女人高野の紅

a0169902_22342837.jpg
女人高野で紅葉が見頃を迎えていた。




a0169902_22344730.jpg
朱塗りの太鼓橋を渡り、

a0169902_2235272.jpg
仁王門をくぐると、

a0169902_22351637.jpg
おばあちゃんもお母さんもお父さんも登りだす、長い石段があった。

a0169902_22354248.jpg
その頂きの先の向こうに見えたのが、有名な五重塔と本堂だった。

a0169902_22361544.jpg
恐れを知らない若さは、神仏を自ら求めない。
本堂前の池で紅葉と混じって、赤い金魚が無邪気に泳いでいた。

a0169902_22365896.jpg
憂いを知った昔の女人は、金堂から鎧坂をやはり眺めたのだろうか。

a0169902_223797.jpg
境内はどこもかしこも

a0169902_22372388.jpg
秋色に染まっていた。

a0169902_22374218.jpg
奈良の達人が室生寺の全景が見える高台に案内してくれた。
私たちはいつも小さな自我に囚われて、無限の命が自分の内にあることに気づいていない。
室生山に抱かれた女人高野のくれないは、1200年前の過去から未来へと続く道程に、確かにあった。

(撮影11月24日)

女人高野 室生寺
奈良県宇陀市室生78
電話:0745-93-2003   
拝観:9/30日までは8時~17時(季節により変動あり)
料金:大人600円・子供400円
休み:なし
交通:近鉄室生口大野駅から室生寺前行きバス終点下車徒歩5分  


★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-12-16 22:49 | 京都 | Trackback(1) | Comments(28)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/16992392
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 写真和音 at 2012-12-17 09:35
タイトル : 奈良・宇陀市
続きは写真ブログ(http://www.yaotomi.co.jp/blog/walk/)の同じ記事をご覧ください。 併せてお店ブログ(http://www.yaotomi.co.jp/blog/hiroba/)もご一緒にどうぞ。... more
Commented by prado9991 at 2012-12-16 23:38
こんばんは
奈良の紅葉は京都と少し違って見えるのは私だけでしょうか。
京都は手入れを施し、行き届いた環境の中で美しく彩る。
奈良は自然を上手く利用して環境になじませる。
こんな印象を持っています。
室生寺はまさに奈良の印象にピッタリと当てはまる感じがしています。

カレンダーに掲載、おめでとうございます。
凄いです!!!
Commented by たーや at 2012-12-17 01:10 x
こんばんは♪
話に聞いた、室生寺ですね。
紅葉、いい時に行かれたようで、、、、でも。
室生寺の美しき仏像たちを見ていない!?荒行は勿体無い。
私は、ここの仏像をじっくり眺めるのが好きです。

雲母舟さん、これは是非またここに訪れないといけませんね(笑
しかし、雲母舟さんはいつも突然なんだから~
Commented by deepseasons at 2012-12-17 01:17
こんばんは~
こちらまで足を延ばされたんですね。 でも、その甲斐はあったのでは
ないでしょうか。 建物や歴史を感じるなら、やっぱり奈良の方が
いいのではと思います。
達人に連れていってもらった高台にも、実はいい感じの枝垂れ桜が
あるのですが、そんな話はでなかったですが・・・
Commented by しなこじ at 2012-12-17 07:51 x
おはようございます!
室生寺の前景が見渡せる場所があったのですね!
こちらは交通の便を考えますと見学にはかなり時間がかかり、
久しく行っていませんので、素晴らしい紅葉とともに
大好きな室生寺を見せていただき、嬉しかったです。
次回は是非訪れたいと思いました。
Commented by kirafune at 2012-12-17 08:44
♪pradoさん

おはようございます!
pradoさんのおっしゃる京都と奈良の違いを今回あらためて実感してきました。
それぞれに異なる魅力がありますね。
これはやっぱり、通わないと^^
pradoさんこそ、ご受賞おめでとうございました。
Commented by wwmc at 2012-12-17 08:45
奈良の寺院のなかでもここはなにかしら特別なものを感じます。
そんな室生寺の情景がよみがえってくる写真紀行です。
一枚目、二枚目の構図には、感心。よくこういうふうに撮れますねえ
かなりの早朝だったのでしょうか。
この階段では、手すりにしがみつくようにして登られる媼をよくよく
見かけますね。雲母舟さんのこの記事を見て、ああ、そうだったんだ
と改めて思いました。
Commented by kirafune at 2012-12-17 08:52
♪たーやさん

しまった~。
国宝級の仏像、見忘れました。
また行くと行ってもね。
かなり山奥な感じでした。土門拳の写真集を見たことあったはずなのに。
まあ、仏像を忘れるほどの紅葉だったということです^^
人生、思い立ったが吉日ですからね。
また今度。
Commented by kirafune at 2012-12-17 09:00
♪deepseasonsさん

おはようございます!
確かにこちらのお寺さんの空気は他とはちょっと違う何かを感じました。
deepseasonsさん、よくご存じですね。
高台に枝垂れ桜がありましたよ。
近くの大野寺というところにも。
春の奈良も良さそうですね。
Commented by kirafune at 2012-12-17 09:08
♪しなこじさん

おはようございます!
室生寺さん、初めて行きました。
本当にこちらのお寺さんは山全体が神聖な場所という感じの素晴らしいところでした。
しなこじさんも行かれていましたよね。
やはり仏像をご覧になりに?
奈良の歴史は古く、建物や雰囲気なども赴きがありますね。
Commented by sho-m1228 at 2012-12-17 17:12
きゃー、室生寺!
何年か前に行きましたが、すごくいいところでした。
kirafuneさんの写真見てたらまた行きたくなっちゃいました。
紅葉で彩られて素敵です(○´∀`○)
Commented by うえっち at 2012-12-17 20:36 x
奈良の室生まで行ったんですか?
遠かったでしょう(^^;)
室生は桜もキレイですよね♪
Commented by kwc_photo at 2012-12-18 00:19
鮮やかな室生寺の紅葉、いい時期に行かれましたね。
この鎧坂の前の大きな木の紅葉は、本当に圧巻。
近鉄のポスターで見た時、ぜひ撮りたい!と強く思ったのですが、
まだ実現できていません。
奈良(しかも結構奥地)まで行っちゃうkirafuneさん、すごいですね~!
Commented by rollingwest at 2012-12-18 06:05
女人高野は9年前に家族3人で参詣しました。階段が本当に長かった・・
Commented by kirafune at 2012-12-18 07:25
♪shuさん

早朝というわけではなく、9時頃でした。
観光客もぞろぞろ入っていましたが、
人がちょっと途切れた時にぱちり。
長い石段の手すりにしがみつくようにして登られている
おばあさんやおじいさんを、この日も見かけました。
そうやって苦労してでも登りたくなる鎧坂でした。
Commented by kirafune at 2012-12-18 07:27
♪sho-m1228さん

きゃー、室生寺に行っちゃった!
みなさんが、山奥にもかかわらず
行かれる理由がわかるような
とても雰囲気のある、いいところでした。
紅葉も綺麗でしたよ~^^
shoさんも、また行ってみてね♪
Commented by kirafune at 2012-12-18 07:28
♪うえっちさん

いつか行ってみたいと思っていただけに、
今回、ラッキーでした。
関東の方からだと、なかなか日帰りでは行けない
かなりな山奥でした。
桜の頃もよさそうですね。
Commented by kirafune at 2012-12-18 07:32
♪katsuさん

鎧坂の前の大きな気の紅葉は、
近鉄のポスターのなっているのですか。
どんななのでしょうね。
見てみたいなあ。
そのうち、katsuさんの写真が
ポスターに載るのでは?^^
室生寺、土門拳が門前の橋本屋に泊まりこんで
通い詰めたお寺さん。
確かに、写欲をそそられる「何か」がありました。
Commented by kirafune at 2012-12-18 07:33
♪rollingwestさん

日本全国、たいてい、どこでも
rollingwestさんは行かれている気がします。
物知りなわけですね^^
Commented by 笑みりん at 2012-12-18 20:50 x
昨日はご丁寧にメールをありがとうございます♪
雲母舟さんは室生寺へ行かれたのですね。
修学旅行で行った気がするのですが、全然覚えてません。
その頃は興味が無かったのでしょうね(笑)
奈良って山が多いのに驚きました。
Commented by alpinism2 at 2012-12-18 22:14
奈良にも足を伸ばされたのですね~(^^)
山が多い感じは、やはり奈良を感じさせてくれますね!

来年の紅葉シーズンにはkirafuneさんの沢山の記事を参考にさせてもらいます♪

↓カレンダー、掲載おめでとうございます!!
Commented by kirafune at 2012-12-19 08:13
♪笑みりん さん

奈良の山寺は迫力ありました。
修学旅行の頃はお寺さんに
全く興味がなかったです。

今日あたり、笑みりんさんの
笑顔がみられるといいのですが^^
Commented by kirafune at 2012-12-19 08:16
♪alpinismさん

京都から近鉄特急で奈良へひとっ跳び。
奈良のダイナミックな自然を堪能しました。
紅葉記事、まだひとつ残っています。
来年、参考にしていただけると、嬉しいです♪
カレンダー、ありがとうございます!
alpinismさんも、いかが?^^
Commented by miyakokoto at 2012-12-19 16:40
初めまして<(_ _)>
寅次郎さん 所からお伺いしました。
奈良、京都を見事に撮られてびっくりして居ます。
 私は大阪住人です。奈良、京都が好きでよく出かけます。
リンク頂いて帰ります。 ポチ☆彡
Commented by mint at 2012-12-19 17:46 x
こんにちはぁ^^
奈良の室生寺、こんなに紅葉が綺麗だなんて
関西人なのに全然知りませんでしたぁ^^;
京都もそうですけど、雲母舟さんからたくさん情報を頂けて嬉しいです(笑)
それにしても、本当にフットワークが軽いですし
こんなに頻繁に関西に来られてるなんてビックリです。
来年は是非、私ともデートして下さい(笑)
それと
カレンダーにお写真が採用されたなんてスゴイですねっ!!!
おめでとうございます♪
また、お写真を撮る励みになりますね^^
Commented by kirafune at 2012-12-20 07:32
♪ miyakokotoさん

はじめまして!
寅次郎さんの所から、ありがとうございます。
miyakokotoさんは大阪にお住まいですか。
奈良・京都好きには羨ましい限りです。
すぐ行けていいですね。
私も隙あらば、すぐ行っちゃいますが^^
これからも、寅次郎の兄貴ともども、
どうぞよろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2012-12-20 07:38
♪mintさん

おはようございます!
ふっとワーク軽いと言っても、
奈良の場合は京都と違い、
電車や徒歩では限りがありますね。
奈良の達人にさあっと連れていってもらい、
初めての場所も難なく行けてしまいました。
感謝感謝です。
リニアができたら、もっと頻繁に
関西通いしちゃいそう。
その前に、いつか、mintさんとも
是非お会いしたいですね。
神戸撮影デートとかも楽しそう♪
その時を楽しみに、写真修行を頑張りまっす。
Commented by cyaz at 2012-12-20 20:16 x
kirafuneさん、こんばんは^^
いやぁ~、室生寺の紅葉も綺麗ですね~♪
大学の時、友人がこの室生寺のすぐそばに住んでいて、
良く遊びに行ってましたよ。
でも、中には行ったことは2・3回しかなく、
秋の紅葉の時期よりも、冬の雪の室生寺の印象が
強いです。
春に長谷寺まで行ったので、回ってみれば良かったと後悔しています(汗)
Commented by kirafune at 2012-12-21 07:57
♪cyazさん

おはようございます!
お元気ですか?
室生寺さんは、お寺全体が
とても雰囲気のあるところですね。
秋もいいけれど、雪の室生寺も
かなりよさそうです。
今年は雪景色が見られるのでは?
お友達はまだお近くに住んでいらっしゃるのでしょうか?
また行けるといいですね。
<< 秋の信貴山 秘めた情熱 花カレンダープレゼント >>