西郷山公園の特等席

a0169902_1131176.jpg
君の隣りの特等席、僕に空けておいてくれないか。

(撮影8月31日)

西郷山公園
東京都目黒区青葉台2-10-28
営業:24時間開放中
交通:東急東横線「代官山」駅より徒歩13分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2014-09-18 01:15 | 公園 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/20205957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ei5184 at 2014-09-18 05:03
私の隣の特等席、早く孫が座ってくれないだろうか(笑)

好い写真ですね~
Commented by arak_okano at 2014-09-18 07:01
特等席物語りにバグースです。アラックは縁のない夢でした。
Commented by iris304 at 2014-09-18 11:43
こんにちは
代官山ですね。
なんでもないこんな日常を 素敵に表現されていて
流石ですね。

私は散歩がてらここを抜けて 池尻大橋に抜けるのが好きで
良く歩きます。

Commented at 2014-09-18 11:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by limecafe at 2014-09-18 22:53
特等席のタイトル、絶妙ですねぇ(^^)
私も特等席に座りたいです~(笑)
Commented by suzu-clair at 2014-09-19 13:39
きゃっ♪素敵☆
緑が優しい、
とても素敵なお写真ですね☆

特等席、
私ならいつも空けているのに、
誰も座りに来ないなあ・・・(笑)
あっ、こんな素敵な席じゃないからか!(苦笑)
Commented by 寅次郎 at 2014-09-21 09:27 x
この娘さんの背中に話しかけてみたくなる物語性豊かな素敵な写真ですね。
ところで雲母舟さん、突然ですが小生、明日(9月22日)午前中をもってインターネットを止めることにしました。
これからは貴女のブログに訪問できなくなるのはとても残念ですが、写真展には日程の都合が付く限りお邪魔したいと思っています。
その際は貴女の在廊日を記して葉書でお知らせください。
それではまたお逢いできる日を楽しみにしています。
Commented by davidmittu at 2014-09-22 22:02
こんばんは。
近づきたいけど、なんとなくこの場所から見ていたいという、
絶妙な距離感ですね(^^)
見れば見るほど、想像力が膨らんでしまいます(笑)
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:30
♪eiさん

eiさんの隣の特等席に
お孫さんが座る日も
そう遠くはあないですね。
すぐですよ^^
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:30
♪arakさん

アラックの特等席は
ごんちゃん&チャンスちゃん
なのでしょうね。
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:31
♪irisさん

こんにちは!
久々に訪れた代官山は
やっぱりおしゃれな街で
被写体の宝庫でした。
こんなところがお散歩コースだなんて
irisさんは素敵な生活を送られていますね。
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:32
♪JINさん

JINさんの特等席には若い美人さんが
行列をなして順番待ちじゃあないですか?!
いつになったら、空くのやら(笑)
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:33
♪suzuさん

昼下がりの代官山で
素敵な女性が静かに本を読んでいました。
いいなあと思い、思わずぱちりです。
suzuさんの特等席には、
いつもお花が周囲を飾り、
いい香りがしぞうです^^
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:34
♪寅次郎さん

お知らせとメールもありがとうございました。
長い間、お世話になりました。
ネット上でおしゃべりできないのは残念ですが、
また来年の写真展のご案内をお送りしますね。
神楽坂でお会いできるのを
楽しみにしております。
お元気でいてくださいね。
今まで本当にありがとうございました。
Commented by kirafune at 2014-09-23 10:35
♪davidmittuさん

こんにちは!
近づきたいけど、
なんとなくこの場所から見ていたい。
その感覚、とっても素敵♪
想像の翼を広げるのは
どこまでも自由です^^
<< 初秋の三都物語 気球に乗って空の旅 >>