仁王門通の「ピニョ食堂」

a0169902_12212750.jpg
京都の夜は奥深い。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ





a0169902_12214875.jpg
祇園 新橋 白川のほとりをそぞろ歩き、

a0169902_12231225.jpg
「一澤信三郎帆布」の前を通って夜道を進むと、

a0169902_12232531.jpg
トタンの看板に行きあたった。
韓国料理の「ピニョ食堂」は、席数13のちいさなお店。

a0169902_12233827.jpg
美大出身のご主人と美人妻のお二人で店を切り盛りしている。

a0169902_12235153.jpg
ヘルシーな韓国料理が地元の方々に人気だ。
ナムルではなく、アンディープやビーツなどを千切りにしたセンチェ(生野菜)にみそスープをかけていただく「センチェピビンパ」(1,019円)を注文してみた。
初めて食べる味に、またしても京都の奥深さを知った。

a0169902_1224611.jpg
すっかり満足したら、近くの京町家銭湯でひとっ風呂浴びてから帰りましょうか。

ピニョ食堂
京都市左京区孫橋町18-3
電話:075-746-2444
営業:11:30~14:30(L.O.14:00)/17:30~22:00(L.O.21:30) .
休み:木曜日
交通:京阪「三条」駅11出口から徒歩約2分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2014-05-17 12:32 | 京都 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/19804368
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2014-05-17 13:17
京都で、ゆ~くり、韓国料理にバグースです。流石に詳しいですね、アラックは安い居酒屋のお気に入りがあるんです。昨日は母のところ、今日は午前中仕事で帰るところです。
Commented by dejikaji at 2014-05-17 20:02
kirafuneさん、こんばんはです。
ピニョ食堂行かれたんですね~、いいな~!
よく前通るんですが、大概撮影に行く途中なので、午前中なんで開いてないんですよ。
食べたいな~♪
これまたよく前を通る柳湯さん。
昼間と違って、明かりが灯り暖簾が出るとグッと雰囲気出ますね。
Commented by miyakokoto at 2014-05-17 23:01
(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
 本当に関西の方以上によくご存じで感心して居ます。
さらりと書かれている所が本当に京都にお住まいかと思わせ
ます。夜の雰囲気が素敵です。
Commented by kirafune at 2014-05-18 08:08
♪アラックさん

お仕事お疲れ様でした。
お母様、孝行息子がいて、お幸せですね。
ピニョの味は初体験でしたが、とてもおいしかったです。
Commented by kirafune at 2014-05-18 08:11
♪デジ鍛冶さん

おはようございます!
そうですか。
仁王門通りをよく通られるのですね。
ランチも営業してますが11:30から。
デジ鍛冶さんの動き出す時間帯とは
ちょっと違いますね。
撮影の帰りとかに今度いかがですか?
柳湯さんで汗を流したあとにビールとか?!
Commented by kirafune at 2014-05-18 08:15
♪miyakokotoさん

おはようございます!
こちらのお店は私も京都学の師匠に教わりました。
ちいさなお店ですが、おいしくて驚きました。
とにかく、奥さんが美人なので、
こういうヘルシーな食事をしていると
こんな美女になれるのかしらんという
淡い期待を抱かせてくれるのがいいです^^
Commented by doitsuwine at 2014-05-18 19:16
へぇ~~~、仁王門通りにそんな風情のある一画がありましたか。
今度、行ってみようと思います。
2枚目のセピア色写真。
この料理旅館『白梅』は私のお気に入りです。
いつも橋の袂の紅白の梅が咲く時期、ここにお邪魔します。
宿泊しなくても、料理だけいただくこともできます。
いつも宴をもつのは写真に写っている梅の透かしが入った窓の部屋。
今度、是非どうぞ。
柳湯には銭湯好きの私も行ったことがありません。
その界隈はよく行くんですけどね。
Commented by kirafune at 2014-05-19 07:52
♪doitsuwineさん

まだ比較的新しいお店ですが
最近、雑誌などにも取り上げられ
京都の素敵100のひとつになっています。
料理旅館『白梅』は憧れのお店です。
doitsuwineさんは常連さんなのですね。
すごいなあ。
毎年梅の時期におなじ部屋で宴・・・粋ですね。
仁王門通りには他にも面白そうな所が
いろいろありましたよ。
私もまた行きたいです。
Commented by 寅次郎 at 2014-05-19 16:36 x
おや、夜の京都ですか。
さすがに映像がシャープです。
寅次郎のブログも今回は夜の京都です。
カメラの性能もウデも劣るので暗い被写体は苦手です。
沢山撮って何とか見れる写真だけアップしました。
Commented by kirafune at 2014-05-19 22:12
♪寅次郎さん

こんばんは!
朝には朝の
昼には昼の
そして、夜には夜の
底知れぬ魅力を秘めた京都。
寅次郎さんはさて、どんなふうに
カメラにおさめられたのでしょう。
のちほどお邪魔させてください。
Commented by iris304 at 2014-05-22 09:47
こんにちは
京都の夜は大人の不思議旅ですね〜

昼間の京都、桜の春 深緑の初夏 紅葉の秋・・・とは違った
別の顔を見せてくれますね〜

ピニョ食堂 こだわりのお洒落なインテリア
センチェピビンパも魅力的、初めてです。

お風呂屋さんの暖簾 粋ですね ❤
Commented by kirafune at 2014-05-23 08:18
♪あいりすさん

おはようございます!
大人の京都は灯りの中に浮かぶラビリンス。
ピニョ食堂の「センチェピビンパ」は
他では食べたことのない不思議なおいしさでした。
からだによさそう。
おすすめです。
お風呂屋さんの暖簾にさえ、
ぐいと引き寄せられる京都。
魅力的なワンダーランドです。
<< 「中村軒」の麦代餅 京都の銭湯「柳湯」 >>