寅さんと広沢池灯籠流し sanpo

a0169902_1118545.jpg
「何写すんだい、水ばっかりで何もありゃしねぇじゃねぇか」

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_1124084.jpg
「何もないからいいのよ、寅さん」

a0169902_11192473.jpg
「ただ水と灯りだけ」

a0169902_11193746.jpg
「へぇー、そういうもんかね。大変だね、この道楽も金がかかって」

a0169902_11194752.jpg
「まるで爪に火をともすように節約して、レンズ買ったりカメラ買ったり」

a0169902_11195674.jpg
「ふーん、小舟に乗って一年中旅暮らしか」

a0169902_1120732.jpg
「一年中だなんて、そんなことできたらどんなにいいだろう。現実はね、
 せいぜい数日よ。でもね、この数日のために一年があるの」

a0169902_11202941.jpg
「そうかい。だから、おまえさんにもこうして会えたしな」
午後8時20分、五山送り火の最後、嵯峨曼荼羅山に鳥居形の火が灯った。

a0169902_11203978.jpg
「それじゃ、そろそろ俺は行くぜ。あばよ、また来年な」

a0169902_11204818.jpg
後ろ姿で片手を振って、寅さんもお精霊さんと一緒にどこかへ帰って行った。

(撮影2012年8月16日)

広沢池灯籠流し
京都市右京区嵯峨広沢町
電話:075-861-0413(遍照寺)
日時:8月16日19:00~20:30
交通:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩20分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-08-17 11:27 | 京都 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/20101182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lecouple at 2014-08-17 11:35 x
記事を拝読しまして、京都に来られているかと思ったのでした。
ここの灯籠流しは風情があっていいです。
今年の鳥居さんは広沢池の灯籠流しは行われましたが、
嵐山は桂川増水により流されず、川岸に固定されての供養となりました。
そして昨日の京都は.....、雨が凄かったです。
2週連続の豪雨なんて記憶にありません。 
Commented by ei5184 at 2014-08-17 17:58
大好きだなあ~こう云う文! 私にも文才があればとつくづく(笑)
暫く送り火の撮影も出掛けていませんが、
寅さんが出てきてもちっとも不思議ではありませんよね!
Commented by doitsuwine at 2014-08-17 17:58
お盆は家を離れられず、世のお盆風景を見たことがありません。
こんなに京都の夏は綺麗なんですね。
このときは浴衣で見物???
撮影の腕が鳴りますねぇ。
和の風景にますます魅せられます。
Commented by ゆさま at 2014-08-17 19:20 x
レンズ買ったりカメラ買ったりって・・・、噴き出してしまいました(笑)
昨日、京都は大雨だったのに五山の送り火は予定通り開催されたみたいで良かったですね♪
綺麗な写真ありがとうございます!
Commented by kirafune at 2014-08-17 21:23
♪lecoupleさん

今年も五山送り火に行くつもりで
宿もおさえてあったのですが、
なぜかある予感がして
直前にキャンセルしました。
ニュースで四条通りが冠水しているのを見て
驚きました。
でも、送り火や広沢池の灯籠流しは行われて
お精霊さんも無事帰れてよかったです。
lecoupleさんの見事な舟形を拝見できたので、
今年は行った気分になれました。
Commented by kirafune at 2014-08-17 21:28
♪eiさん

寅さん映画で昔、寅さんとマドンナが
写真にまつわるそんなような会話をしていました。
ちょっと京都広沢池灯籠流し篇として
パロディー化してみました。
すでに鬼籍に入っている
渥美清さんの顔を思い浮かべながら・・・。
Commented by kirafune at 2014-08-17 21:33
♪doitsuwineさん

お盆は家を離れられない?!
ひょっとして、 doitsuwineさん
お〇〇さんですか?
16日はあちこちで送り火が実施されるようですが、
特に京都のは風情があって、いいものです。
私も京都に別宅を構えた暁には
夏の夜は浴衣で繰り出してみたいです。
Commented by kirafune at 2014-08-17 21:36
♪ゆさま

そんなに面白がっていただいて、恐縮です(笑)
なにしろ、下町育ちなもので。
早口になると、巻き舌でべらんめえ調?!
見てくださり、ありがとうございました^^
Commented by suzu-clair at 2014-08-17 22:33
風情あるお写真、素敵ですね。

京都は、
「おしょらいさんをお見送りする」というのですね。
ご先祖様を大切になさる、
京都の文化は、本当に素敵だなと思います。

1枚目の、夕日の映る水面のお写真も素敵です☆
添えられたお言葉「水ばっかりで何もありゃしねえ」に
思わず笑ってしまいました^^

こんなふうに、
温かくお精霊さんをお見送りできると素敵ですね☆
Commented by g7_2007 at 2014-08-17 22:51
昨年のリベンジを考えていたのですが、ビルボードライブに行ってしまいました。(笑)
来年こそ!!
Commented by kirafune at 2014-08-18 06:56
♪すずさん

五山送り火、灯籠流し・・・京都独特の文化ですね。
今回は京の雅と
「きどっちゃいられねえや」の寅さんに
ご登場いただきました^^
大荒れのお天気だった今回の送り火も
無事行われて、よかったです。
お精霊さんも、清も、帰れてほっと
一息ついているかもしれません。
Commented by kirafune at 2014-08-18 07:00
♪g7さん

慌てずとも、いざとなれば送り火は
毎年見られる京都人さん^^
今年はビルボードライブの方が
正解だったのでは?!(笑)
少なくとも、大雨でも決行することがわかった
今年の送り火でした。
Commented by deepseasons at 2014-08-18 21:22
こんばんは〜
この年は、私もここで送り火を見てました。
でも、着いたのが遅く夕陽には出会えなかったなあ〜
晴れの日、見たい場所です。
Commented by kirafune at 2014-08-19 06:15
♪deepさん

おはようございます!
deepさんの五山送り火、
荒天にもかかわらず
美しい大文字焼を見せていただきました。
二年前も同じ場所のどこかに
deepさんもいらしたのですね。
また、機会があれば、広沢池で
撮ってみたいです。
京都の灯籠流しはとても風情ありますね。
Commented by arak_okano at 2014-08-19 11:40
雲母舟さん、送り火に灯籠流しとは初めて見る京都の表現ですね、バグースです。来年の写真展は決まりかな。アラック、いっぱい走って来ましたよね。
Commented by kurese0535 at 2014-08-19 19:40
こんばんわです。
わわわ、京都に来られてたのかと思ってしまいました。
2年前のものでしたか。ここは去年から行ってみたいと
思ってるんですが去年は暑すぎて、今年は天候で断念でした。
鳥居と灯篭、写真でしか観たことないんです。
広沢池の雰囲気もよいですよね〜。
Commented by greenkatastumuri at 2014-08-19 20:03
今晩は!
今年、数十年ぶりに五山の送り火に行ってきました。
鳥居形だけ見る事が出来なかったので、素敵なお写真嬉しいです!
大変な悪天候でしたが、薪を守った形に都人の心意気を感じて、感謝です。
次回(いつになるやら?)は、広沢の池にも行ってみたいです。
Commented by davidmittu at 2014-08-20 08:55
おはようございます。
京都に越してきて一年ちょっとの私はまだ五山の送り火を見たことがありません(笑)
でもこの灯篭流しと送り火セットは見てみたいです。
水って何も考えなくて良いので好きですね~。
Commented by kirafune at 2014-08-20 16:31
♪アラックさん

バリ島でたくさん走って来られましたか。
私も今日まで夏休みで、涼しい高原の方に行っていました。
お互い、リフレッシュできて、よかったですね。
Commented by kirafune at 2014-08-20 16:35
♪kureseさん

こんにちは!
2年前の写真でした。
広沢池の灯籠流しは鳥居形の送り火と一緒に見られるので、風情がありますね。
来年行かれる時は、ヤブ蚊対策万全で!
ものすごいです(≧∇≦)
Commented by kirafune at 2014-08-20 16:43
♪greenkatastumuriさん

こんにちは!
数十年ぶりの五山送り火に行かれたそうで、記憶に残る思い出になられましたね。
大雨ほ大丈夫でしたか?

次回は鳥居形も是非。
新幹線の最終にギリギリ間に合いますが、
できてら、泊まられると、ゆったりできます。
以前、日帰りでJRの駅まで走って帰ったことがあり、死ぬ思いでした(笑)
Commented by kirafune at 2014-08-20 16:48
♪davidmittuさん

京都に引っ越せる境遇って、いいなあ。
代わりたいです(*^^*)
来年、また送り火がありますね。
京都にお住まいなら、たとえ土砂降りでも行かないと!(笑)
ご先祖様が帰れません。
来年、よろしくお願いしますね\(^o^)/
Commented by たーや at 2014-08-21 00:32 x
文才、雲母舟!誕生ですね。
前から思ってましたが、言葉の話術が素晴らしい。
その感性が雲母舟さんなんですよね~
技術は後で付いてくる!
その想いが雲母舟ワールド!いいんでないかい!
Commented by kirafune at 2014-08-21 07:35
♪たーやさん

お褒めに与り、恐縮です。
鼻唄を歌うように書いてます
と言いたいところですが、
本当は、畳の上をのた打ち回りながら
血反吐を吐きつつ書いてます^^
話術も技術も眉唾物ですが
あるとしたら、魔術かなあ(笑)
<< 夏の信濃路 おかげさまで >>