鎌倉文学館の薔薇 sanpo

a0169902_885860.jpg
「愛は一直線である」
漱石は言うけれど、私にはそうは思えない。




a0169902_891314.jpg
鎌倉は長谷にある旧前田侯爵家の別邸

a0169902_892538.jpg
鎌倉文学館を訪れた、

a0169902_893569.jpg
海の見える高台の館の前庭で

a0169902_894665.jpg
薔薇の花がむせかえるように

a0169902_895857.jpg
咲いていた。

a0169902_810626.jpg
お屋敷の中では今、特別展 「愛とブンガク」を開催中。

a0169902_8101541.jpg
邸内のトンネルを抜け、俗世間に戻る。

a0169902_8103081.jpg
目をつむると、侯爵の庭の残像が蘇った。

(撮影5月24日)

特別展  「愛とブンガク」 4/26(土)~7/6(日)
鎌倉文学館
神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
電話:0467・23・3911
営業:9時~17時(10~翌2月は9時~16時半)
休み:月曜日(祝日の場合は開館)、年末年始、展示替期間
料金:展覧会によって異なる
交通:JR「鎌倉駅」から藤沢・大仏方面行バス「海岸通り」下車徒歩3分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-06-12 08:13 | 京都 | Trackback(3) | Comments(14)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/19892040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2014-06-14 07:58
タイトル : 鎌倉文学館/鎌倉(2010初夏)
鎌倉文学館 ややここのバラを見るにはちょっと遅目かなぁと思いつつもせっかくなので鎌倉文学館にも寄ってみました全体的には最盛期を越えたみたいでしたが、それでも綺麗なバラたちは健在でしたよ アンクルウォルター      プリンスドウモナコ        ...... more
Tracked from 虹の向こうのhappy .. at 2014-06-15 00:17
タイトル : 薔薇の園 鎌倉文学館
この日は、訪問した時間にちょうどストリングスの小コンサート 見覚えのある名前の薔薇を探しながら、聴いていた 昨年薔薇に興味を持ち、とくにブルー系に参ってます これは、つるのブルームーン 香りもよく ここは、旧加賀藩前田家の別邸であったらしい   そういえば、この週末の金沢は百万石まつりで賑わう。 今夜は、前夜祭で浅野川の灯ろう流し しかし天候が微妙 師匠によると鎌倉も昨日梅雨入りしたとのこと。 これから、紫陽花で人、人、人で賑わうのでしょう、、 おまつ...... more
Tracked from 夢色とうめい at 2014-06-20 00:09
タイトル : 湘南物語  ~鎌倉文学館へ~
重厚なトンネルの先に現れたのは・・・ 相模湾を見下ろす谷戸の中腹に建つ瀟洒な洋館だった。 春と秋にはバラの香りに包まれる庭園も 今は紅く染まったもみじに彩られている。 人影のない庭の片隅に小さなバラが遠慮がちに咲いていた。 かつて旧加賀藩前田家の別邸だったこの建物 現在は鎌倉市の文学資料館として公開されている。 今年の私の初紅葉は異国情緒漂うステキな場所から♪ 風の強い寒...... more
Commented by iris304 at 2014-06-12 10:52
こんにちは
鎌倉の薔薇ですね。
バラ園までの勾配のある庭が素晴らしいところですよね。
ここの薔薇はかなり古木の印象でした。

赤い薔薇が とても綺麗に凛として 見事ですね〜
勝手な思いですが 雲母舟さんみたい??と感じました。

このトンネルも好きです。
『大海の 磯もとどろに よする波 われてくだけて さけて散るかも』

Commented by arak_okano at 2014-06-12 16:43
館へは緑ののトンネルが入り口とはロマンチックです。洋館に薔薇は大変似合いますね、バグースです。
Commented by WWMC at 2014-06-12 19:21
この晴天の下で、ほとんど白飛びもさせずに、さすが我らが
Boss(^^)v

長谷寺のある鎌倉にはやっぱり長谷って地名があるんや....と
へんなところで感心してしまいました(^^ゞ
Commented by suzu-clair at 2014-06-12 22:31
このところ少し忙しくしてしまって、
記事をまとめ読みさせていただきました。

やはり、本当に美しいお写真の数々・・・
素晴らしいです☆

鎌倉のバラ、
きれいですね~。
まばゆい緑も本当に美しいです・・・☆
緑のトンネル、
私もくぐってみたいです。
Commented by kirafune at 2014-06-13 08:02
♪あいりすさん

昭和11年に建てられた邸宅でした。
あの時代にこの土地を選んで
こんな館と庭を作った前田侯爵の
先見の明に恐れ入りました。
赤いバラのような・・・情熱を秘めて
生きていけたらなあと思います。
ありがとうございました^^
Commented by kirafune at 2014-06-13 08:04
♪アラックさん

バラと洋館というと、都内では
鳩山邸や旧古河庭園なのですが、
今年は鎌倉へ足を運んでみました。
ロマンティックな気分になれました~♪
Commented by kirafune at 2014-06-13 08:07
♪shuさん

奈良の長谷寺も素晴らしいですが、
武士の都・鎌倉の長谷という土地柄や長谷寺も
素敵なところですよ~。
散策してると、被写体ばかりで
シャッター音が長谷の町に
鳴り響いていました。
Commented by kirafune at 2014-06-13 08:10
♪すずさん

門を入り、緑の中を歩くと
緑のトンネルがありました。
トンネルを抜けるとそこは
薔薇の花園だった!
ドラマティックな展開の素敵なお屋敷でした^^
Commented by doitsuwine at 2014-06-13 21:55
へぇ~~~、こんな場所もあるんですね。
鎌倉は京都ほど詳しくないので、まだまだ私の知らない場所があるようです。
こんなことを言うと失礼かもしれませんが、なんか、こんなにバラが大量に密集していると逆に「超絶的」な栄華に見えてしまって、私なんかは落ち着かないかも。
でも、いつもKirafuneさんのすばらしいポエム調のキャプション
に癒されます。
Commented by cyaz at 2014-06-14 08:02 x
雲母舟さん、おはようございます^^
プチ、おひさです(汗)
鎌倉文学館は少し前までよく行きましたが、
ここ4年ほど行けてません・・・。
今年は定番の神代植物公園と旧古河庭園の
春バラを鑑賞して来ました~♪
神代ではシャクヤクも満開でしたよ^^
ちなみに明後日から京都です(笑)
Commented by kirafune at 2014-06-14 08:48
♪doitsuwineさん

古都鎌倉も京都とはまた違った
魅力ある土地ですね♪
朝早起きして出かけました。
開館後すぐに入ったので、ゆったりと
お庭を散策できましたよ。
10時を過ぎると、続々と来館者が訪れていました。
「超絶的」な栄華もたまには刺激的でいいですよ。
一瞬の夢です^^
Commented by kirafune at 2014-06-14 08:53
♪cyazさん

おはようございます!
このところ、バタバタしていて
こちらこそ、プチ、おひさです。
鎌倉文学館は薔薇の季節は
初めていきました。
cyazさんは、よく行かれていたのですね。
今年は神代植物公園と旧古河庭園の春バラを
見に行けなかったので、cyazさんのところで
楽しませていただきますね。
明後日から京都、いいなあ。
紫陽花や花菖蒲がきっと咲いてますね。
私も今日はこれから季節の花撮影にでかけます。
いいお天気です。
cyazさんも、京都、行ってらっしゃあい。
Commented by tossyk at 2014-06-15 00:20
あっ、行かれたのですね。
ぼくが訪れた5月末も初夏の爽やかな風が心に残りました。

すみません、思わずトラバさせていただきました。。
Commented by kirafune at 2014-06-15 09:52
♪tossyykさん

tossyykさんも行かれてたのですね♪
初夏の鎌倉には爽やかな風が吹いていましたね。
薔薇と洋館とのコラボが美しかったです。
TBありがとうございました。
楓の木もあったので、秋もいいかも知れませんね。
また、行ってみたいです、鎌倉^^
<< 鎌倉さんぽ 中井精也写真展 >>