九品仏で夢幻泡影

a0169902_6322054.jpg
緑の中、夏帽子の女が古刹の石畳を歩んでいた。



a0169902_6325120.jpg
ここは、東京・世田谷の九品仏浄真寺(くほんぶつじょうしんじ)。
巨木の銀杏や桜、楓が、広い境内を緑色に染め上げる。

a0169902_6325564.jpg
本堂対面には3つの阿弥陀堂があり、それぞれ三体、計九体の阿弥陀如来が納められている。

a0169902_6331183.jpg
新緑の伽藍の中に消えた女の姿はどこにも見当たらず、楓の枝が薫風にただそよぐばかりだった。

a0169902_6331352.jpg
初夏の緑に風が吹き 夢幻泡影に驚きて 静かに浮世を観ずれば わずかに刹那のほどぞかし

九品仏浄真寺
東京都世田谷区奥沢7-41-3
電話:03-3701-2029
料金:無料
交通: 東急大井町線「九品仏」駅から徒歩4分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2013-05-29 06:42 | 東京の街 | Trackback(1) | Comments(32)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/17862914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2013-06-09 11:34
タイトル : 初雪の東京雪景色
新雪の九品仏浄真寺 Kuhonbutsu Joshinji covered with fresh snow  今年の東京の初雪は予想以上の大雪となり、東急東横線の自由が丘駅に近い九品仏浄真寺も東京都内の景色とは思えないような雪景色になりました。  九品仏浄真寺は江戸時代に開山し、本堂の対面に3体阿弥陀如来像が安置された3つの阿弥陀堂あることから九品仏の名前がついています。この寺には、本堂と上品堂の間に渡された橋を菩薩の面をかぶった僧侶らが渡る二十五菩薩来迎会、通称お面かぶりの行...... more
Commented by doitsuwine at 2013-05-29 10:02
最初の一枚、いいですねぇ。
私は女性の後ろ姿が大好きです。
後ろ姿が素敵な女性は、男性から見てとても魅力的です。
私は決して彼女たちを追い越して、後ろを振り返ったりはしません(^^;)
夢は壊したくない・・・
Commented by kwc_photo at 2013-05-29 12:13
ちょっと南禅寺も彷彿させる山門風景ですね。
ミニ南禅寺、ってところでしょうか。世田谷にこんな場所があるのですね。
緑が美しいです。そして、いい被写体が歩いてくれていましたね。
つい、人を避けがちな私としては、人物を入れた風景写真という
のは新たな課題なのですが、なかなか・・・(^^)。

Commented by sho-m1228 at 2013-05-29 17:33
最後の写真が好きです。
幻想的!(・∀・)
Commented by y_merry at 2013-05-29 18:14
緑がとってもいいです。
東京でもこうした落ち着いて場所はあるんですよね
九品仏っていうから、一瞬、鎌倉にある九品寺かと思ってしまいました(^^;
Commented by arak_okano at 2013-05-29 18:16
アラックがこのお寺さんの境内を通るのは酔った時だけでした。自由が丘から尾山台まで歩きました。こんなに綺麗な緑とは知りませんでした、バグースをありがとうございます。
Commented by zeiss1221 at 2013-05-29 21:42
トップ画像、素晴らしいですね。
うーん・・・

それはそうと、私はこの九品仏は足を踏み入れたことがないんですよ。
いつでも行けると思っていたらダメですね。
しかし、「くほんぶつ」なんて読めないですよね~
Commented by うえっち at 2013-05-29 22:13 x
最後の写真が、何とも幻想的でいいですねぇ♪
Commented by WWMC at 2013-05-29 22:31
後ろ姿があまりに素敵なので雲母舟さんご本人かと思いました。
それはさておき(^^)都会の中のこんなお寺さん、ほんとに
興味がわきます。後ろから2枚目の光の色が素敵です。
Commented by lecouple at 2013-05-29 23:02 x
こんばんは。
皆さん、コメントされていますが、最初の写真に引き込まれそうになりますね。
こちらは、京都を連想させるお寺ですね。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:00
♪doitsuwineさん

ギリシャ神話のオルフェウスみたいに、
決して振り返ってはいけないのです。
美しきエウリディケの思い出は、
後姿の残像のみにとどめておくのが一番ですね^^
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:04
♪katsuさん

ミニ南禅寺って、私も思いました。
これが、東京の閑静な住宅街の中にある古刹なのです。
緑が多くて、驚きました。
それでもやっぱり、私は京都に行きたいですが。
人物を入れると、写真の印象が強くなりますね。
人って、たとえひとりでも、インパクト大です。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:05
♪shoさん

最後の写真、ありがとう。
風が枝をめぐる、さわさわさわって音が
まだ耳に残っています。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:08
♪merryさん

鎌倉にも九品寺があるのですね。
こちらには9体の仏像がありました。
私たちは、女6人いたので、
六品仏の会と、このとき、私が命名しました。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:10
♪アラックさん

アラックさん、以前にこのあたりでお勤めでしたね。
こちらは鷺草の群落で有名でしたが、
駐車場の拡張のため、
花の領域が削られてしまいました。
でも、桜や紅葉もよさそうですよ。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:13
♪zeissさん

あまり新緑については、しられていないのか、
とても静かな境内でした。
楓が沢山ありましたので、秋の紅葉もよさそうですよ。
東京には、緑があります。
「くほんぶつ」の読み方、難しいですね。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:15
♪うえっちさん

最後の写真で、浮世の儚さを表現しました。
うつりゆく季節と自然の姿がいとおしいです。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:18
♪shuさん

踊る観音なので、私のバックシャンは
あまり期待できないですね^^
2枚目ありがとうございます。
緑の風が境内を吹き渡っていました。
Commented by kirafune at 2013-05-30 08:20
♪lecouple さん

素敵な人をみかけると、
つい目で追ってしまいます。
シャッターチャンスは
逃さないようにしたいものです。
Commented by tossyk at 2013-05-30 21:50
世田谷 地方に住まうぼくはクルマが好きでとくに伊車など、
で、以前はそんなクルマたちを見たりしたくて世田谷とか電車を乗り継いだあの頃が懐かしいです。
そんなところに、こんな鎌倉にあるみたいなお寺があるなんて。
こんど、機会あったら散策してみたいです。
いつも、心に残る写真をありがとうございます。
最後の一枚、どうやって撮ったのか気になります。。素敵です。
7月最初の土曜、身内の結婚式で京都へ行きます。でも時間なくどこへも寄れないかな。。
Commented by りん at 2013-05-30 22:40 x
1枚目の後ろ姿にずきゅ〜んです^^
緑の爽やかな風を感じる1枚ですね^^
下から2枚目の構図、素敵ですね。
そしてラスト、とても幻想的なお写真・・・
紅葉の影を撮られたのでしょうか。
まさに夢幻泡影の様子ですね。
Commented by たーや at 2013-05-31 01:25 x
こんばんは♪
1枚目、こういう女性を撮る感性、敏感ですね。
その行動力がこの写真を生むんです。
素敵ですよ!

うーむ!?
やはり山じゃないような気がするな~(笑
でも雲母舟さんが撮る山岳写真も楽しみです!
Commented by kirafune at 2013-05-31 07:28
♪tossykさん

世田谷のこの辺りは、静かな高級住宅街ですね。
確かに、伊車もありそうです。
後輩で皇太子のお妃候補になった子の実家が、
やはり、ここ奥沢でした。
7月の最初の土曜日に京都ですか~。
いいなあ。
七夕が近いから、街中の白峯神宮あたりで
「七夕祭」の準備がされているかもしれませんね♪
Commented by kirafune at 2013-05-31 07:31
♪りんちゃん

最後の1枚は、お寺さんのお堂の壁に映る
楓の葉の揺らぎを撮りました。
後姿といえば、私はりんちゃんの新緑の中の後ろ姿の写真、
写真展に出そうかと大きく引き伸ばしたことありますよ。
去年の京都シリーズで^^
スナイパーおりんは、後姿もイケてます。
Commented by kirafune at 2013-05-31 07:34
♪たーやさん

山じゃないかなあ?^^
でも、山もとてつもない魅力がありますね~。
一度行くとわかります。
山には神がいますものね。
写真の神もいつか舞い降りないかなあ。
Commented by しなこじ at 2013-06-02 08:19 x
雲母舟さん おはようございます、お久しぶりです。
新緑の美しさはやっぱり堂宇が合いますね。
こちらのお寺さんは気になりながら行けないでいます、
美しい写真を見せていただき、新緑の季節に訪れたいと
あらためて思いました。
Commented by kirafune at 2013-06-03 06:34
♪しなこじさん

おはようございます!
下町の方からだと、なにか用事でもない限り
なかなか奥沢のお寺さんまでは
足が向かないですよね。
私も田園調布に住む友人に
連れて行ってもらいました。
こちらは、秋の紅葉も良さそうでしたよ。
Commented by 山水 at 2013-06-05 11:28 x
この寺をEテレの仏像入門番組で紹介していました 訪ねてみたいと思いましたがすっかり忘れてました
こうして改めて写真で拝見してまたその気になります
Commented by kirafune at 2013-06-06 07:16
♪山水さん

Eテレで、九品仏を紹介していましたか。
知りませんでした。
こちらの仏像は頭がブルーでした。
九体もあるので、仏像観察には持ってこいですね。
静かな境内は緑にあふれていました。
秋の紅葉や春の桜もきっと素晴らしいと思いますよ。
Commented by desire_san at 2013-06-09 11:42
雲母さん、こんにちは。
毎週のように行っているくほんぶつですが、雲母さんが写真にすると、京都のお寺のような雰囲気になりますね。女性の後ろ姿が効果的に雰囲気を演出していますね。私はこんなすてきな女性に九品仏で会ったことはありませんが (笑) ここには9体の阿弥陀如来がありますが、比較的新しい仏像です。本家の9体の阿弥陀如来といえば、奈良の浄瑠璃寺は関西に行く用事があると、必ず立ち寄るお寺の一つです。
Commented by kirafune at 2013-06-10 06:07
♪desire_sanさん

おはようございます!
毎週、九品仏に行かれているのですね。
あの界隈、おハイソな感じの町並みです。
素敵な女性がいっぱい歩いているはずなのですが(笑)
こちらの阿弥陀様、まだ新しいのですか。
本家の浄瑠璃寺も素晴らしいお寺さんだそうですね。
私もいつか行ってみたいです。
コメントありがとうございました^^
Commented by Jun at 2013-06-15 00:17 x
こんばんは!
お久しぶりです^^
う~ん、一枚目好きです!! 後姿大好き!!(笑)
最後の写真、さすがでござりまする~
Commented by kirafune at 2013-06-15 07:43
♪Junくん

おひさ~^^
元気してましたか?
男は背中で現実を語り、
女は背中で夢を語る。
最後の写真、ありがとさんです^^
<< Bar di Vino 「空色... 浅草の「アンヂェラス」 >>