宝戒寺 椿の炎

a0169902_1722313.jpg
赤い椿。
あなたは私の胸の中で炎のように輝く。




a0169902_17221996.jpg
萩の寺として有名な鎌倉の宝戒寺さん。

a0169902_17223253.jpg
春先の今は、境内を椿の花が彩っていた。

a0169902_17224584.jpg
昨年、台風の被害を受けた梅は、分が悪かった。

a0169902_17225773.jpg
弱りながらも健気に咲く梅。

a0169902_1723890.jpg
西日のあたる梅の花を見ていると、強い視線を背中に感じ、振り返った。

a0169902_17231972.jpg
沢山の赤い椿が、控え目ながらじっとこちらを見ていた。

a0169902_17232681.jpg
ぽとり。
庭の水鉢に椿が落ちた。
その瞬間、花にも炎のように輝くいのちがあったことを想った。

 
(撮影3月中旬)

宝戒寺
神奈川県鎌倉市小町3-5-22
電話:0467-22-5512
拝観:8:00 ~16:30
料金:大人(中学生以上) 100円
交通:JR横須賀線「鎌倉駅」東口より徒歩13分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-03-23 17:30 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/19598936
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tabi-to-ryokou at 2014-03-23 20:24
こんばんは、今年は梅には気の毒な年でしたね。
でも椿がきれいに咲いてくれて良かった。
>ぽとり。 >庭の水鉢に椿が落ちた。
>花にも炎のように輝くいのちがあったことを想った。
「ぽとり」という音を聞くと、僕の心臓が「ドキッ」とするのですが、
炎のようでなくとも、一花も、ふた花も咲かせたいと思います。
宝戒寺は萩で有名ですが、木造地蔵菩薩坐像と木造歓喜天立像が有名です。
でも歓喜天立像は見たことが無いので公開日があったら是非見てみたい。


Commented by kirafune at 2014-03-23 20:47
♪tabi-to-ryokou さん

「ぽとり」という音でどきりとさせてしまって、すみません。
視線を感じてぱっと振り向いたときに、私は
ホスピタルで最期のときを過ごしていた作家の森瑤子さんの
見舞客に向けた「目」をとっさに想像しました。
赤い椿の西洋での花ことばは
「あなたは私の胸の中で炎のように輝く」です。
木造歓喜天立像、私も見てみたいです。
歓喜天の胸の中に赤い炎が見えるかもしれませんね。
Commented by ei5184 at 2014-03-23 21:45
あざやかな椿です!
炎の様と形容されたほど、見事な紅ですね。
少し以前ですが椿と山茶花の見分け方を教えていただいたのですが、
そこばかりが気になり、撮影が疎かになってしまっていました(笑)
Commented by suzu-clair at 2014-03-23 23:26
椿、美しいですね。
落ちてもなお、命の輝きを感じます。

梅は、台風の被害を受けたのですね。
それでもなお
花を咲かせてくれる花木は、
けなげで愛おしいです。
梅の木の上の、青空に浮かぶ半月も風情がありますね。
Commented by kwc_photo at 2014-03-24 00:21
落椿がきれいな時期になりましたね。
私も落椿、撮ってあるんですが、桜が咲いてしまいました(^-^)
今日から桜撮影、スタートです。
ウキウキするけど気ぜわしいですね(笑)

水盤に浮かべられた落椿、綺麗ですね。
こっちを見ている・・・という気持ち、わかります(^-^)。
Commented by kirafune at 2014-03-24 07:26
♪eiさん

椿と山茶花の見分け方、遠めだと
どちらがどちらだかわからないです。
花の落ち方が違うようですね。
山茶花は花弁がはらはらと、
椿は花ごとドサッと。
椿の落ち方は凄味がありますね^^
Commented by kirafune at 2014-03-24 07:29
♪すずさん

こちら宝戒寺さんの門を入ってすぐのところに
かなり立派な白梅の老木があるのですが
台風で花付きが今年は悪いとお寺の方が
おっしゃっていました。
全体的に梅の元気がなかったです。
梅をあてにして行ったのが
椿の木が思いのほかたくさんあって、
夢中で撮影してしまいました。
Commented by kirafune at 2014-03-24 07:31
♪katsuさん

いよいよ早咲きの桜撮影が京都でスタートですね。
katsuさんの桜情報を拝見しながら
今年の作戦を練りたいと思います。
どうぞよろしくお願いします^^
Commented by limecafe at 2014-03-24 07:53
春の鎌倉、恒例になってきたみたいですねぇ(^^)
色とりどりの春の花、素敵です!
鎌倉、行きたいな~^^。
Commented by davidmittu at 2014-03-24 08:56
おはようございます。
たしかに炎のような椿ですね!
椿、梅の美しさに魅了されながらも、
宝戒寺さんの料金100円に目がいってしまいました(笑)
Commented by dezire at 2014-03-24 18:17 x
KIRAさん、こんばんは。
すてきな写真を時々拝見して楽しませていただいています。
赤い一輪の椿の花は、凛として存在感がありますね。
KIRAさんご自身を表現されいるようですね、と書いたらキザっぽいと怒られるかも知れませんが、写真というものは、やはり自分を表現できることが大切だと思えてしまうのです。
自分にはなかなかそういう写真は撮れませんですね。
サンゴに庭の水鉢に落ちた椿の写真を載せられていのは、このサイトに物語性を持たせていて、味わい深く、考えさせられました。さすが、見事だと素直に思っています。

私も久しぶりに梅の写真をブログに載せてみました。KIRAさんには及ぶべきもありませんが、ご感想やアドバイスなどコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by kirafune at 2014-03-24 21:34
♪JINさん

春の鎌倉、いいですよ~。
高校生の頃から春の鎌倉好きでした。
いつもコースは北鎌倉から・・・。
JINさんもまた行きませんか~^^
Commented by kirafune at 2014-03-24 21:37
♪davidmittuさん

こんばんは!
情熱を内に秘めたような赤い椿の花
もの言わずとも、何かを語っているような
そんな雰囲気のある花ですね。
そして、拝観料のこと、
あまり気にとめていませんでしたが
確かに京都に比べると、全体的に
鎌倉は安いですね~。
何故なのでしょう???
Commented by kirafune at 2014-03-24 21:42
♪dezireさん

いつのまにしょうざんの舞妓さん撮りに
行かれていましたね~。
赤い和傘の下の舞妓さん、絵になって
きれいですね^^
dezireさんが美しい梅林を撮られていたので、
私も春の陽気になってきたし、どこか梅林を撮りに
出かけたくなりましたよ。
都心の梅はもう終わりですが、山の方ならまだ
今がちょうど見頃で咲いていそうです。
さて、どこへ行きましょう?!^^
悩むのがまた楽しいです。
Commented by arak_okano at 2014-03-25 06:59
またひとつ鎌倉の名所をありがとうございます。燃える庭にバグースです。土曜日の京都は微妙になりました。
Commented by kirafune at 2014-03-25 08:07
♪アラックさん

たったいま、京都のブロガーさんから
京都のしだれ桜が咲き始めたと
情報が入りましたよ。
今週末の京都はどうでしょうかね~^^
<< 東京スカイツリーの景 鎌倉雪ノ下 「茶織菴」 >>