ロベール・ドアノー写真展

a0169902_14165975.jpg
日常生活のなかで起きる小さな奇跡。

a0169902_012830.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_14171547.jpg
ロベール・ドアノー展を東京・銀座のライカギャラリーで観た。

a0169902_14172426.jpg
人間の弱さや生活をユーモアや哀しみとともに魅力的に表現したフランスの写真家ロベール・ドアノー。
  
a0169902_14173538.jpg
彼のもっとも有名な写真は「パリ市庁舎前のキス」。

a0169902_14174481.jpg
子どもたちのことも沢山撮った。
「リヴォリ通りのスモック姿の子どもたち」は大好きな作品だ。

a0169902_14175169.jpg
ドアノー曰く
「日常生活のなかで起きる小さな奇跡は

a0169902_14175888.jpg
ほんとうに刺激的です。

a0169902_1418594.jpg
道端で繰り広げられる予想もつかない出来事は、どんな映画監督でも思いつきません。」
パリの地下鉄ホームで鈴蘭の小さな花束を持つ女の顔はどこか悲しげだった。

a0169902_14182238.png
京都のライカギャラリーでも、今、同時開催している。

a0169902_14183191.jpg
人間は弱い生き物だから、人生はユーモラスで、

a0169902_14183866.png
ちょっぴりほろ苦い。
「イメージの釣り人」の真骨頂を見た。
「ロベール・ドアノー写真展」は東京と京都のライカギャラリーで5月15日まで開催中。

ライカギャラリー東京
・住所:東京都中央区銀座6-4-1ライカ銀座店2F
・会期:2016年2月19日金曜日~5月15日日曜日
・時間:11時~19時
・休館:月曜日

ライカギャラリー京都
・住所:京都市東山区祇園町南側570-120
・会期:2016年2月6日土曜日~5月15日日曜日
・時間:11時~19時
・休館:月曜日
・入場:無料

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2016-03-26 14:28 | 展覧会 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/22644634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dejikaji at 2016-03-26 18:05
kirafuneさん、こんにちはです。
ロベール・ドアノー、全然知りませんが、「パリ市庁舎前のキス」、この写真は見た事があります。
京都のライカギャラリーでもやってるんですか。
行ってみたいですが、入るのにはちょっと敷居が高く見えてしまうんですよね~。
祇園とライカって名前があるとね(笑
Commented by kirafune at 2016-03-27 19:50
♪デジ鍛冶さん

こんばんは!
京都の枝垂れ桜はだいぶ開花して
見頃のようですね。
東京は枝垂れも染井吉野もまだまだでした。
祇園のライカギャラリーは東京もそうですが
無料ですので、敷居は高くないですよ^^
Commented by G7_2007 at 2016-03-27 22:26
あ、祇園のライカでやってるんですね...
知らなかった!!
行かねば!!
Commented by kirafune at 2016-03-28 07:46
♪G7さん

そうなのです。
京都展は、東京とはまた違った展示らしいです。
素晴らしい写真で、感動しました。
是非に^^
Commented by &oh at 2016-03-28 22:59 x
こちらの写真展も素晴らしいのでしょうが、kirafuneさんの写真も素晴らしいですね。

こちらのブログを知るきっかけになったのは、横浜のカトリック山手教会の記事です。2015年10月にカトリック山手教会を見たんですが、結婚式中で中には入れずに、山手教会の内観画像はないか?と画像検索していて発見しました。

京都の祇園に『ライカギャラリー』というのがあるんですね。クラシックカメラが好きなうちの親父は興味示しそうです。

祇園の街は、祇園祭山鉾巡行の日と正月の人混みは凄まじいですね(^_^;)

ステンドグラスを通した色つきの光が床に落ちているシーンとか、風景の切り取り方が上手いし、写真に添えられている詩がまたいい…、と感心する事しきりでした。
Commented by kirafune at 2016-03-29 08:22
♪&ohさん

ありがとうございます。
身に余るお言葉を頂戴し、恐縮です。
そうでしたね。
カトリック山手教会がご縁でした。
街に出かける度にいつも不思議なご縁があり
偶然に出会った方々といろいろな会話しながら、
写真を撮っています。
一期一会の出会いが楽しいです。
お父様はライカをお持ちかもしれないですね。
ドアノーさんの写真展は全国で割と頻繁に開催されているようです。
九州のともだちも大分で観たと言っていました。
多くの人を魅了する作品群です。
機会がありましたら、 &ohさんも是非。
お父様とご一緒に^^
Commented by suzu-clair at 2016-04-02 17:27
ドラマティックで素敵な写真がたくさん見られそうですね。
無料とは!
京都か東京、行けるついでがあれば、ぜひ見てみたいです。
なんとなく、
雲母舟さんのお写真の味わいに通じる感動をくれる写真家さんのように感じました。

東京も桜が見ごろのようですね。
↓の雲母舟さんが撮られる今年の桜、
本当に美しくてうっとりしました・・・☆
Commented by kirafune at 2016-04-03 19:22
♪すずさん

京都のライカ・ギャラリーは
祇園のいい場所にありました。
無料ですし、行かれる機会がありましたら、
すずさんも是非。

東京の桜が見頃の時に、どういうわけか、
上洛していました~。
古都の春を堪能しました。
また、よかったら、記事をご覧いただければ嬉しいです。
<< 春の京都は竜宮城 桜開花宣言 >>