「栖園」の琥珀流し

a0169902_8585226.jpg
実りの秋を満喫した今年も、残り少なくなってきた。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ



a0169902_859976.jpg
1か月の長きにわたり連載してきた錦秋の古都旅も、

a0169902_8595122.jpg
そろそろ店仕舞い。

a0169902_8592953.jpg
旅の締めは、明治18年創業の和菓子店「大極殿」が営む甘味処 栖園(せいえん)さんで

a0169902_906100.jpg
有名な「琥珀流し」を頂く。

a0169902_8594469.jpg
11月の味は「柿の琥珀流し」だった。
透き通る寒天に柿色の蜜がかかって、のど越しもつるんと爽やか。 

a0169902_902691.jpg
美しい宝石のようなお菓子を頂きながら、ガラス越しに外を眺めれば、庭の片隅に竹箒が置いてあった。
私もそろそろ、大掃除をしないと。

雲母舟の「錦秋の古都 2012」は、これにて終わります。
お付き合いいただき、本当にありがとうございました^^

甘味処 栖園
京都市中京区六角通高倉東入ル南側堀之上町120
電話: 075-221-3311  
営業:10:00~18:00(L.O.17:45)
休み:水曜
交通:地下鉄「烏丸御池」駅から徒歩8分 

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2012-12-22 09:22 | 京都 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/17024802
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by うえっち at 2012-12-22 11:12 x
京都シリーズ、いつも楽しませてもらってます。
近場の自分も新しい発見があって、感心しています♪
和菓子、食べるのがもったいないですね。
Commented by kwc_photo at 2012-12-22 18:02
栖園さんに行かれたのですね。
京和菓子、見て楽しみ、味わって楽しみの一粒で二度美味しいパターンですよね~。
私、何を隠そう和菓子好き。いや、洋菓子も好きなので、単なる甘いもん好きですが(笑)、
学生時代は和菓子屋さんでアルバイトしてて、毎日1つずつ違うお菓子を
おやつにいただいていたりしました(^-^)。
個人的No.1は、やっぱり作りたてのいちご大福でした(笑)
Commented by fiat_lux at 2012-12-22 18:44
晩秋の京都、たっぷりと堪能させて頂きました。
練切の鮮やかさ、琥珀流しの透明感、ホント、豊かな色彩です。
いつしか味わってみたいものです♪
Commented by dejikaji at 2012-12-22 19:46
kirafuneさん、こんばんはです。
kirafuneさんの切り撮られた秋景色、楽しませてもらいました。
栖園、いつも前通るだけで、まだ入った事がございません。
柿の琥珀流し、甘い物好きにはたまらない一品ですね♪
美味しそう(●^o^●)
Commented by prado9991 at 2012-12-22 23:31
こんばんは
美味しそうですね~。
洋菓子より和菓子が好きな私にとってたまりません。
甘味処 栖園は有名ですよね、私は近所の老松さんか俵屋さんにはよく行っていますが、ここは行ったことがありません。
寒天が口触りが良さそうですね。
Commented by y_merry at 2012-12-23 00:42
kirafuneさんの京都の旅、楽しませて頂きました。
最後に本当に京都伝統、日本人の繊細さがにじみ出る
京の実りで締めくくるとは粋です。
柿の琥珀流しもいいけど、2枚目の和菓子のが好きかな?

本日は雨の中、写真展にお越し頂きありがとうございました。
Commented by deepseasons at 2012-12-23 00:54
こんばんは~
一つの器の中にも季節を感じさせ楽しませてくれるのが素晴しい
ですね。 久しぶりに行きたくなりました^^!
錦秋の古都シリーズは、もう終りですか。 なんか年末以上に
寂しい気持ちになります。
Commented by kirafune at 2012-12-23 06:10
♪うえっちさん

京都シリーズをいつも見てくださり、ありがとうございます!
春、夏、秋ときて、
あとは冬だけです(笑)
Commented by kirafune at 2012-12-23 06:16
♪katsuさん

甘い物に目がないとは、話せるお方^^
和菓子屋さんでバイトするのは、夢ですね~。
一日一個ずつ、夢を食べて生きてゆく。
いいなあ。
次に生まれ変わったら、絶対、和菓子屋さんでバイトします。
Commented by kirafune at 2012-12-23 06:21
♪fiat_lux さん

錦秋の古都シリーズ、見てくださり、ありがとうございました。
秋の琥珀流し、絶品でした。
京都らしい粋な味わいをいつか是非!
Commented by kirafune at 2012-12-23 06:29
♪dejikaji さん

こちらのお店は店構えも立派ですが、季節ごとに変わる暖簾が、いつも通る度に素敵だなと思っていました。
きっとセンスのいい女性がチョイスして暖簾をかけかえているのではと想像しています。
Commented by kirafune at 2012-12-23 06:36
♪pradoさん

老松さんがご近所とは、羨ましいですね~。
ほんと、pradoさんのところから目と鼻の先ですね!
なんて贅沢な^^
Commented by しなこじ at 2012-12-23 07:29 x
おはようございます!
錦秋の古都をたっぷり楽しませていただきました。
この秋は紅葉がことのほかきれいだったようですね。
”琥珀流し”素敵な名前ですね、
訪れたいお店がまた増えました。
Commented by きり at 2012-12-23 09:12 x
ありがとうございました。
知っているところも、知らないところも、美しく見せていただいて。
故郷のぼんやりとした記憶も美しくよみがえります。
先日の写真展は流行の胃腸炎にかかってしまい、伺えず、残念でしが、またの機会を楽しみにしております。
ご活躍楽しみにしてます。
Commented by WWMC at 2012-12-23 23:10
これ食べたい、ぜーんぶ味見したい、って思いました(^^)
ほんで、琥珀流しは各月のをみんないただきたい...って、、、
自分で行きなさいってはなしですよね、はいすみません。
ひやしあめとか黒糖とか、あの手の甘さが大好きなんですもん。
なんか、甘味のはなしになっちゃいましたが錦秋の古都だより
、今年もありがとうございました。
Commented by kirafune at 2012-12-24 19:44
♪merryさん

12月の「栖園」さんの店頭では、
お正月に向けて、新春の和菓子が
並んでいるそうです。

先日は、素敵な写真展でした。
とても勉強になりました。
来年もますますご活躍くださいね。
Commented by kirafune at 2012-12-24 19:46
♪deepseasonsさん

錦秋の京都旅から早1か月。
季節は冬になってしまいました。
寂しいけれど、冬の古都も
またいいですよね。
deepseasonsさんの雪の京都写真、
今年は見られるでしょうか?
楽しみにしています。
Commented by kirafune at 2012-12-24 19:51
♪しなこじさん

「琥珀流し」のネーミングはさすがと思います。
京都の老舗は、長い間生き残ってきた凄味と誇り、
そして、柔軟性を同時に合わせ持っているなあと
お菓子の名前ひとつにも感じさせるものがありますね。
それが、とってもおいしいのです。
しなこじさんに、おすすめの味です^^
Commented by kirafune at 2012-12-24 19:54
♪きりさん

こちらこそ、先日はありがとうございました^^
たおやかな「京おんな」のお心遣いに感じ入りました。
いつか、きりさんとお会いできると嬉しいです。
また、よろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2012-12-24 19:59
♪shuさん

「ひやしあめ」って、大阪にもあるのですか?
私は、京都にそういう飲み物があるって
大人になってから知りました。
関東では口にしたことも、見たこともなかったです。
飲んでみれば、おいしいものでした。
昨日、冬の京都にお邪魔したときは、
美人になれる水という飲み物をいただきました。
京都にはいろいろありますね。
果たして、美人になれたのでしょうか?
<< 全国高校駅伝 in京都 秋の信貴山 秘めた情熱 >>