復興支援チャリティー写真展「未来への色」

a0169902_2226389.jpg
未来は、あなたに何色を足す?

第1部「光・風・色」富山のミュゼふくおかカメラ館で ¥359,082
第2部「未来への色」富士フォトギャラリー 新宿で ¥856,282

2部合計で、昨年の1,106,531円を上回る 計1,215,364円の義援金が集まったそうです。




a0169902_22261912.jpg
あなたは、未来に何色を足す?

a0169902_22263562.jpg
新宿御苑のそばにある富士フォトギャラリーへ。

a0169902_22264844.jpg
わが師・菊池 哲男先生が中心となって開催されてきた、復興支援チャリティー写真展も今年で3回目となった。

a0169902_2227435.jpg
東日本大震災から2年。
今年も、NATURE PHOTOの人気写真家8人の先生方が、復興支援のために一致団結した。
福田 健太郎先生

a0169902_2227154.jpg
2013年のテーマは「未来への色」。
深澤 武先生

a0169902_22274391.jpg
秦 達夫先生は少年のような瞳で、鯨をゴムボートから撮ったときのことを話してくれた。

a0169902_22275818.jpg
米 美知子先生は紅一点の人気女流写真家。

a0169902_2228959.jpg
美人の先生のように、その作品も美しい。

a0169902_22283329.jpg
今年も日本の四季を

a0169902_22284899.jpg
感じさせてくれた清水 哲郎先生

a0169902_2228582.jpg
明るい緑の中のエゾフクロウの写真は、前川 貴行先生

a0169902_22292236.jpg
今年はモノクロでキメてくれた岡嶋 和幸先生の作品はまるで前衛絵画のようだ。

a0169902_22293939.jpg
網走のオオハクチョウもあなたのお越しを首をなが~くして待ってます。

(撮影9月1日)

<8人の先生方の在廊表>
a0169902_22295721.jpg

8人の写真家は次の通りです。
菊池 哲男先生岡嶋 和幸先生清水 哲郎先生福田 健太郎先生秦 達夫先生深澤 武先生
前川 貴行先生米 美知子先生

復興支援チャリティー写真展「NATURE PHOTO AID 2013 未来への色」
会期:2013年8月30日(金)〜9月5日(木)

東京都新宿区新宿1-10-3 太田紙興新宿ビル1F 富士フォトギャラリー新宿
電話:03-5368-2530
営業:10:00~18:00 (9/2~4は19:00まで・最終日は14:00まで)
料金:無料
交通:地下鉄丸の内線「新宿御苑前」駅2番出口より徒歩2分


★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2013-09-02 00:00 | 展覧会 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/18484096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sky-yy at 2013-09-02 00:24
今年もこの季節~
昨年の会場で偶然お会いして秋の鎌倉ツアーが決定したんですものね。
何か行動を起こしたくなるような気持ちにさせてもらえる写真展
今回も都合をつけて是非出掛けたいと思います。
Commented by kirafune at 2013-09-02 06:56
♪skyさん

あれから1年・・・。
また季節が巡ってきました。
昨年、偶然に会場でお会いしたのは
やはり偶然でなく、必然だったのでは
と今にして思います。
skyさんのおかげで、ほんと楽しい充実の撮影会でした。
そのきっかけを与えてくれた、先生方の写真展。
今年もますます素晴らしかったです。
菊池先生は毎日会場に在廊されてますので、
お声をかけてみてください。
Commented by sho-m1228 at 2013-09-02 11:22
私も土曜日行ってきました。
kirafuneさんとは菊池先生つながりでもあるんですよね、なんか不思議です。

やはりプロはすごいと思いました。
出来ることからコツコツと、地道に続けようと思います(・∀・)
Commented by snow3grandma at 2013-09-02 13:51
被災地を忘れず復興に支援を続けて下さる
人がいる…、日本って慈しみの心が
生き続けているよい国です。

それにしても、素敵なお写真!!
今回は無理ですが、見に行ってみたいです。
kirafune さんにも、お会いできる
偶然があるかもしれないってこと…?。
次回に期待!
Commented by deepseasons at 2013-09-02 20:08
こんばんは~
どれも素晴しい写真ばかりです。 当然、プロの方の作品ばかり
なので当然ですが・・・ このようなNATURE PHOTOと撮られて
いる時は自然の中で孤独なんだろうなあとふっと思いました。
でも、先生方の笑顔がまたいいですね~
Commented by WWMC at 2013-09-02 21:06
素晴らしいことです、それしか言葉がないですね。
それぞれの写真家の方々の作品にも篤志にも感動します。
私達も何かできることをしていかなくてはならないなと
改めて思いました。ありがとう。
Commented by うえっち at 2013-09-02 21:20 x
見たい!
大阪の富士フィルムのギャラリーでやらないのかなぁ(^^;)
Commented by limecafe at 2013-09-03 06:52
もうあれから1年ですか~。
今年は時間的に行けないかなー?
残念!
Commented by kirafune at 2013-09-04 06:50
♪SHOさん

ニアミスでしたね~。
「出来ることからコツコツと」
右にならえです^^
素敵な言葉とご縁に感謝!
Commented by kirafune at 2013-09-04 06:52
♪snow3grandmaさん

来年の5月に、私も仲間と一緒に
被災地を応援する気持ちで
4回目の写真展を開催予定です。
お会いできたら、嬉しいです^^
Commented by kirafune at 2013-09-04 06:57
♪deepseasonsさん

「日本アルプスの大きな山懐に抱かれて、
幾たびの夜をたったひとりで明かしたことだろう」
師匠の菊池先生も、写真集の中で書かれています。
本気で撮りに行くときは、やっぱりひとりなんですね。
deepseasonsさんの言葉に、私もはっとしました。
Commented by kirafune at 2013-09-04 06:58
♪shuさん

わたしたちもできることを
こつこつと地道に
続けていけたらいいですね。
また、よろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2013-09-04 07:00
♪うえっちさん

去年もそうおっしゃっていただいたような^^
各地での開催も検討されるといいなと
私も思います。
Commented by kirafune at 2013-09-04 07:01
♪JINさん

あれから1年。
早いですね。
明日まです。
JINさん、行かないと損ですよん^^
Commented by hidetatu32jp at 2013-09-04 22:17
ご無沙汰しております^^
なんだかすごいメンバーですね・・・
チャリティー写真展。
チャリティー、そういう気持ちを持っておられる方は
人の気持ちがわかり、人と共感できる部分を
多く持っておられそうです。
私も生きているうちに写真で社会貢献していきたいというのが
ちょっとあって写真撮ってます。
はやく復興してほしいです。
いやいやほんとご無沙汰して申し訳ないです。
もう、なんだか町内役員が激しくて
なかなかゆっくりブログしてる時間がなくて。。。
でもコメントはすっごく嬉しいです。いつも
ありがとうございます^^
Commented by たーや at 2013-09-05 01:34 x
ああ!菊池先生、秦先生、米先生、、、行きたいのは山々。
山には、よく行きますが(笑
これだけの巨匠が集まる写真展、是非関西でも開催して欲しいものです。こっそり、師匠にリクエスト!?お願いします。
でもこのレポで楽しめました。
Commented by kirafune at 2013-09-05 06:49
♪hidetatuさん

人と共感できるって、うれしいことですね。
hidetatuさん、地域の人たちのために
日々奔走されているのではないですか。
まずは実生活があってこそのブログです。
段々、年とともに、自分のことだけやっているのでは
虚しい感じになってきます。
なにか社会の役に立つようなことしなければと
自然にそんな気持ちになりますね。
hidetatuさん、町の顔役として
これからもますますご活躍くださいね。
お写真もいつも楽しみにしています。
Commented by kirafune at 2013-09-05 06:53
♪たーやさん

師匠にリクエストしてみますね。
レポをお楽しみいただけて
よかったです。
朝山さんもがんばっていましたよ。
また、先生方にサインいただきました。
今度ね。
Commented by mint at 2013-09-05 16:38 x
こんにちはぁ^^
ん~~~ 大阪でも開催して欲しいなぁ♪
実際にこの目で見てみたいっ!!
多分、去年も書いたような気がしますが・・・^^;
日本って改めて
人の心も自然も、美しいって思います^^
Commented by kwc_photo at 2013-09-05 21:48
プロの先生が在廊されるのですね~。近くなら行ってみたい!
新宿かぁ(^^ゞ。
山や自然を撮る人たちは、常に自然と向き合っていないと
いい写真が撮れないんですよね~。
私は以前はフィルムカメラの頃、富士山に通ったり、大台ケ原に通ったり
していましたが、一日中、山と向かい合ってました。
それでもやっぱり数日くらいのことでは、なかなか・・・。
だから、すごい一瞬やすごい色の朝焼け夕焼けなどを見たりすると、
この一瞬をものにするために、どのくらい粘ったのかなぁって
気になっちゃいますね(^-^)。
Commented by kirafune at 2013-09-06 06:39
♪mintさん

おはようございます!
日本の四季が織りなす自然の美しさは
言葉では言い尽くせませんね。
その自然美を記録に心にとどめておける
写真の力、人の力を信じたい。
そんなふうに感じた写真展でした。
Commented by kirafune at 2013-09-06 06:45
♪Katsuさん

山や自然と真剣勝負で向き合っていた人
だからこそのコメントをありがとうございました。
一朝一夕には、なかなか、いい写真は撮れないですね。
実際、師匠の菊池先生も、テーマとなる白馬岳には
それこそ数えきれないほど、登って撮影をされてるそうです。
通える場所、自分のテーマをみつけられた人は
幸せですよね。
たった1枚の写真には、その裏に、膨大な汗と涙が
隠れているのかもしれませんね。
いつか富士山や大台ケ原のお写真も
見せてくださいね~^^
Commented by sky-yy at 2013-09-08 00:42
体調を崩していて今回はお邪魔できずほんとに残念でした。
こちらのレポートで感動を分けて頂くことができました。
それぞれの先生方の素晴らしい世界感と熱意、グッと胸に来ますね。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:25
♪skyさん

体調の方はその後いかがですか?
くれぐれも無理なさらず、どうか
お大事になさってくださいね。

今年で3回目の先生方の写真展、
全倍サイズの素晴らしい作品が
ずらりと並び、壮観でした。
続けてゆくことの大切さを感じました。
また、来年もよろしくお願いします^^
<< アンドレアス・グルスキー展 箱根登山鉄道 夏の残像 >>