上七軒舞妓の野点茶会

a0169902_625394.jpg
そこのあんさん、お抹茶飲んで行っておくれやす。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ



a0169902_6252712.jpg
西陣千両ヶ辻伝統文化祭では、上七軒の舞妓さん接待による野点茶会が行われる。

a0169902_6263270.jpg
北之御門町にある村岸家に設置された茶席に、綺麗どころが現れた。

a0169902_6264547.jpg
千両ヶ辻の野点なら、

a0169902_6265451.jpg
一見さんも大歓迎。

a0169902_627564.jpg
きりっとした立ち居振る舞いが美しい。

a0169902_6271215.jpg
まだ幼顔の残る舞妓さんもいた。

a0169902_6272054.jpg
そして、ねえさんのちょっとした仕草の色っぽいことったら。

a0169902_6273432.jpg
最後は素敵な笑顔で締めてくれた。
結構なお点前でした。

(撮影9月22日)

西陣千両ヶ辻伝統文化祭
2012年9月22日(祝) 10:00~17:00
京都市上京区大宮通今出川以南一条通以北 薬師町・北之御門町・石薬師町
電話:075(432)3228 (㈱仲 文選堂 )
交通:市バス「今出川大宮」下車後大宮通りを南へ

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-10-16 06:38 | 京都 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/16598213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wwmc at 2012-10-16 07:54
ふむー。これはまた初々しい...紫のかんざしは桔梗をかたどってる
んでしょうか? しかしいつもながらの行動力にはおそれいります。
これからの紅葉時期も目が話せませんな(^^)!
Commented by kwc_photo at 2012-10-16 12:33
初々しいですね~。上七軒のお茶会ですか。
はにかんだ笑顔もいいですね。
こんな催しがあるのなら行けばよかった!(毎回言ってますが(笑))
Commented by foto_k at 2012-10-16 13:52
雲母舟さん、こんにちは。

>そこのあんさん、お抹茶飲んで行っておくれやす。
僕ならきっと真っ赤いけの顔して、そそくさと通りすぎるだろなぁ(笑
仕事柄みで撮ったことはございますが、私用ではまったく撮ったことないです^^;
ファインダ越しに「ちっ。」って顔されたらどないしよか、とか。

最後の画、とても良い感じ!
ほのぼの感もあるし、安心して眺めてられます。
雲母舟さんって、ひょっとしたら舞妓はん撮影が大好物なのかなー(^^)
Commented by deepseasons at 2012-10-16 20:16
こんばんは~
よろしおすなあ~ 初々しい舞妓さんの仕草がいいですね。
記念写真のように、ちょこんと座られているもすごく新鮮な
感じがします。 女の方でも、頬が緩むんだろうな~
Commented by rollingwest at 2012-10-16 21:22
関西時代に兵庫豊岡の取引先の娘さんが舞妓は~んでした。
Commented by prado9991 at 2012-10-16 21:27
こんばんは
僕も行きたかったな~。
梅やえちゃんですね、それと新しく舞妓になった梅乃の舞妓ちゃん(名前はまだ知りません)
華やかなそろい踏み、良いですね。
撮影は凄い人でしょうね、お茶も美味しいでしょうね。
Commented by hitatinotono at 2012-10-16 22:06
tonoさんより・・・「あんさん」のほうがいいなぁ~^^。
おおきに~~~♫
Commented by alpinism2 at 2012-10-16 22:27
ガーン((+_+))
知ってたら行けたのになぁ!
もっとアンテナを張り巡らせておきますぅ。
Commented by limecafe at 2012-10-17 00:33
舞妓さん、かわいいです!
そちらも良かったですねぇ^^。
Commented by うえっち at 2012-10-17 00:52 x
こういう方のいるところで、一度お茶を飲んでみたいですねぇ♪
Commented by sky-yy at 2012-10-17 01:13
直に舞妓さんと触れあう機会はなかなか無いので
こういうイベントはいいですね☆
ほんと可愛くてまだまだ幼い舞妓さん。
これから世間にもまれて成長していくんでしょうね(*^^)v
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:36
♪shuさん

舞妓さんたちの紫のかんざしは
おっしゃる通り、桔梗の花でした。
千両ヶ辻からすぐそばの
清明神社の清明祭の日
だったからでしょうか。
短時間でしたが、舞妓さんのお点前を
間近で見るいい機会でした。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:39
♪katsuさん

あはは。
katsuさんはよく舞妓さんに
遭遇されているような^^
来年はこちらのイベントにも是非!
そぞろ歩きが楽しい文化祭ですよ。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:43
♪Kさん

おはようございます!
Kさん、シャイだから~^^
でも、笑顔を向けられたら
舞妓はん撮影が大好物になりますよ。
たまにしか遭遇しないですね、本物は。
もどきは京都の街中で沢山みかけますが・・。
カメラを向けると、本物は笑顔を見せてくれました。
余裕がありますね。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:46
♪deepseasonsさん

はい、もう頬が緩みっぱなしで^^
美しい人を見ているのは、
気分がいいものですね~。
仕草のひとつひとつが優雅でした。
結構なお点前を拝見できました。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:49
♪rollingwestさん

兵庫豊岡の娘さんなら、まだ関西圏で
近いところの出身ですね。
最近は京都以外の出身地から
舞妓は~んになる方も多いようです。
厳しい世界なので、根性ないと
務まらないようですね。
笑顔の奥に修業の道あり・・。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:55
♪pradoさん

おはようございます!
さすが、上七軒がお庭のpradoさん。
色っぽい舞妓さんは
梅やえちゃんという名前なのですね。
もうひとりの半だらの子は
やはり、まだ新しく舞妓になりたてなのでしょうね。
初々しかったです。
「梅乃」の舞妓さんて、どうしてわかるのですか?
凄いですね~。
なぜかこちらの茶会はそんなに混んでいなくて
ゆったり撮影できました。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:56
♪hitatinotonoさん

舞妓はんに「あんさん」呼ばれたら
目尻が下がります。
ね、あんさん^^
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:57
♪alpinismさん

来年また開催されると思いますので
お近くですし、次回是非に。
舞妓はんも待ってますよ。
Commented by kirafune at 2012-10-17 07:58
♪JINさん

はい、眼福でしたね、お互いに^^
和装はいいですね。
和みました。
Commented by kirafune at 2012-10-17 08:00
♪うえっちさん

2月の北野さんの「梅花祭」でも
舞妓さんたちが接待してくれます。
しあわせ~♪
ほんと美しい。
Commented by kirafune at 2012-10-17 08:02
♪skyさん

時々見せるきりっとした表情に
舞妓の世界の厳しさも見たように思いました。
経験と稽古を重ねて、素敵な舞妓さんに
成長していくのでしょうね。
また会うのが楽しみです。
Commented by Jun at 2012-10-18 22:16 x
こんばんは!
日々厳しい修行をしている舞妓はんは美しいですね^^
あたしゃ~緊張してお茶は無理だな...(笑)

Commented by kirafune at 2012-10-19 06:27
♪Junくん

あら~、緊張するだなんて
なりたての舞妓はんより
初々しいなあ^^
あたしゃまるっきり緊張しませんでした。
心臓に毛が・・・...(笑)
<< 白川疎水の散歩道 千両ヶ辻の町家写真館 >>