宵山〇△□

a0169902_6365421.jpg
今日ちゅう日は二度と戻ってこへん。
そやし、うちは探しに行きまんねん、宵山ん日に。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_6371067.jpg

昨日と今日は、偶然並んでただけかもしれへん。

a0169902_6372280.jpg

今日と明日は、突然並んでおるんかもしれへん。

a0169902_6373457.jpg

がらっと窓開けたら突然明日がないこともおますやろ。

a0169902_6374364.jpg
せやかて、仙厓はん、うちはみつけたんや。
宵山ん〇△□を。

a0169902_6375696.jpg
大宇宙は至る所に存在しはるんかもしれまへんな。

祇園祭屏風祭
吉田家 新町通六角下ル

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2013-07-24 06:45 | 京都 | Trackback(1) | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/18159358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2013-07-24 12:27
タイトル : 祇園祭2013/懸装品見学と屏風祭
こちらは藤井絞の屏風祭。 祇園祭巡行までの間、鉾町では秘蔵の屏風や山鉾の懸装品を展示されています。 今日はその展示を中心に回って来ましたのでお届けします。 白楽天山。 今年は山拾貳(12)番です。 会所には巡行で山の上に飾られる白楽天と道林禅師の御神体人形が飾られていました。 こちらは岩戸山。 金幣と鳥居が会所に飾られていました。 この後ろに、三体の御神体人形があるのかな? 次は芦刈山。 扁額の文字の銘が松篁、とあります。上村松篁さんかな? ...... more
Commented by arak_okano at 2013-07-24 07:01
雲母舟さん的な宵山の紹介にバグースです。色々な楽しみ方があるのですね。
Commented by dejikaji at 2013-07-24 08:23
おはようございます。
ちょっとたどたどしい京都弁が読んでて微笑ましいです(*^^*)
会長さん宅である無明舎、今年の設えは斬新でしたね!
又、夏の特別公開ここでやってくれないかと期待しております。
Commented by miyakokoto at 2013-07-24 11:49
うわぁ~! 〇△□上手く表現されましたネ
とても良い勉強になりましたヽ(^o^)丿
応援 ポチ☆彡
Commented by kwc_photo at 2013-07-24 12:26
見事、祇園祭での○△□ですね。
三角って何かな~と思っていたら、なるほど!でした。
□の吉田家は坪庭がステキでしたね~。
TBさせて頂きます。
Commented by deepseasons at 2013-07-24 18:31
こんばんは~
去年と趣を変えた屏風飾りが何ヵ所かありましたが、確かに
こちらのは眼を引くものでしたね。 なるほど、まるさんかく
しかくですか、大宇宙は存在しているかもしれませんが、中々
「しかく」から抜け出せないです~
Commented by snow3grandma at 2013-07-24 19:12
和の坪庭とカラフル屏風のコントラストが
なんともいい雰囲気です。
至る所に、宇宙の采配は存在しますね。
明日があったら、御の字。
美しいものに会えたら、これまた、
御の字です。
Commented by うえっち at 2013-07-24 21:56 x
どの写真の色合いもステキですね♪
写真にも文章にも、引き込まれました(^-^)
Commented by borderlines at 2013-07-25 00:21
最後の写真のところ、私も軒下でg7さんと雨宿りしながら撮りました。(^^)
なかなかに現代的な屏風祭でしたねー。ギャラリーも多かったです。
>まるさんかくしかく
セザンヌが言った名言「自然を円筒形と球形と円錐形によって扱
いなさい」を思い出しました。(笑)
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:17
♪アラックさん

撮ってきた写真を眺めていたら
仙厓さんの〇△□が浮かんできて
それを記事にしてみました。
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:20
♪dejikajiさん

おはようございます!
たどたどしい京都弁、添削してくださいよ~^^
吉田さんのお宅、立派ですね。
会長さんが草履を履いて、
自転車で鉾町をいく姿を
お見かけしました。
夏の特別公開、お願いしたいですね。
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:22
♪miyakokotoさん

自分なりの捉え方で屏風祭を
表現してみました。
応援ありがとさんです^^
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:24
♪katsuさん

吉田家の坪庭、ほんと素敵ですね。
ほしいです(笑)
△はちまきでした。
吉田家のちまきは他にはないものだと
ゆうさんから教えてもらいました。
TBありがとうございます^^
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:26
♪deepseasonsさん

□から抜け出せない。
そこでもがくのが 人生の
醍醐味なのでしょうか。
そして、我々自身も宇宙の一部
なのかもしれませんね。
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:28
♪snow3grandma さん

生きてるだけで丸儲け。
誰かが言っていました。
毎日が祭のような気もしてきました。
わっしょい、わっしょい。
今日もがんばりましょう^^
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:28
♪うえっちさん

ありがとうございます。
うえっちさん、写真展がんばってね。
Commented by kirafune at 2013-07-25 07:31
♪魔術師さん

吉田家を魔術師さんとG7さんも
撮影されたのですね。
私たちもここで一雨ぱらついたので
雨宿りでした。
セザンヌ、私も思い浮かびましたよ。
今回は仙厓さんにしました。
シンプルな絵は逆に鋭いですね。
Commented by doitsuwine at 2013-07-25 20:16
大宇宙の中の小宇宙、小宇宙の中の大宇宙。
こない体感できるんは日本広しとゆうても、京都より他にあらへんがな。
ほんなら見てみぃ、大阪料理も東京料理も鎌倉料理も奈良料理も、そんなんあらへん。
あるのは「京料理」だけやて。
その料理一つにやって小宇宙があるねん。
わかりまっか?
ほな、さいなら。
ご機嫌宜しゅう。
おおきに(^^)
Commented by tossyk at 2013-07-26 00:05
心に「グさっ」とくる写真ばかり・・・・・
師匠!! 8月お盆、大文字に行きたいのですが、昼の暑いとき・・
どこへ行ったらよろしいでしょう・・またまた、ご教示お願いいたします。
前回は、本当に有り難うございました。
ダラダラとまだやってます(笑)
Commented by kirafune at 2013-07-26 06:35
♪doitsuwineさん

ノリのいい楽しいコメントを
ほんまおおきに^^
確かに「京料理」とはいいますが、
他はあんまり聞いたことがないですね。
京都には宇宙がいっぱい。
それをみつけるのも楽しみのひとつです。
Commented by kirafune at 2013-07-26 06:40
♪tossykさん

七夕の京都巡り、楽しんでいただけて嬉しいです。
記事を拝見させていただいて、にやにやしていました。
暑い中、お疲れ様でした。
8月の京都に行かれるのですね~。
昼間の町中の京都を歩くのは
ちょっと正気の沙汰ではないですが(笑)
よかったら、右上のメルアドに連絡先を。
雲母舟流真夏の京都の過ごし方をご紹介します。
Commented by youpv at 2013-07-27 05:40
おはようございます。
吉田さんの坪庭、本当に好きです(^^)
坪庭の中では京都で一番綺麗だと思っています。
数年前に特別公開していただいたのですが
また中を見せていただきたいです(^^)
Commented by kirafune at 2013-07-27 09:56
♪youpvさん

おはようございます!
吉田家の坪庭、いつも屏風祭のときに
見せていただきますが、本当に素敵ですね。
「京の坪庭」という水野先生の写真集を
時々眺めては、いいなあと憧れています。
私もいつか、坪庭のついた町家がほしいなあなんて^^
吉田さん家もまた特別公開していただけたら
うれしいのですが^^
youpvさん、会長さんにそっと耳打ちしておいてください。
Commented by rollingwest at 2013-07-27 13:08
蒸し暑い京都の夏も山鉾の コンチキチンの熱きお囃子
Commented by kirafune at 2013-07-28 08:41
♪rollingwestさん

ほんに京の夏は暑いどすなあ。
でも、コンチキチンのお囃子が聴こえると
また、新幹線に飛び乗ってしまいます。
1か月の長きにわたった祇園祭も
もうすぐ、最終章です。
<< 南禅寺門前の蓮 中華そば萬福の朝 >>