朝、渋谷の街角で

a0169902_23553089.jpg
あっちにも、こっちにも、いい顔なんて出来ない。
本当の自分は一体どこを向いているのだろう?




a0169902_23554782.jpg
朝の渋谷。
スクランブル交差点を行き来する人々は、みな何かを抱えて生きている。

a0169902_2356066.jpg
そういう貴方はどうなの?

a0169902_23561236.jpg
高い所に登って、ちょっと考えてみる。

a0169902_23562069.jpg
友達に電話して、話してみよう。

a0169902_23563015.jpg
赤毛で家出してみる。

a0169902_23563740.jpg
平成24年ももう終わった。
景気は悪いし、俺たち、これからどうしようか?

a0169902_23565222.jpg
がたがた言ってないで、何でも思うことをやってみろよ。

a0169902_23565976.jpg
その情熱のおもむくままに。

a0169902_235794.jpg
まずは一歩を歩み出せ。
そうすれば、何かがきっと見えてくる。
朝陽が渋谷の街を照らし始めていた。

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2013-01-07 23:58 | 東京の街 | Trackback(2) | Comments(30)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/17114900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from JIN-LIME CAFE at 2013-01-10 08:22
タイトル : 渋谷の葉っぱを食べる男
渋谷をブラブラ歩いていると、こんな奇妙な男にも出会っちゃいました。... more
Tracked from Illusion on .. at 2013-02-13 07:21
タイトル : 東京おのぼりさん日記 渋谷・道玄坂編
魔術師流「へなちょこ東京おのぼりさん日記」第3弾はいよいよ渋谷・道玄坂編です。 江戸時代末期に著された地誌 『江戸名所図会』によれば、道玄坂の名の由来については、この坂に出没して山賊野盗のふるまいをしたという和田義盛の残党、大和田太郎道玄に因むという説と、道玄庵という寺の庵主が徳川家康に由緒書を出したことに因むとされる説があるようですね。 やっぱりここいらはおのぼりさんの定番スポットですよねー。m(_ _)mさて、まずは渋谷駅から玉川通りの道玄坂上交差点へ出て、「道玄坂...... more
Commented by wwmc at 2013-01-08 07:59
まいりましたー。これはいいです。さすがです。おなじところにいても
こんなに視点が違うんですねえ。面白い。
雲母舟さん撮ってないふりして、すんごいの撮ってるんだからもう。
油断できませんな(^^)!
Commented by limecafe at 2013-01-08 08:18
渋谷ストーリー、いいですね~!
一枚目、顔で合わせていただいたのかと思いました(^^)
ドラマのシナリオにできそう・・・(笑)
Commented by miyakokoto at 2013-01-08 10:22
おはようございます♪ヽ(o^―^o)ノ
 素晴らしい!! 物語が有ります・・・
Commented by dejikaji at 2013-01-08 20:28
kirafuneさん、こんばんはです。
凄いですね~!街撮りスナップでここまで物語り作り上げてしまうとは。
自分は文才がないので、精一杯捻り出してタイトルが精一杯です・・・・・(涙
Commented by hitatinotono at 2013-01-08 21:08
手を胸に当てて・・・タメ息・反省・納得
tonoです(汗。
Commented by arak_okano at 2013-01-08 22:04
こんばんは、アラックです。
真如堂さんのトラックバックをありがとうございます。
もう一度、雲母舟さんのを見させていただくと、ここだ!!
なんて唸っています。
都会の写真ですね、アラックは全く撮れません、人が
いるだけで、もう駄目なんですよ。
Commented by prado9991 at 2013-01-08 22:08
こんばんは
ピカソを思わせるような絵ですね。
シャッターや看板にも芸術感が漂いますね。
落書きも素晴らしいですが、ダメですよね~。
京都じゃ考えられない世界です。
Commented by kwc_photo at 2013-01-08 23:12
若者の街、渋谷の街角スナップ。キャプションがいいですね。
ほんとに、そんな感じに見えてきますよ(^-^)。
物語があると、スナップとスナップがつながりますね。
街撮り、いまいち不得手なんですが、ブラリ撮りに行きたくなりますね(^-^)。
Commented by fukuyuminia at 2013-01-09 00:03
こんばんは☆
う~ん、さすが!
雲母舟さんが撮ると渋谷の朝もこんなに好きなストーリーに♪
どうしたら閃くんでしょう?
私にはそういうセンスもボキャブラリーもない(^^;
同じ場所を一緒に撮っていても1枚として同じ写真がないのが
また面白いですよね♪
私も早くUPしなきゃ!
まだ整理できてないんですよ(;^_^A
Commented by deepseasons at 2013-01-09 00:17
こんばんは~
大都会の写真、嫌いじゃないですね。 フォトストーリーブック
仕立ても面白いです(そんなジャンルがあるかは不明ですが)
まあ、騙し絵に惑わされないないで、自分は常に正面を向いて
いると思いましょうよ^^!
Commented by kirafune at 2013-01-09 07:57
♪shuさん

渋谷はいつも通る街で見慣れているのですが、
あらためて写真で撮って眺めてみると、
いろんなストーリーが浮かんできました。
撮る人によって、同じところでも
切り取り方が違うから、
写真て、本当に面白いですよね。
Commented by kirafune at 2013-01-09 07:59
♪JINさん

JINさんもアラブの「顔」をアップされてましたね~。
顔って、楽しいですね。
渋谷の街のアップもお待ちしています♪
Commented by kirafune at 2013-01-09 08:00
♪miyakokotoさん

おはようございます!
ありがとうございます^^
街をゆくどの人にも、
ひとりひとりの人生とストーリーがある。
それをちょっと想像させてもらいました。
Commented by kirafune at 2013-01-09 08:03
♪dejikajiさん

おはようございます!
dejikajiさんも、よく、街撮りスナップを
アップされていますね。
楽しませていただいてます^^
街撮りは今の世の中の
生の状態を映せるので、
本当に面白いですね。
Commented by kirafune at 2013-01-09 08:06
♪hitatinotonoさん

殿、どうされたのですか??
反省って・・・^^
ところで殿は、ちょび髭生やされてます?
Commented by kirafune at 2013-01-09 08:08
♪アラックさん

真如堂さんの秋、素晴らしかったですね。
今はもう冬景色かと。
季節の移り変わりは早いです。
人を撮るのも、お魚撮るのと同じ勢いで!
面白いですよ♪
Commented by しなこじ at 2013-01-09 09:17 x
京都の雲母舟さんとの違いに驚きです!
街中でもこんなストーリーになってしまうのですね。
人を撮るのが一番難しいと思っていますが、それは
ストーリーが作れない悲しさですね、感性でしょうか・・・
Commented by chisa_pie at 2013-01-09 13:10 x
こんにちは!

見なれた大盛堂書店や西村、本当に懐かしい古巣!
渋谷の駅前スクランブルの早朝は、こんなに人が少ない・・・
子供の頃の記憶以降は、人の多さしか浮かばない場所ですが、こんな時間なら心おきなくパチリ出来そうですね。

夜な夜な、当時ジャズを聴かせる店が軒を連ねていた
百軒店には、道玄坂を歩いて通いましたっけ♪
残念なことに、今は一軒も見当たらないようですが

お陰さまで
青春時代の思い出に束の間浸らせて頂けました♪

それにしても、渋谷の街にもこんなに落書きが増えて・・・・
ビックリ!!
Commented by kirafune at 2013-01-09 23:25
♪pradoさん

こんばんは!
ピカソを思わせるシャッターのあるお店は
マンハッタン・レコーズというレコード屋さんです。
京都の街中で建物の壁や階段に迫力ある絵を描くとしたら、
キーヤン(木村英輝さん)がいますね。
平成の俵屋宗達、または伊藤若冲といったところでしょうか。
青蓮院門跡の華頂殿にキーヤンが描いた
蓮の襖絵が私は好きです。
Commented by kirafune at 2013-01-09 23:27
♪katsuさん

いつも見事な作品を撮られるkatsuさんに
不得意な分野があるなんて、
信じられません。
是非、今度街撮りもお願いします^^
いい写真がきっと!
楽しみです。
Commented by kirafune at 2013-01-09 23:29
♪ゆみさん

ゆみさんも渋谷の街を活写されていましたよね。
どんな作品なのか、アップが待ち遠しいです。
早く見せてくださ~い^^
Commented by kirafune at 2013-01-09 23:32
♪deepseasonsさん

真正面を向いて、進むべき道へまっしぐら。
そんなに残された時間はないような、
いや、まだまだ先は長いと思いたいような・・・。
とにかく、前へ。
その一心です。
Commented by kirafune at 2013-01-09 23:34
♪しなこじさん

いつも見慣れた光景をただ撮って並べただけなので、
そんなふうに言っていただけて、びっくりしています。
渋谷の街はごちゃごちゃしていますが、
生身の人間が蠢く街のエネルギーが
充満していました。
Commented by kirafune at 2013-01-09 23:47
♪chisa_pie さん

こんばんは!
大盛堂書店やフルーツの西村は、今も健在です。
渋谷はchisa_pie さんの庭でしたね。
駅前スクランブルは昼間から夜にかけて、
いつも大勢の人が行き交っていますが、
この日は早朝だったので、人通りもまばらでした。
百軒店でジャズを聴かせるお店が今もあるのかなあと
調べてみましたが、クラシックやロックを聴かせる所はあっても、
ジャズのお店は残念ながらなかったです。
chisa_pie さんの思い出の場所が今それぞれ
どうなっているのか、訪ね歩くと
ちょっぴりほろ苦く、また懐かしいのでしょうね。
Commented by youpv at 2013-01-10 09:41
おはようございます~。
全てが繋がって、ストーリーになっているのが
素晴らしいですね。

こういった街角、京都では見ることが出来ないですね。
Commented by rollingwest at 2013-01-10 22:09
渋谷駅はこれから大変貌です!3月には東横線が副都心線経由で西武池袋線・東武東上線と直通運転となります。勤務地横浜で飲んで酔って電車に座ってしまうとよく自由が丘や渋谷まで乗り過ごし往復してしまい自宅に辿りつくのに時間を浪費してしまう小生ですが、渋谷がターミナルなので何とか被害が最小限になっておりました。3月以降は、目が覚めたら埼玉県所沢にいた・・なんていう事態にならないかと戦々恐々としております。(苦笑)
Commented by kirafune at 2013-01-11 07:29
♪youpvさん

おはようございます!
写真を眺めていると、自然に
ストーリーが浮かんでくるから
自分でも不思議な感じがします。
京都で落書きしたら、あかん。
叱られそう^^
Commented by kirafune at 2013-01-11 07:34
♪rollingwestさん

3月以降、飲み会の帰りに
横浜から埼玉まで旅されないよう
祈ります^^
でも、数回あるかもしれませんね。
その時は、言ってください。
所沢に友達が住んでいるので、
泊めてもらいましょう。
ただ、友人夫妻は
音楽の先生をしているので、
グランドピアノの下が空いてるそうです。
Commented by Jun at 2013-01-18 21:27 x
雲母舟さん、こんばんは!!
これは素晴らしいストーリーですね~。
あっぱれでございます^^
ズキューンと心を持っていってくれてありがとうございます~^^
Commented by kirafune at 2013-01-19 08:04
♪Junくん

おはようございます!
君のハートを狙い撃ち。
ズキューン^^
<< 都心の別天地「等々力渓谷」 河合神社の美人水 >>