「通圓」の抹茶パフェ

a0169902_2349121.jpg
宇治にきたら、やっぱり抹茶。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_21323619.jpg
宇治川のほとりを歩いていたら、汗ばんできた。

a0169902_23491817.jpg
京都市内に戻る前に、 京阪「宇治」駅真正面にあるお茶屋の老舗「通圓」さんへ。

a0169902_23493462.jpg
なんと言っても、「抹茶パフェ」がおすすめだ。
たっぷり使われた抹茶とバニラのアイス、粒餡に生クリームが見た目より甘さ控えめで、疲れた身体に染み渡る。
器は、宇治市在住の陶芸家、魚雲窯・山本重行氏の作品。
手に馴染むお茶碗のほうじ茶を飲み干すと、宇治川の川面が夕陽に照らされているのが見えた。

通圓本店
京都府宇治市宇治東内1
電話:0774-21-2243
営業:午前9:30~午後5:30
休み:なし
交通: 京阪「宇治」駅真正面

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2016-05-25 23:56 | 京都 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/22844476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by doitsuwine at 2016-05-26 19:54
わお~、これこそ和スイーツの極みですね。
そんじゃそこらの抹茶パフェとはレベルが違いすぎます。
ヨーロッパでも高級カフェは器も高級ですよね。
この店には中国人がいないことを祈りたい・・・
Commented by zeiss1221 at 2016-05-26 21:22
雲母舟さん、こんばんは。

いやぁ、旨そうですね。
酒が飲めない私はつい甘い者に目がいっちゃいます。
痩せねぇ訳だ(笑)

さて、明後日はいいお天気に恵まれるようです。
本当は土曜日は出勤日なんですが、この間の日曜出勤の
振り替えで休みます。
久々に自然と向き合って来ます♪
Commented by arak_okano at 2016-05-26 21:32
雲母舟さん、パフェを宇治川背景とは
驚きました。
お見事バグースです。
アラック、抹茶パフェが夢なんですが、
先日の奈良・京都の出張でも、結局時間がなくて
ソフトクリームで終わってしまいました。
Commented by dejikaji at 2016-05-26 21:56
kirafuneさん、こんばんはです。
パフェ、長い事食べておりません。
抹茶パフェとほうじ茶とは、ええ感じですね~♪
美味しそ~!(●^o^●)

Commented by kirafune at 2016-05-27 08:15
♪doitsuwineさん

ヨ-ロッパのカフェのスウィーツも
器がいいものだと、よりおいしく
感じるでしょうね。
通圓さんも器と甘味で二度おいしかったです。
大陸の方はこちらでは見かけませんでしたよ。
Commented by kirafune at 2016-05-27 08:17
♪zeissさん

おはようございます!
今朝の東京は雨が本降りですが
明日の土曜日は晴れるのですね。
私も湘南方面に繰り出すので
早く休みが来ないかなと^^
zeissさんは自然の中へ。
楽しみですね♪
Commented by kirafune at 2016-05-27 08:19
♪アラックさん

奈良・京都方面にご出張とは
いいですね。
このところ、京都も暑かった
ということですので、
ソフトクリームがおいしかったでしょうね。
Commented by kirafune at 2016-05-27 08:22
♪dejikajiさん

おはようございます!
ごついバイクに乗って、パフェを食べに行く。
それもあり!
もし、そんなことがありましたら、
撮らせてほしいです^^
ほっこりできそう♪
Commented by suzu-clair at 2016-05-27 20:25
抹茶パフェひとつをとっても、
京都らしさを感じますね。
器の感じも素敵☆
と思ったら、やはり作家さんのものでしたか。
あたたかくて笑顔になるような雰囲気が素敵です。

ほっとするひとときですね・・・☆
私も雲母舟さんの記事に、
なんだかほっと和らいだ気分になりました♪
Commented by kirafune at 2016-05-27 23:30
♪すずさん

食事やお茶をするとき、
器って、大切ですね。
特に手作りの器は手にしたときに、
ほっと和みます。
器ひとつで食べ物の味も
違ってくるように思います。
不思議ですね。
<< 「海で会いたい」写真展 「縣神社」京都2016春の想出帖から >>