驚愕のニキ・ド・サンファル展 sanpo

a0169902_2334327.jpg
ナナ、をかし。




a0169902_23341753.jpg
ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、ニキ、をかし。

a0169902_23343119.jpg
美しき美術家・ニキ・ド・サンファル展を観に、六本木の国立新美術館へ。

a0169902_2334437.jpg
「射撃絵画」というのを、初めて知った。

a0169902_2334556.jpg
タブーを知らない、鮮やかな色彩と独特な形の作品が

a0169902_2335855.jpg
ニキの持ち味だ。

a0169902_23351914.jpg
死が輝く「どくろ」に、どこまでも自由な「ブッダ」。

a0169902_23352885.jpg
お手を触れないでください。
でも、「翼を広げたフクロウの椅子」が家にあったら、楽しいと思う。

a0169902_23354144.jpg
あな、をかし。
坊や、そんなにそんなにみつめないで。

ニキ・ド・サンファルの大回顧展で、会場中に驚愕のファンファーレが鳴り響いていた。

(撮影11月3日)

ニキ・ド・サンファル展
会期:2015年9月18日(金) ─ 12月14日(月)
東京都港区六本木7-22-2 国立新美術館 企画展示室1E
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
営業:午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)
休み:毎週火曜日(ただし9月22日(火) および11月3日(火)は開館/11月4日(水)は休館)
料金:1,600円
交通:東京メトロ千代田線「乃木坂」駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ
by kirafune | 2015-11-10 23:45 | 展覧会 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/21823810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by doitsuwine at 2015-11-11 09:35
あな、をかし。
糸、をかし。
Commented by miyakokoto at 2015-11-11 16:11
何時も思うのですが・・・さすが東京・・・!!
負けたらあかん・・・♪ 東京に・・・♪
六本木、行って見たいですネ 魅せて頂き有難うございました。
Commented by ei5184 at 2015-11-11 17:44
う~ん、 やっぱり男の子(笑) あな、をかし!
ユーモア をかし!!
Commented by suzu-clair at 2015-11-11 18:59
こちらに行かれたのですね。
個性的で創造性豊かですよね~。
射撃絵画は、私もなんて発想なんだろうと驚きました。

「ノーチェックだったけど、行ってみてよかった」
といった感想をもたれるかたも多いと聞きます。
じつは私も、失礼ながら、どうなんだろう…?って思っていたのですが、
やっぱり魅力的な大回顧展みたいですね。

会場のライティングも凝っている感じ・・・♪
会場にナナのバルーンもあるのですね♪
新美術館はやっぱり素敵ですね~☆
芸術の秋(って、もう晩秋か^^)、
こんな素敵な刺激を受けて過ごせたら、豊かな気持ちになれることでしょうね・・・☆

Commented by zeiss1221 at 2015-11-11 21:37
雲母舟さん、こんばんは。

私は前に見たことがありますが・・・実物ではないですよ・・・
私の理解の範囲を超えていました。
ピカソもそうですが、写実主義的な堅い頭の持ち主には
そもそも分かろうとする努力をしないんだろうなぁ。
う~む・・・
Commented by kirafune at 2015-11-12 08:05
♪doitsuwineさん

清少納言がニキの作品を見たら
なんて言うのでしょうね。
あな、をかし。
言ってほしいです^^
Commented by kirafune at 2015-11-12 08:07
♪miyakokotoさん

大阪の面白さには最初から負けてます、東京は。
なので、内外からいろいろなものを持ってきては
楽しんでいるのかも知れませんね。
Commented by kirafune at 2015-11-12 08:10
♪eiさん

去年の秋にパリでニキの大回顧展が開かれ
60万人もの人が見に行ったそうです。
彼女の作品には、パリのエスプリが
随所に見え隠れしているのではないかと思いました。
Commented by kirafune at 2015-11-12 08:15
♪すずさん

侘び寂びの日本人には度肝を抜かれる展示でした。
あまりに発想が飛んでいて、ちょっと
神がかりというか、地球人の枠を超え、
ニキは宇宙人だったのかもと思いながら
思いもよらない展示の数々を見て回りました。
正に驚愕の展覧会で刺激的でした。
自由な発想にプロの技が加わると
途轍もないエネルギーが発散されるのですね。
そのことを思い知りました。
Commented by kirafune at 2015-11-12 08:21
♪zeissさん

会場で作品の前の二人組が
「私の理解の範囲を超えてる世界」
「面白いけど、わからない~」と
話しながら、展示を観ていました。
共感するだけが芸術鑑賞ではないし、
刺激と元気をもらえる、
いい展覧会だったと私は思います^^
Commented at 2015-11-12 19:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirafune at 2015-11-12 21:22
♪鍵コメさん

びっくりしました。
本当にこの夏から秋にかけて大変でしたね。
のちほどブログにお伺いしますね。
写真展でお会いできるのを楽しみにしています。
コメントをありがとうございました。
Commented by youpv at 2015-11-17 09:53
おはようございます~。
先日はお会いできて良かったです(^^)
体調がすぐれずにご一緒出来ずに申し訳ありませんでした。
Commented by greenkatastumuri at 2015-11-17 22:57
今晩は!
友人がとても良かったと感想を話してました。
こちらで拝見できて、よかった!!
「フクロウの椅子」、部屋に置いたら、眺めて座ってを、繰り返しそうです。
夢がありますね。
Commented by kirafune at 2015-11-18 00:02
♪youpvさん

こんばんは!
体調の方はもう大丈夫ですか?
先日は目の前で綺麗どころが見られてラッキーでした。
またお会いする日までお元気で^^
12展もがんばってください。
Commented by kirafune at 2015-11-18 00:13
♪greenkatastumuriさん

こんばんは!
きらきらと光る「ブッダ」と「フクロウの椅子」だけが
展覧会場で撮影OKの作品でした。
自由な作風がとても魅力的でした。
その自由なニキの国フランスが
今、戦争状態のようになり、とても悲しいです。
以前のような夢に溢れた美しい華の都パリに
戻ってほしいです。
<< Pray for Paris 六本木トンネルで >>