野村碧雲荘の花菖蒲

a0169902_16412291.jpg
梅雨時。
京都の家の佇まいには何故こんなにも趣きがあるのだろう。

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ




a0169902_16413759.jpg
野村財閥の創始者・徳七翁が昭和3年に建てた別邸「野村碧雲荘」。
京都南禅寺界隈のお屋敷群の中でも、外回りからして目立つ大豪邸だ。

a0169902_16415048.jpg
以前はもっと近くまで入れた西門の付近、今は立ち入り禁止となってしまい、雨のそぼ降る道端から、望遠で花菖蒲の咲く門前を見せていただいた。
京都の家の庭が他のそれと明らかに趣きが違うのは、千年の織りなす歴史が美しい礎となっているように思う。
お屋敷町の朝に、雨音だけが聴こえていた。

(撮影6月5日)

野村碧雲荘
京都府京都市左京区南禅寺下河原町37
営業:現在非公開
交通:東西線「蹴上」駅より徒歩10分

★雲母舟からのお願い
ランキングに参加してます。
お気に召したら、クリックしてね♪
    ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

by kirafune | 2016-07-10 16:49 | 京都 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/22982270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 雨上がりの光明院 お好み焼ジャンボ本陣 >>