青蓮院の涼風

a0169902_8122426.jpg
ロックな蓮の襖絵に会いに

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_8123612.jpg
祇園さん真っ只中の京都へ出かけた。

a0169902_8124372.jpg
京都に到着するや、大楠のそびえる青蓮院さんへと向かった。

a0169902_8124915.jpg
キーヤンの蓮の絵は相変わらずゴージャスだった。

a0169902_8125583.jpg
誰もいない

a0169902_813282.jpg
庭の片隅で、手水鉢に水滴がぽとんと落ちた。

a0169902_81383.jpg
こんな静かな緑の庭を眺めながら書きものをしたり、

a0169902_8131432.jpg
お茶で一服するのもいい。

a0169902_8132064.jpg
女がひとり、庭を眺めていた。

a0169902_8132681.jpg
涼風が庭から庭へと吹き渡っていった。

(撮影7月18日)

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2015-07-22 08:26 | 京都 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/21471746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by doitsuwine at 2015-07-22 10:37
土曜日なのに無人?
青蓮院さんがですか?
お得な旅ですねぇ。
暑さを感じさせない本当に涼しげな写真。
料理のご紹介も楽しみにしています。
Commented by ei5184 at 2015-07-22 17:14
夏の穴場の一つですかね~
人が少ない今は撮影も楽しいでしょう!
襖絵、これは人それぞれ好みがありますかもね?
私は・・・(笑)
Commented by arak_okano at 2015-07-22 18:22
そうだ京都行こう!の一枚を思い出しました、バグースです。良いお寺さんですよね。アラック、昼休みが20分だけで一日炎天下にいます。
Commented by Kuma at 2015-07-22 22:21 x
涼しさが伝わってきます~~~
Commented by susatan at 2015-07-23 06:54
きらふねさーん おはようございます♪

キーヤンのロックな蓮に ときめいちまいました!!
実は たまたまキーヤンが作品製作なさっている最終日に出くわして
それが 「キーヤン」だとは気づかぬまま(あほでしょ(>_<)
スタッフが描かれてるところとか 撮影させてもらったんです。
もっと早く気づいて 下絵から描かれてるところを…なんていうのは
二度とない夢の世界ですね。
このロックな蓮に またハートが バクバクしました。
ありがとうございます!!
Commented by kirafune at 2015-07-23 08:03
♪doitsuwineさん

おはようございます!
京都は祇園祭の真っ只中で、
鉾町や繁華街には大勢の人がいますが
開門直後の寺院には、
訪れる人もなく、
のんびりできました^^
Commented by kirafune at 2015-07-23 08:09
♪eiさん

キーヤンの絵は、今や、京都中の
流行りのお店の壁やふすま、
祇園祭のタペストリーにさえ
見受けられます。
eiさんのお好みというわけには?
とてもインパクトのある絵ですね。
Commented by kirafune at 2015-07-23 08:12
♪アラックさん

今日は雨降りなので、幾分やわらぎましたが、
炎天下でのお仕事は熱中症にならないように
水分補給ですね。
気をつけてくださいね。
青蓮院さんはだいぶ前の
「そうだ、京都行こう。」CMで
ありましたね。
Commented by kirafune at 2015-07-23 08:13
♪Kumaさん

そうなんです。
外はとっても暑いのに、
ここ青蓮院さんの中は
本当に涼しい風が吹きわたっていました。
Commented by kirafune at 2015-07-23 08:18
♪susatan さん

おはようございま~す。
キーヤンの制作現場をご覧になられたなんて
ラッキーでしたね。
東京のオシャレなお店などにも、
さりげなくキーヤンのライオンや鯉の絵が
壁に描かれているのを見かけます。
すぐそれとわかるのが、キーヤンの絵のすごいとこですね。
関西方面でもかなり活躍されていらっしゃるので、
またどこかの制作現場で
ご本人に会われるかもしれないですね!
Commented by suzu-clair at 2015-07-23 16:21
すごい!この襖絵!

私、このお寺のことも、こちらの襖絵を描かれた方のことも詳しくなくて、
この青い蓮に驚いてしまいました!
おしゃれですね~☆
たぶん、他の作品も他の場所でなら見たことあるのかも?

由緒あるとても上品で格式ある庭園のようにお見受けしますが、
そこにこんなモダンな襖絵を描くことを受け入れた
このお寺の粋さと器の大きさにも感激しています。

それにしても、
こんな素敵な場所に、
誰もおられないなんて・・・!
私もその女性のようにそこで時間を過ごしたいです^^

ちょっとだけ、
そんな気分になって幸せを感じました♪
Commented by kirafune at 2015-07-23 22:35
♪すずさん

青蓮院は門跡寺院で皇室とかかわりの深い、
古くから格式あるお寺さんなので、一見堅そうですが、
ロックンロールな木村英輝画伯の
モダンな絵を襖絵に起用するあたりが
すずさんもおっしゃるとおり、粋だなあと思いました。
画伯キーヤンも十分な気合で、門主の期待に応えているのがかっこいいです。
70歳を過ぎてもなお、ダイナミックでパワフルな世界を
作品として発信しつづけるキーヤンは、中年の星ならぬ、壮年の星。
その才能は燦然と輝きを放っています。
<< 祇園祭後祭 涼を求めて 真夏の京都 >>