「恵心院」京都2016春の想出帖から

a0169902_7431196.jpg
ボケボケしていたら、うっかり通り過ぎそうになった。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_7433241.jpg
今春、宇治川のほとりにある、花の寺恵心院(えしんいん)さんを訪れた。

a0169902_7434856.jpg
弘法大師が開き、11世紀初めに恵心僧都(えしんそうず)が再興したという古刹では、

a0169902_744062.jpg
先代のご住職が育てていた季節の草花が、

a0169902_7441177.jpg
今も、訪れる者の心を癒していた。

a0169902_7442157.jpg
亡くなったご住職のあとを継ぎ、幼稚園の先生から尼僧に転じた福若亮阿住職が教えてくれた桜。

a0169902_7443485.jpg
その「三春滝桜」 の子木が福島から遠く離れた宇治の地で、正に満開の時を迎えていた。
春爛漫。
境内でひとり、紅色の滝にしばし見惚れた。

恵心院
京都府宇治市宇治山田67
電話:0774-21-3942
拝観:境内自由
料金:無料
交通:京阪線「宇治」駅より徒歩約9分、JR「宇治」駅より徒歩約13分

エキサイト編集部さんが「印彩都写真展2016」を取材に来てくれました。
エキサイト編集部ブログ「エキサイトブログCAFE」GWに開催されたブロガー写真展『印彩都』に行ってきました!を是非ご覧ください。

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2016-05-17 08:00 | 京都 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/22817337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by arak_okano at 2016-05-17 10:22
雲母舟さん、素晴らしい春をありがとうございます、バグースです。来年は行きたいと思います。平等院まで行ったんですよ。
Commented by deepseasons at 2016-05-17 20:15
こんばんは~
ボケもツッコミもなく、この小寺に立ち寄っていただきありがとうございます。
本堂に近くシダレサクラは、見応えが出てきました。
今年は、こちらまで足を伸ばせませんでしたが、来春は行きたいです。
Commented by kirafune at 2016-05-17 22:24
♪アラックさん

宇治まで行かれたら、次回は是非は、
花の寺・恵心院さんへ。
どの季節でも、いつも花に溢れた境内は、
正に癒しの空間です。
Commented by kirafune at 2016-05-17 22:31
♪deepseasonsさん

こんばんは!
実はぼけっとしていて、一度通り過ぎました。
「なんでやねん!」と自分で自分にツッコんで
引き返したら、やっとつつましやかな参道がみつかりました。
こちらの紅枝垂れは、満開時、すばらしい姿ですよ。
ゆったりとお花見のできる、おすすめの穴場スポットですね。
来年は是非^^
Commented by miyakokoto at 2016-05-19 06:55
おはようございます<(_ _)>
 写真展も終わりほっとされていらっしゃる事でしょう♪
宇治に来られ手も川向こうの神社仏閣によく行かれる
kirafune さん こうして魅せて頂くと行きたくなりますが
中々体力が付いてきません。
魅せて頂き有難うございます。何時かの為にメモ・・・P
Commented by kirafune at 2016-05-19 07:57
♪miyakokotoさん

おはようございます!
宇治へ行っても、平等院を素通りで
目的地まで一目散でした。
でも、そんなに歩くわけではないので
miyakokotoさんもいつか是非^^
とても癒される花のお寺さんです。
Commented by zeiss1221 at 2016-05-19 21:11
いよっ、雲母舟さん、相変わらずお見事!

えっ、ボケボケしていたら・・・私のことかな(;'∀')
枝垂桜もいい感じですね。
トップ画像は時節柄ヤマツツジかと思っちゃいました(笑)
だんだんボケてきたかも。
Commented by kirafune at 2016-05-20 07:57
♪zeissさん

あはは^^
言動はボケボケでも、写真だけは
ボケてないようにしたいものです。
今年は桜の季節があっという間で
ツツジモそろそろ終わり。
早くバラを撮りにいかないと!
年々、早く時が過ぎていく気がします。
桜写真がまだいっぱいあるのです。
どうしましょ?!
<< 今、熱い「カラヴァッジョ展」 「山のホテル」のツツジ園 >>