少年と海 sanpo

a0169902_793257.jpg
僕は何よりも海が好きだ。



a0169902_794885.jpg
それは少年の頃に植え付けられた僕の心なのかも知れない。

a0169902_795358.jpg
ただ単に砂浜が好きなんだ。

a0169902_795912.jpg
海を眺めていると、なぜか心が満たされる。

a0169902_71036.jpg
君といるときみたいに。

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2015-06-18 07:17 | きらきら | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/21355220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2015-06-18 07:57
海に、でっかい太陽に、夕景の富士山に、少年の心にバグースです。
Commented by doitsuwine at 2015-06-18 08:54
すばらしいシルエットに感嘆しました。
江ノ島がモンサンミシェルに見えましたよ。
この写真を眺めていると、私が子どものころNHKで放映していた「遠い海の記憶」が甦ります。
大好きでした、あのドラマ。
主題歌が石川セリの「遠い海の記憶」。
この歌も良かったなぁ。
Commented by suzu-clair at 2015-06-18 17:43
うわあ・・・♪

じーんと、
心の奥深くに響くあたたかさ・・・☆
打ち寄せる波と、
温かな光を放つ夕日が、
すべての人を包み込むような慈愛に満ちていますね。

こんな黄昏時は、
じんわりと、
「今日もいい日だった・・・」
と幸せに満たされそう。。。☆

ぬくもりが伝わりました。
ありがとうございます☆
Commented by zeiss1221 at 2015-06-18 18:24
こんにちは。

いいですね、湘南の海の夕景は・・・
さすがは雲母舟さん、捉え方がステキです。
暫く江ノ島や鎌倉方面は行ってりませぬ。

>僕は何よりも海が好きだ。
ぼ、ぼくはオニギリが好きなんだな。
Commented by kirafune at 2015-06-18 22:18
♪アラックさん

湘南で見るシルエットは
遠い日の記憶。
すべて思い出に思えてしまいます。
Commented by kirafune at 2015-06-18 22:23
♪suzuさん

人類の母なる海に大きな夕陽が落ちると
今日も無事1日が終わったと、奇跡のように感じる心
つい忘れがちになってしまいます。
すべてに感謝の気持ちを忘れなければ、
きっとハッピーな日々を送ることができるのでしょうね。
「ぬくもり」って言葉、好きです。
Commented by kirafune at 2015-06-18 22:26
♪doitsuwineさん

「遠い海の記憶」
その題名だけで、ノスタルジックな気分に浸れます。
海から始まり、巡り巡って、またおなじ場所に帰ってくる。
その繰り返しがやけに愛おしい今日この頃です。
Commented by kirafune at 2015-06-18 22:29
♪zeissさん

正直言って、ここだけの話。
私も海よりもおにぎりが大好きです。
このこと、内緒にしておいてください。
Commented by iris304 at 2015-06-19 08:51
おはようございます。

kirafuneさんの表現される海は 眩しく憧れの海ですね ❤
お子さんとお父さんでしょうか?
睦まじい光景に 繋がる思いを感じてほっと致します。

私にとって
海は日が昇るところで、暮らしの場です。
なので 夕陽で真っ赤に染まる浜辺には違和感があったのですが
さすがに この歳になり 当たり前ですが、
そこに広がる光景や集う人々の暮らしも色々あると言う事
今頃になってやっと〜です。

田舎の夕暮れの海がどんな風だったか思いだせないでいます。
Commented by youpv at 2015-06-19 08:55
おはようございます~。
素敵過ぎる風景ですね。
京都で海で夕日となると
日本海側に行かないと駄目ですので
こういった夕景に憧れます(^^)
Commented by kirafune at 2015-06-19 22:22
♪あいりすさん

こんばんは!
湘南の海に行ったとき、ちょうど
お父さんと少年二人の親子らしき人たちが
夕陽に照らされた浜辺で波と戯れていました。
その様子に心惹かれ、気が付くとシャッターを
何度も切っていました。
ぽっと心があったかくなるような気がしました。

あいりすさんにとって海は日が昇るところなんですね。
よくよく考えてみれば、水平線から上がる太陽、
沈む太陽のどちらかしか見えない地域もあるということ、
住んでいる地域、暮らしている地域によっては
あいりすさんみたいな感覚になるということを今頃になって思い至りました。
子供の頃の見慣れた風景や環境というのは、
その後の人生に少なからぬ影響を与えますね。
Commented by kirafune at 2015-06-19 22:25
♪ youpv さん

こんばんは!
そうでした。
京都市内で夕陽というと、西山の方に
落ちていきますね。
浜辺で夕陽に向かって
「ばかやろう~!」って叫びたいときは
日本海側まで行かないといけない。
その事実に、はっとさせられました^^
Commented by zeiss1221 at 2015-06-19 23:42
私は内緒にしておきますけれど・・・
み~んな見ちゃってますよ~(笑)
Commented by kirafune at 2015-06-20 08:07
♪zeissさん

口の堅い方なので、安心しました(笑)
<< 小澤里江写真展 in 大阪 湘南の風 >>