西陣桜さんぽ 水火天神

a0169902_2343155.jpg
わてはとにもかくにもここが好きなんや。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ


a0169902_2305011.jpg




a0169902_2343322.jpg
堀川通寺ノ内上ルの「水火天満宮」を訪れると、社務所から青い法被を身につけたおじいさんが出てきた。

a0169902_2343468.jpg
天神さんの社務所の方かと思いきや、ただのご近所さんという。

a0169902_2344083.jpg
ここ、ええでっしゃろ。

a0169902_23441493.jpg
日本で最初の天満宮ですねん。

a0169902_23442735.jpg
可憐な薄紅の枝垂れ桜を愛しそうに眺めながら、近所のおじいさんが言った。

(撮影4月4日)

水火天満宮
京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10 (堀川通寺ノ内上ル)
電話:075-451-5057
拝観:境内自由
料金:無料
交通:地下鉄「鞍馬口」駅下車徒歩10分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-04-25 23:54 | 京都 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/19719249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2014-04-26 06:37
雲母舟さん、小さいけれども素敵な天神さんですね、バグースです。アラック、今、富士川通過、数時間だけ京都に行きます。今日だけ休みです、明日は500に家を出てのソフトテニス部です。
Commented by kirafune at 2014-04-26 09:17
♪アラックさん

おはようございます!
今頃、長岡天神あたりで霧島つつじでも
ご覧になっているのかしらん。
数時間だけの京都旅行、贅沢ですね。
明日は5時起きでテニスとは、すごいタフですね。
お写真また楽しみにしています。
Commented by ei5184 at 2014-04-26 18:51
此処へも行こうか迷いに迷ったのですが、
此処で拝見できたので、善しとしました(笑)

特に一枚目、多分私も同アングルで撮っていたのかも!
好い写真だと思います。
Commented by suzu-clair at 2014-04-26 21:35
薄紅のしだれ桜、きれいですね~☆
とても上品な華やかさを感じます・・・☆

身近なところでは
桜にお別れを告げた今だから、
雲母舟さんの美しい桜のお写真を拝見していると、
改めて桜のもつ美しさを恋しく思いました・・・☆
Commented by kwc_photo at 2014-04-26 22:31
水火天満宮の紅しだれはホント可愛らしいですよね。
この可愛らしい桜に、かわいらしいエピソード。
ピッタリですね(^-^)
Commented by iris304 at 2014-04-26 23:43
そうなのですね〜
日本で初めての天神さまなのですね。
そのご老人はそれがきっと自慢で誇りなのですね。

紅枝垂れ桜 可愛らしい桜ですね。
知らない京都を色々見せて頂いてありがとうございます。 
いつまでも桜の園で 楽しい桜時間を過ごしています。
Commented by kirafune at 2014-04-27 08:52
♪eiさん

そうでしたか。
来年は平日に是非。
小さな社です。
最近は観光バスで花見客がくるとか。
テレビで放送したからでしょうか?
私が行ったときも某局が取材中でした。
有名になるのがいいのか、どうなのか。
複雑なところですね。
Commented by kirafune at 2014-04-27 08:54
♪すずさん

今年も美しい桜をたくさん見ました。
その感動を伝えたい、、、なんとか4月中に。
と、ちょい焦り気味です(汗)
だって、もうすぐ5月ですものね。
今日も陽射しがまぶしい初夏の陽気になりそうです。
Commented by kirafune at 2014-04-27 08:56
♪katsuさん

地元の方々から愛されている、
かわいくてとても古いお社でした。
可憐なしだれ桜がぴったりです。
いつまでもこの佇まいが
続いてほしいと思いました。
Commented by kirafune at 2014-04-27 08:59
♪あいりすさん

ご近所の方が社務所に自主的に
お手伝いで何人もいらしていました。
みなさん、この天神さんがとっても好きなのですね。
毎日通われてるっていうおじいさんもいました。
桜の散ってしまった今はどうされているのでしょうか?
ここを誇りに思っている、そんな気持ちが
おじいさんとの会話から伝わってきました。
<< 西陣桜さんぽ 雨宝院 西陣桜さんぽ 妙覚寺大門桜 >>