと、名旅館への旅ですか。
すてきですね~。母娘二人旅ですか。
美味しそうな料理に風情ある建物の旅館。
お庭の様子や一つ一つの調度品も味がありますね。
修善寺かぁ~。夢のような場所ですね(^-^)。
Commented by arak_okano at 2012-09-23 08:33
おはようございます、アラックです。
私ならただの報告で終わりますが、雲母舟さんは
旅番組?ガイドブック?
いや芸術になりますね、バグース!
Commented by 雲母舟 at 2012-09-23 09:14 x
♪りんちゃん

おはようございます!
キャビーさんの創刊号、素敵でしたね。
お元気ですか?
修善寺はりんちゃんの思い出の場所でしたものね。
私もお気に入りの温泉です。
また行きたいなあ。
秋も紅葉が素晴らしいらしいです。
でも、京都も行きたいし。ああ、分身の術が使えたらいいのにね。
くのいちといったら、りんちゃんは忍者のいで立ちが似合いそうな気がします^^
今度、術を教えてください。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-23 09:19 x
♪alpinismさん

渋いでしょ^^
こういう老舗旅館、大好きなんです。
山もいいけど、温泉もいいですね。
関西の旅館だと、京都の俵屋さんに泊まりたいです。
いつの日か。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-23 09:23 x
♪katsuさん

おはようございます!
正に夢のようなところでした。
たまにはいいですよね。
修善寺には竹林があり、川が流れ、ちょっと京都みたいなんです。
関西からは少し遠いですが、いい温泉ですよね。
Commented by 雲母舟 at 2012-09-23 09:27 x
♪アラックさん

おはようございます!
いえ、芸術なんてとんでもない。
趣味の範囲で楽しませてもらってます。
人生、楽しまないと。
アラックさんも気分は上々で、今日も楽しく!
Commented by shino at 2012-09-23 21:57 x
こんばんは♪

トップの美味しそうなお料理のお写真から最後まで、わぁ~素敵~と見せていただきました(^^
色んなところをご存知ですねぇ。

竹林の小径、私も歩いてみたいです。
Commented by chisa_pie at 2012-09-23 22:29 x
思春期のお嬢さんとの親子旅行
素敵な場所の素敵な旅館♪
決して忘れることのない
素敵な思い出になると思います。

我が家は、残念ながら娘と二人旅は出来ませんでしたが、
自分は母の組合の旅行に一人連れて行って貰った
思い出はあります。青春期の記憶はちゃんと残りますよ!!

由緒ある旅館のたたずまい、お庭も素晴らしいし、
明るいうちに「琵琶湖風呂」にゆっくり使ってみたいです。
小ぶりのランプがとても素敵♪
Commented by prado9991 at 2012-09-23 23:07
こんばんは
こんな旅館に泊まれてほんと凄いです。
これぞ日本旅館って感じの宿ですね。
ここなら明治あたりの文豪が永く逗留したかもしれませんね。
ここまでとは言いませんが、ひなびた日本旅館に泊まってみたいです。
Commented by kirafune at 2012-09-24 06:27
♪shinoちゃん

おはようございます!
こちらはかなり有名な旅館で
一度行ってみたいと思っていました。
今回念願かなってよかったです。
娘も覚えていてくれているといいのですが・・・。
思春期の日常は、母娘で闘いの日々です。
Commented by kirafune at 2012-09-24 06:31
♪chisa_pieさん

chisa_pieさんもお母様とのご旅行を
今も覚えていらっしゃるのですね~。
きっと楽しい旅だったのでしょうね^^
時間はどんどん過ぎ去っていきます。
いい思い出ができました。
老舗旅館のインテリアは
ランプをはじめ、家具調度も洗練されていて
うっとり夢気分でした。
お料理もおいしかったです。
樹齢700年の欅から
自然のパワーを頂いて帰りました。
Commented by kirafune at 2012-09-24 06:33
♪pradoさん

旅館の主が文化人との交流のある方で
明治の文人墨客が随分たくさん
こちらの旅館で有名な本を書いたり、
絵を描いたりしたそうです。
ひなびた旅館もそそられますね。
温泉、たまにはいいですね^^
Commented by youpv at 2012-09-24 16:40
こんにちは~。
素晴らしい旅館ですね。
建物自体も素晴らしいですので
建物をゆっくりと眺めたいですね。

私自身、旅行を殆どしない人ですので
こうやって歴史ある場所に宿泊することに
憧れを感じます(^^)
Commented by kirafune at 2012-09-25 06:39
♪youpvさん

おはようございます!
旅館の建物が修善寺の美しい自然にマッチして
しっとりと美しかったです。

youpvさんはあまり旅には出られないのですか。
京都ラブですものね~。
その気持ち、わかります^^
京都写真、いつも楽しみです♪
Commented by ミニミニ放送局 at 2012-09-26 09:46 x
純日本風の素敵な宿です。
二人なのに名前が掲出されていると嬉しいものですね。
このあたり散策したことがありますが朱塗りの橋があり対岸には竹林の小径があって最高のロケーションですね。
料理もよし夜景も素晴らしく又雲母舟さんと思われる素敵な女性の浴衣姿がこの宿にマッチしています。
命の洗濯になったことと思います。
Commented by a_puran at 2012-09-27 00:34
娘さんとの温泉、このトーンと静寂の中で過ごされて
kirafuneさんもすっかり心地よい時間となったでしょうね。
お料理もいいし、お風呂もいいし。
私もこういうところで、のんびりしたいです。
Commented by deepseasons at 2012-09-27 00:49
こんばんは~
ほんまに落ち着いたいい旅館ですね~ かなり遅れてのコメントなので
どうしようなかなと思いましたが、ガラス戸前の艶やかな横顔に
思わず書き込んでしまいました~
伊豆は山あり海ありでいいですね。 生山葵と醤油かけのご飯、
これだけも十分なご馳走になりそうです。
Commented by kirafune at 2012-09-27 08:13
♪ミニミニさん

そうなのです。
心配りの行き届いたお宿でした。
すぐそばの竹林の小径も
情緒があっていいですね。
ミニミニさんも修善寺に行かれたことがあると
以前、おっしゃっていましたよね。
命の洗濯、できましたね^^
Commented by kirafune at 2012-09-27 08:15
♪a_puranさん

函館にもいい温泉がありそうです。
働いているのだから、たまには
こういうのも、いいですよね。
のんびりできました。
a_puranさんも是非♪
Commented by kirafune at 2012-09-27 08:17
♪deepseasonsさん

ガラス戸に映っているのは、私で~す^^
生山葵と醤油かけのご飯に
この修善寺の旅以来、すっかりはまり
スーパーで生山葵を見かけると
買って試すのですが、
新鮮度が違って、
似て非なるものでした。
やっぱり、また行かないと!
<< 初秋の京都 2012 銭塚地蔵堂の萩 >>