深窓の令嬢 in 世界らん展

a0169902_823966.jpg
深窓の令嬢をみかけたら



a0169902_825969.jpg
けっして根掘り葉掘り、聞いてはいけない。

a0169902_831027.jpg
若い頃、職場の同僚にとても美しい女がいた。

a0169902_832278.jpg
名家の令嬢なのに気さくで、下町育ちの私の隣席で、いつも優しく接してくれた。

a0169902_833410.jpg
都心にある彼女の家に遊びに行くと、庭に樹木が生い茂り、公園みたいに広かった。

a0169902_834320.jpg
あるとき、職場のみんなとランチの席で、
子供時代の遊びについての話題になったことがある。

a0169902_835274.jpg
私はなにげなく、代議士の父と兄を持つ深窓の令嬢にも、つい聞いてしまった。
「ねえねえ、子供のとき、どんな遊びしてたの?」

a0169902_84498.jpg
すると、令嬢は微笑みながら答えた。
「わたくしはよく兄たちと、金〇つぶしをして遊んでいましたの」

a0169902_841470.jpg
「えっ、今、なんて?!」
そこにいる全員が凍りついた。

a0169902_842213.jpg
「ですから、わたくしのところでは・・・」
同じ言葉が繰り返された。
庶民の私には窺い知れない世界がある。
その時、心底思った。

a0169902_843741.jpg
深窓とは、うっかり開けてはいけない窓のことである。

世界らん展2014

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-02-24 08:09 | 展覧会 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/19499737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-02-24 15:23
こんにちは
色彩が溢れてきれいですね。
らんの花には、こんなに沢山の色があるんだと、改めて思いました。
深層の令嬢の、深層をもっと知りたくなりました。
例えば彼女の金科玉条は??
あ、窓を開けてはいけないんでしたね(^_^;)
Commented by snow3grandma at 2014-02-24 15:31
深窓の令嬢も、人間だものby相田みつを。
(あ、違ってました?)

昨日のらん展最終日に出掛けて行った夫は、
らんのお嬢様たちを、連れて帰りました。

200鉢を超えるランのお嬢様たちも、
下々の暮らしに慣れ、
温室でなくても、たくましく咲いております。

お持ち帰りのお嬢様も、
華麗な花を楚々と咲かせられるように(^^♪
Commented by ei5184 at 2014-02-24 18:59
うっかり開けてしまった事があったのです!
若気のいたりです! 分不相応も顧みず、つい開けてしまいました!
その後の顛末ですか? とても此処ではお話出来ません!
彼岸までもって行こうと思っています・・・なんてね(笑)
Commented by dejikaji at 2014-02-24 21:03
kirafuneさん、こんばんはです。
今日の自分の慎ましやかな梅とは大違いの怒濤の色彩のパンチでノックアウトです~!!!
Commented by kirafune at 2014-02-24 23:57
♪tabi-to-ryokouさん

こんばんは!
東京ドームには、3000種10万株の蘭が
咲いていて、とても華やかな雰囲気に
包まれていました。
ご令嬢の金科玉条をお知りになりたい?
それならやっぱり、窓をあけないと^^
大丈夫ですよ、肝をすえていけば(笑)
Commented by kirafune at 2014-02-24 23:59
♪snow3grandmaさん

ご主人様も最終日に行かれたのですね~。
どこかですれ違っていましたね。
蘭が200鉢も!
たくましく冬の日本で暮らすお嬢様方に
好感が持てました^^
Commented by kirafune at 2014-02-25 00:02
♪eiさん

若気の至りって、誰しもありますね~。
開けちゃいけない!
そう言われると、開けてみたくなるのが、人情です。
今度、事の顛末をじっくり膝を突き合わせて
伺いたいものです^^
Commented by kirafune at 2014-02-25 00:05
♪デジ鍛冶さん

京都の慎ましやかな梅、いいですね~~~。
古都の花は上品で清楚で雅。
かくあるべし!
と、唱えてみました。
Commented by さっちゃん at 2014-02-25 08:40 x
楽しく読ませて頂きました(^.^)
イメージを壊す楽しさを深窓のご令嬢は心得ておられたのでしょうか?
次回作、楽しみにしてます(^◇^)
Commented by 笑みりん at 2014-02-25 10:06 x
こんにちは~♪
さすが、雲母舟さん、同じらん展へ行かれても、目の付け所が違いますね。
感動しました。
開けてはいけない窓、興味ありますね(笑)
Commented by kirafune at 2014-02-26 08:26
♪さっちゃん

深窓のご令嬢のお宅に遊びに行くと
お兄様という方が、真っ白な下着姿で現れたので
びっくりしました。
「あら、お兄様、いらしたの」なんて感じでした。
深窓って、文字通り、深いです^^
Commented by kirafune at 2014-02-26 08:28
♪笑みりんさん

おはようございます!
笑みりんさんも、らん展に行かれたのですね。
拝見しました~。
たっぷりと楽しめましたね、10万の蘭たち。
本当に華やかでしたね。
私は窓の中の蘭をみつけると、
すぐ物語が浮かんできました。
Commented by suzu-clair at 2014-02-27 00:05
わあ~
世界らん展、一度どんなものか見てみたいなあと思っているんです☆

こんなに華やかなのですね~。
和の蘭も多くあるのでしょうか?
きらびやかな蘭の世界にうっとりです・・・☆
Commented by kirafune at 2014-02-27 08:54 x
♪すずさん

おはようございます!
西武ドームのバラショウは
毎年行っているのですが、
らん展は久しぶりでした。
蘭の愛好家も沢山いるのですね。
和の蘭もありましたよ。
色や形がちょっと洋蘭に比べると
地味でしたが、和の庭や日本家屋には
合うのかなと思いました。
<< 春の光の中で 雪の日の花咲か姉さん >>