「川瀬巴水展」 ~粋と郷愁~

a0169902_233714.jpg
えっ、これが京都・南禅寺?!
斬新で粋な切り口に驚いた。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_23371746.jpg
今、日本橋高島屋で

a0169902_23373380.jpg
「昭和の広重」と称えられた

a0169902_23374430.jpg
版画家・川瀬巴水(はすい)の回顧展を開催中だ。
写真の先輩が構図などが勉強になるから、是非見に行った方がいいと勧めてくれた。

a0169902_2338080.png
あのアップル設立のスティーブ・ジョブズも、巴水の愛好家だったそうな。

a0169902_23381652.jpg
画家は「旅情の詩人」と呼ばれるように、日本全国を旅して歩いた。

a0169902_23382773.jpg
どこか失われた世界の郷愁が見る者の胸を打つ。

a0169902_23383791.jpg
清水の舞台にぽつんと一人佇んで京の街を眺めるのは、巴水その人だといわれている。

a0169902_23385412.jpg
関東大震災で家やスケッチ帳を失い、激しく落ち込んだ後に描いた「芝増上寺」。
大地震でも壊れなかったどっしりとしたお寺の門の前で、吹きすさぶ雪に立ち向かう一人の女の姿。
「負けない!」
画家の気持ちが真に迫ってくる。

a0169902_233976.jpg
震災後に移り住んだ馬込の三本松を描いた「馬込の月」にもぐっと引き寄せられた。
それまでの浮世絵等とは全く違う、巴水独自の潔い風景の切り取りに江戸っ子の粋を感じるのは私だけだろうか。
それでいて、静かな夜に灯りの漏れる家がほっとさせてくれる温かさがあった。

a0169902_2339204.jpg
ギャラリーの薄暗がりに大勢の人が集まり、ノスタルジックな日本の風景を食い入るように1枚1枚眺めていた。

a0169902_23392994.jpg
画家の絶筆は、「平泉金色堂」だった。
しんしんと降る雪の中、金色堂に向かって一人石段を上がってゆく僧侶の姿は、巴水その人だろうか。
人は亡くなっても芸術は永遠というメッセージが、平成の私たちにも確かに届いた。

2015年1月2日(金)→ 1月12日(月・祝)
「生誕130年 川瀬巴水展 —郷愁の日本風景—」
東京都中央区日本橋-4-1 日本橋高島屋8階ホール
電話:03-3211-4111
営業:午前10時~午後7時30分(8時閉場)※最終日は午後5時30分まで(6時閉場)
休み:会期中なし
料金:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
交通:東京メトロ 銀座線・東西線「日本橋駅」B2出口すぐ

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2015-01-05 23:48 | 京都 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/20653456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2015-01-06 07:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うえっち at 2015-01-06 07:42 x
これ見たいです!
東京は無理なんで、関西でぜひやって欲しいですね(^_^;)
Commented by しなこじ at 2015-01-06 08:00 x
おはようございます。
川瀬巴水の版画好きです、特に私の誕生年の作品「日本橋」は
大好きな作品です。
「増上寺」もいいですね、太鼓橋に藤の花は亀戸天神でしょうね。
素敵な情報ありがとうございます、出かけてみます。
Commented by ei5184 at 2015-01-06 08:09
少しだけ私的な感想を! 一枚目南禅寺の力強さとは程遠く。
7枚目の太鼓橋は構図の参考になりました。
10枚目の馬込の月はとても好きです。
祇園町と金色堂は版画の世界ならでしょうね~
掲載された雲母さんには感謝です! とても参考になりました。
Commented by arak_okano at 2015-01-06 14:29
寒中お見舞い申し上げます。凄い芸術を有り難うございます、バグースです。絵は写真よりも、さらに難しいです。アラック胃腸薬飲みながら、都庁と市役所巡りで資格延長のための書類をもらいに駆け回っています。大雨!
Commented by 笑みりん at 2015-01-06 22:54 x
お久しぶりです。遅くなりましたが、おめでとうございます。
今頃、晩秋の京都を堪能させて頂きました。
今年は弾丸でも行ってみたい。
その前に、腕も磨かないとね(笑)
今年もよろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2015-01-07 00:09
♪鍵コメさん

新年おめでとうございます!
リビングに飾っていただいて、光栄です。
今年もどうぞよろしくお願いします。
巴水さんの作品は、写真をする人にも
とっても参考になる名作が揃っています。
是非行かれてみてください。
今年もよろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2015-01-07 00:13
♪うえっちさん

関西では大阪や京都で去年、すでに
開催されていたようです。
人気のある版画家なので、
またどこかで展覧会が催されるかもしれません。
Commented by kirafune at 2015-01-07 00:19
♪しなこじさん

こんばんは!
しなこじさんは以前からお好きでしたか。
太鼓橋に藤の花は亀戸天神によく似ていますね。
今は朱塗りのお太鼓橋も、
昔は木製のまあるい橋だったのでしょうか。
大田区の新馬込橋には、巴水の代表的な作品の中から
12点が選ばれ、複製美術陶板となって
展示されているそうです。
高島屋の展覧会は今月12日までのなので
お時間がありましたら、是非に。
見応えがありますよ。
Commented by kirafune at 2015-01-07 00:23
♪eiさん

7枚目のお太鼓橋はの構図は、今年藤の季節に
亀戸天神で真似してみたいです。
10枚目の馬込の月は巴水の作品のなかで
「芝増上寺」に次ぐ人気で、
発売当時も沢山売れたそうです。
私もこの作品はとても好きなので、載せました。
繊細さのなかに緻密な構成力がありますね。
Commented by kirafune at 2015-01-07 00:25
♪アラックさん

大雨のなかを走られていたそうで、
お風邪など召されませんように。
明日はいい天気になるみたいですが、
また寒さが戻るそうです。
ご自愛ください。
今年もよろしくお願いします。
Commented by kirafune at 2015-01-07 00:28
♪笑みりんさん

今年もよろしくお願いします。
京都秋の弾丸ツアーといえば、
早朝新幹線でその日のお昼にはもう帰られる
アラックさんですよ。
京都日帰り笑みりんの弾丸旅のリポートを
期待していますね~^^
Commented by suzu-clair at 2015-01-07 22:46
素敵ですね☆
いい時間が過ごせそう。
まさに「旅情の詩人」という言葉がぴったりくる
詩を感じる作品の数々。
お正月に、
いいものをご覧になられたのですね。

日本橋高島屋さんの
お正月ディスプレイも素敵ですね☆

拝見しているだけで、
こちらも豊かな気持ちになりました。
Commented by kirafune at 2015-01-08 23:25
♪すずさん

今年のお正月休みはのんびり過ごし、
行きたかった美術展にも行けて
たっぷり英気を養いました。
松の内も終わり、いよいよ
今年も本格的に始まりましたね。
巴水の版画の絵葉書を買ってきて、
部屋に飾りました。
また、今年もがんばります!!

Commented by margueri1 at 2015-01-12 17:07
こんにちは。
雲母舟さんの情報のおかげで、
すてきな版画展を観ることができました。
昨日、川瀬巴水展に行ってきました。
今日その話題をブログに載せますね。
ありがとうございました。(^^)
Commented by kirafune at 2015-01-12 22:12
♪Maruさん

こんばんは!
会期中に間に合って本当によかったです。
ブログ拝見しましたよ。
写真をするうえでも、巴水の作品は
とても参考になりますよね。
早速、買ってきた絵ハガキを
額に入れて飾っています。
TBさせていだたきました。
よろしくお願いします。
<< SOU・SOUの羊 京都のパリ「プティ・タ・プティ」 >>