「てっさい堂」の小宇宙

a0169902_2319872.jpg
千年の都・京都には、奥底の美意識を呼び覚ます小宇宙があった。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_23192297.jpg
古門前通にある骨董店「てっさい堂」さんは、間口の狭い、一見小さなお店だ。

a0169902_2319293.jpg
ところが中へ入るや、

a0169902_23193353.gif
その小宇宙に圧倒される。
江戸期から明治にかけての伊万里と京焼の器を中心に

a0169902_23193957.gif
染付の豆皿や

a0169902_23194534.gif
色絵の豆皿が店内に整然と並ぶ。

a0169902_23195181.gif
かんざしや帯留めなどの和装小物にも、ご店主・貴道裕子さんの趣味のよさが光っていた。

a0169902_23195721.gif
今回はほんものの美意識というものに気圧されてしまったが、次回以降は普段遣いの骨董選びを毎回の上洛の楽しみにしたい。
まずは染付の豆皿からどうだろう。

てっさい堂
京都府京都市東山区古門前大和大路東入ル元町371-3
電話:075-531-2829
営業:10:00~18:00
休み:年末年始
交通:地下鉄東西線「三条京阪駅」下車徒歩3分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
by kirafune | 2015-08-04 23:58 | 京都 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/21517229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dejikaji at 2015-08-05 20:23
kirafuneさん、こんばんはです。
古門前通、ちょくちょく通るんですが、日曜日は何処も閉まってるんですよね~。
ま、開いていても入る事はないんですがね(笑
5枚目の、染め付け皿の南蛮人の図柄が好いですね!
この手の物ははまると、奥が深いですから、お気を付けて~(^_-)-☆
Commented by kirafune at 2015-08-06 08:21
♪ dejikaji さん

おはようございます!
祇園のあたり、よく行かれるのですね。
鴨東の古門前、新門前の界隈は
骨董店、古美術商が軒を連ねていて
趣きのある通りですね。
染め付け皿の南蛮人の図柄、
私もキュートだなと思いました。
はい、気をつけます!
Commented by youpv at 2015-08-06 09:13
おはようございます~。
私もdejikajiさんと同様に中々入る機会は
ありませんので、非常に新鮮な気持ちで
見せていただきました。

一つ一つが芸術作品で、素晴らしいですね(^^)
Commented by kirafune at 2015-08-06 21:22
♪ youpv さん

こんばんは!
勇気を出して中へ入ってみると
まずすぐに荷物を預けることになります。
足元から天井までぎっしりと積み重ねられた
骨董のお皿たちが、バッグやリュックにぶつかって
割れてしまっては一大事です。
ドキドキしながら店内を見て回りました。
途轍もない宇宙が広がっていました。
Commented by suzu-clair at 2015-08-07 14:44
きれいですね~☆

器や和小物そのものの美しさはもちろん、
ディスプレイのされかたも、
優れたデザイン感覚があるのを感じるような。

お写真で拝見するだけでも美しくて楽しいですね♪
素敵なお写真を見せてくださって、
ありがとうございます☆
Commented by kirafune at 2015-08-07 23:57
♪すずさん

ディスプレイのされかたに圧倒されました。
これだけの数の骨董品のそれぞれの由来や位置などを
ご店主はすべて把握しているのだと思うと
上品で豊かな横顔に思わず見入ってしまいました。
京都にはすごい人がいますね。
Commented by greenkatastumuri at 2015-08-15 17:20
てっさい堂さんでお買い物をする事は憧れです。
kirafuneさんの写真で、気持ちを味わう事ができました。
ありがとうございます!!
Commented by 雲母舟 at 2015-08-16 07:50 x
♪greenkatastumuriさん

こちらこそ、いつもありがとうございます!
お店に入るとまず荷物を預けさせられるのですが、
手ぶらでじっくり、店内を足元から天井まで眺めていると、
その種類の多彩さ、数の多さ、美しさに圧倒されてしまいます。
あの中から自分の好みのお皿を選ぶことができたとしたら、
それは運命の出会いになるのでしょうね。
<< 京女のお誂え「昂 KYOTO」  祇園祭の主役 >>