護王神社へ猪突猛進

a0169902_21492515.jpg
永遠の都、京都。今も昔も人々の心の都。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


a0169902_2305011.jpg





a0169902_21494413.jpg
御苑の桃林で桃を撮っていると

a0169902_21495983.jpg
建礼門の前が何やら騒がしくなった。

a0169902_21501253.jpg
程なく、沓音が近づいてきた。

a0169902_21502723.jpg
いったい、何なのだろう?
桃撮影もそこそこにして

a0169902_21531330.jpg
平安絵巻から出てきたような冠の行列に鼻息荒くついて行った。

a0169902_21532326.jpg
蛤御門を出た一行は、横断歩道で信号待ちをした後、

a0169902_21533256.jpg
狛いのししのいる護王神社へと勢いよく入っていった。

a0169902_2153477.jpg
4月4日のこの日は、祭神・和気清麻呂に因む護王神社の大祭。
御所の建礼門前で「宇佐神託奏上ノ儀」が行われたあと、神社に戻る行列に出くわしたのだった。

a0169902_21535983.jpg
足腰の守護神として信仰の篤い護王神社。
さすがに、神官の中にへっぴり腰の方は一人もいなかった。

(撮影4月4日)

護王神社
京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385(京都御所蛤御門前)
電話:075-441-5458
参拝:午前6時〜午後9時
交通:地下鉄烏丸線「丸太町」駅から徒歩7分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-04-19 21:58 | 京都 | Trackback(1) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/19697418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Deep Season  at 2016-04-16 23:21
タイトル : 護王神社
降りだした雨、... more
Commented by lecouple at 2014-04-19 23:11 x
護王神社にも桜はありましたね。
左膝と腰の調子がよくなく、こちらにはよくお参りに行くのですが、
来年は桜咲く時期にも行ってみます。 ^-^
Commented by limecafe at 2014-04-19 23:15
こんばんは。
いや~、時をこえて、都のかほりが・・・^^。
来年こそは行きたくなりました~!
Commented by kirafune at 2014-04-20 09:34
♪lecoupleさん

護王神社の桜は山桜のようでした。
左膝と腰の調子、心配ですね。
護王神社は足と腰の守護神。
ご利益があるようなので、次回、是非^^
Commented by kirafune at 2014-04-20 09:36
♪JINさん

おはようございます!
時をどんどんこえて^^
GO!GO! GO!
Commented by g7_2007 at 2014-04-20 10:22
へっぴり腰の神官、笑いました。
たしかに見たことない‼︎(^^;;
Commented by ei5184 at 2014-04-20 10:53
足腰の守護神護王神社とは此処でしたか!
私のブログへコメントを頂く関東在住の京都ファンの方も
上洛の折、此処へお参りされておられるとか。
関西人よりもお詳しい(笑)
Commented by kirafune at 2014-04-20 12:01
♪g7さん

へっぴり腰は漢字で書くと、「屁っ放り腰」。
神聖な神官にへっぴり腰の方がいるわけがありません。
江戸っ子は口が悪くていけねえや。
失礼しましたっ!
Commented by kirafune at 2014-04-20 12:03
♪eiさん

腰は要ですものね。
狛いのししの腰も安定感がありました。
ぷりっと可愛かったです(笑)
Commented by kwc_photo at 2014-04-21 00:17
おおお、こんな行事があったのですね。
うまく居合わせましたね~。全然知りませんでした。
雅な衣冠束帯姿。思わず御所一般公開の蹴鞠かと思いましたが、
護王神社の大祭だったのですね。
4/4でしたか。来年も平日だなぁ(苦笑)行けそうにありません。
貴重なシーンを見せてもらえてうれしいです。
Commented by kirafune at 2014-04-21 08:03
♪katsuさん

たまたま居合わせただけでした。
いきなり、冠装束の平安人が
どやどやっと行列をなして
やってきたので、びっくりして、
なんだなんだと、ついて行ってしまいました。
京都、ワンダーランドです^^
Commented by hitatinotono at 2014-04-21 20:47
神官にならずに良かったです(^^。
まぁ~なれる訳が御座いませんが・
清々しい光景です。
Commented by kirafune at 2014-04-22 08:15
♪hitatinotonoさん

あはは。
殿、神官ならお神酒飲めたかもです^^
ほんと清々しい春の使いのような
平安人たちでした。
Commented by deepseasons at 2016-04-16 23:20
こんばんは~
雲母舟さんも、何かに導かれるように護王神社の桜を愛でられましたね(笑)
京都は、行事がない日の方が少ないかもしれません。
Commented by kirafune at 2016-04-17 16:28
♪deepseasonsさん

こんにちは!
TBありがとうございました。
何かに導かれるように桜を愛でる!
京都には、毎回なにがしかの行事があって、
呼ばれてしまうから不思議です(笑)
<< 今出川のバル「プレイグラウンド」 京都御苑 春の思い出 >>