アンドレアス・グルスキー展 sanpo

a0169902_1024031.jpg
現代アートの美術館とは?




a0169902_10241078.jpg
神なき時代に

a0169902_10242135.jpg
神を探す神殿なのかもしれない。

a0169902_10245057.jpg
ドイツ現代写真を代表する写真家、アンドレアス・グルスキーによる日本初の個展が現在開催中。

a0169902_1025189.jpg
代表作の《99セント》の載ったパンフを見せて、もうすぐ20歳になる息子が言った。

a0169902_10251098.jpg
「お母さん、あんた写真やってんだろ。

a0169902_10252072.jpg
花や風景を撮るのもいいけどさ、

a0169902_10252813.jpg
世の中にはいろいろな作風があるってことを

a0169902_10254498.jpg
知っておくのも悪くないんじゃないの」

a0169902_10255786.jpg
神なき時代に、圧倒的写真世界をまざまざと見せつけられた。
やはり、もしかするとこの世には・・・。
呆然自失で、ガラス張りの神殿をあとにした。

ANDREAS GURSKY | アンドレアス・グルスキー展
東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 企画展示室1E
会期:[東京展]2013年7月3日〈水〉→9月16日〈月・祝〉/[大阪展]2014年2月1日〈土〉→5月11日〈日〉in 国立国際美術館
電話:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
開館:10:00-18:00(金曜日は20:00まで)
休み:火曜日
料金:1,500円
交通:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅改札6出口(美術館直結)

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2013-09-07 10:28 | 展覧会 | Trackback(4) | Comments(20)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/18521046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 花景色-K.W.C. P.. at 2013-09-07 17:37
タイトル : 東京出張シリーズ その5(国立新美術館~再び新宿へ)
再び新宿を訪れました。まだ明るい時間。お月様が都庁の上に。なんと、4月に大阪中之島の美術館にくるルノワールの展覧会が、東京でやってました。 これは行かねば!と乃木坂へ。 国立新美術館の「新」の文字をかたどったロゴは、佐藤可士和デザインだそうな。 そして、建物は故 黒川紀章氏設計。斬新な外観、斬新な内装でした。 日が沈む・・・。ルノワールを堪能して、大満足です。ホント、素晴らしい展示でした。大阪に来た時も、もう一度行ってしまうかも。イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の絵は大阪で...... more
Tracked from fiat lux pho.. at 2013-09-07 20:30
タイトル : 0729:Tokyo snap 30
桜の便りもちらほら聞こえてくるようになりました。 皆さま、よい週末を。... more
Tracked from 日々の暮らし,あれこれ at 2013-09-07 23:32
タイトル : 『アンドレアス・グルスキー展』を観た夏の日♪
2013.8.31(土)[E:sun] 8月最後の2日間は体温を超える暑さが続き... more
Tracked from Illusion on .. at 2014-08-12 08:24
タイトル : 東京おのぼりさん日記 六本木アート・トライアングル 国立..
六本木ヒルズ森タワー53 階にある森美術館に2007年にオープンした国立新美術館とサントリー美術館を加えた3つの美術館は、地図上で三角形を描く「六本木アート・トライアングル」として新しいアートの拠点をめざし、展覧会チケットの半券で、他の2館の観覧料が割引になる「あとろ割」を実施するなど様々な連携がなされています。 これはArt好きにはいい企画ですね。(^^) さて、Tokyo Midtownを離れて私が目指したのは国立新美術館。ここの建物は曲線美が美しいとの情報があって、撮りに寄ってみ...... more
Commented by suzu-clair at 2013-09-07 17:15
新美術館、好きです。
あの曲線の空間が好きなのですが、
今年は、もうひとつ興味ある企画展を見つけられず、
足を運んでいなかったのですけど・・・
そんな展覧会をしていたのですね。

息子さん、素敵なアドバイスをくださるのですね☆
Commented by kwc_photo at 2013-09-07 17:38
黒川紀章氏設計の国立新美術館、斬新ですね!
そして、内側から撮ったら、こんな感じなのですね。
以前、出張の時に行ったのですが、内側から撮るのを忘れていました。
美術館自体が芸術的!で素晴らしいですよね~。
出張時の記事てTBさせていただきますね(^-^)。
Commented by borderlines at 2013-09-07 20:42
アンドレアス・グルスキー氏の作品、現代アートしてますねえ。(^^)
まったく刺激的です。
Commented by うえっち at 2013-09-07 22:01 x
ここの写真をよく見かけてて、どこだろうと思ってたんですけど国立新美術館やったんですね!
ここの写真、撮ってみたいです♪
Commented by 寅次郎 at 2013-09-07 22:26 x
雲母舟さん、こんばんは。
生意気盛りの息子さんをしっかり受け止めているお母さん。素敵です。
Commented by deepseasons at 2013-09-07 22:27
こんばんは~
無知な私は、この写真家も知りませんでした。 でも、思わず
興味をもってクリックしてしまいました。 確かに刺激的な作風
です。 来年には大阪でも作品展があるようなので覚えておき
ます。
Commented by chisa_pie at 2013-09-07 23:30 x
雲母舟さん
こんばんは!

グルスキー展に行っていらっしゃったのですね♪
私も先日行ってきました。
作品の大きさとその迫力に圧倒されました。
篠山紀信展の時もそうでしたが
作品の大きさにおどろかされてしまいますね。
新美術館の建築は私も大好きですし、
六本木は昔から時折出かけたくなる街でした。
街には素敵な建物が多くて楽しめますし♪
TBさせてくださいね。
Commented by fukuyuminia at 2013-09-07 23:31
こんばんは☆
この写真展、つい先日、友達にオススメされたのです!
こういう写真を撮られる写真家さんなんですね~。
息子さんにズバッと言われちゃいましたね^^;
私もなるべくいろんな写真を見るように心がけています。
自分にはない感性に刺激を受けることが度々あります。
国立新美術館て面白い建物ですね。
建築物を撮るのが苦手な私でも楽しんで撮影できそうです♪
Commented by y_merry at 2013-09-08 00:01
ちょっと興味があって行きたいなぁ〜
と思っていたのですが、来週までだったか!!
このところ、行きたい!!と思っても美術館系は、ちょっと厳しい状況
そっかぁ、美術館内をこうして撮るといいのか
実習で行った事あるのですが、どう撮ったらいいか分からなくて(^^;
曲線的で、被写体としては面白いと思うんですけどね
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:05
♪suzu-clairさん

新美術館、あの天井の高い
広々とした空間が私も好きです。
グルスキー展は、息子に勧められ
半信半疑で行ってみましたが
かなり面白い企画展だと思いました。
ピアノの詩人・加古さんの「黄昏のワルツ」、
私もsuzu-clairさんの記事で知り、
初めて聴かせていただきました。
朝から泣いてしまいました。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:08
♪katsuさん

黒川紀章さんの建築はほんと凄いですね。
あの晩年の選挙活動さえなければ・・と
つい思ってしまいます。
国立新美術館、いつ行っても撮りたくなります。
katsuさんも今度は内側から。
TBありがとうございました^-^
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:08
♪魔術師さん

グルスキーさんの写真は、絵画のようです。
かなり強い衝撃に近い刺激を受けました。
デジタル処理の技、半端ないです。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:08
♪うえっちさん

東京にいらしたときは、
六本木の国立新美術館へ!
ここの建物は
「さあ、あたしを撮ってよ」
と自らぐいぐいと迫ってきますよ♪
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:11
♪寅次郎さん

おはようございます!
生意気盛りの息子の言葉、
いつも胸にぐさっときます。
負けるもんかと思います^^
でも、悔しいのですが、
実は子に教わることが
多々ありますね。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:11
♪deepseasonsさん

おはようございます!
私も息子に言われるまでは、
まったく知りませんでした。
グルスキー?なんじゃそれ。
でも、見に行ってみて、よかったです。
若い人が大勢見に来ていましたよ。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:13
♪chisa_pieさん

おはようございます!
chisa_pieさんも、グルスキー展に
行かれていらっしゃいましたか。
ほんと凄い迫力でしたね。
わたし、あのような作品を大量に見たのは
生まれて初めてで度肝を抜かれました。
新美術館の建てものも大好きです。
TBありがとうございました。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:16
♪fukuyuminiaさん

おはようございます!
この写真展は、トレンドに敏感な方は
チェックされているのですね~。
こんなすごい写真が一挙に見られるチャンスは
滅多にないですものね。
ゆみさん、もう、行くっきゃないですよん。
いろんな写真を見るのって、ほんと勉強になりますね。
大いに刺激を受けました。
国立新美術館のうねる曲線、ゆみさんなら、
どう撮られるのでしょう?
また、見せてくださいね。
Commented by kirafune at 2013-09-08 10:17
♪merryさん

行きたいなぁ〜と思った時が吉日で。
まだ、開催してますよ^^
新美術館は、被写体としても
とても魅力的ですよね。
企画展以外の空間には自由に入れるので
撮り放題。
広くて、ゆったり。
写真鑑賞も撮影も楽しめました♪
Commented by iris304 at 2013-09-08 11:43
こんにちは
何て素敵!!私のとは大違い!!
と思って拝見してましたら 雲母舟さんでした。
こんな風に見ると 又別の生き物のようです。
やはり センスなのですね。
息子さんもきっと 素晴らしい感性をお母様から
受けついでいらっしゃるのでしょうね。
あいりす
Commented by kirafune at 2013-09-09 06:27
♪irisさん

おはようございます!
アイリスさんも、一角獣を見に
新美術館に行かれていたのですね。
同じものを見るとき、撮るとき、
それぞれ見る人によって視点が違うのが
面白いなと思います。
アイリスさんの息子さんのセンス、素敵です。
PCのディスプレイにそっとかけてある
トナカイのタペストリー、イカしてます^^
<< 2020年東京五輪決定! 復興支援チャリティー写真展「未... >>