「浄往寺」京都2016秋の想出帖から (旅行・お出かけ部門)

a0169902_08013051.jpg

私はその門の前に立った。

第一回プラチナブロガーコンテスト





a0169902_08014158.jpg

上桂の「浄往寺」(じょうじゅうじ)さんは、民家の先にあった。

a0169902_08015416.jpg

参道に入った途端、急に日常とは別世界が広がる。
内なる声に誘われるかのように、門の中へと心身が吸い込まれれていった。

a0169902_08020414.jpg


楓のトンネルを抜けながら、

a0169902_08021293.jpg

石段を上がると、

a0169902_08022281.jpg


境内で、お地蔵さんが小首を傾げていた。

a0169902_08023228.jpg

門の中、楓の囁き以外は静寂に満ちていた。

a0169902_08024301.jpg

雲母舟が貴方を、静かな秋の京都にご案内します。
暫くの間、お付き合いください。

(撮影11月25日)

「浄往寺」
https://kyoto-design.jp/spot/9545


by kirafune | 2017-01-23 08:21 | 京都 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/23569461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by pikorin77jp at 2017-01-23 10:08
こんな美しい 紅葉の京都  観光客もなく 静寂に包まれて
それだけでも 凄いな~~と思います。
素敵な秋のお写真 この光景も 今は雪に包まれているのでしょう。前の回の舞妓さんと銀杏のお写真もとても素敵です。
Commented at 2017-01-23 15:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by umi_bari at 2017-01-23 16:50
雲母舟さん、静寂の紅葉のオープニングですね、
お見事バグースです。
アラック、雑踏ばかりになってしまいました。
Commented by kirafune at 2017-01-23 22:04
♪pikorin77jpさん

こんばんは!
こちらは観光寺ではないので、
地元の方が散歩やお墓参りに
来られるくらいで、人影もまばらです。
東京から朝一で直行したので、
とても静かな紅葉狩りとなりました。
Commented by kirafune at 2017-01-23 22:06
♪2017/01/23 15:11 の鍵コメさん

了解です。
お待ちくださいね。
Commented by kirafune at 2017-01-23 22:09
♪umi_bariさん

あらっ?!くううう。
お噂は上洛中もかねがね、伺っていました。
いらしていたのですね。
秋の京都は人気ですものね。
私は雑踏は避けました^^

Commented at 2017-01-25 21:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kirafune at 2017-01-25 22:49
♪2017/01/25 21:05の鍵コメさん

無事にお届けでき、何よりです。
神楽坂のイタリアンには、私も近々行く予定なので、
鍵コメさんのこと、オーナーに連絡しておきますね。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by desire_san at 2017-01-26 09:07
雲母舟さん、おはようございます。
京都は観光局もあまり来ない、写真になるお寺がたくさんありますね。雲母舟さんの写真を拝見して、心が洗われる思いです。
神楽坂には、行きつけのイタリアンのおいしい店があるのですか。最近チェーン店ばかりで、落ち着いた良い店をご存知でしたら、教えていただけると感謝します。

私は何年かぶれに映画を劇場で見る予定です。「沈黙・サイレント」と「エゴン・シーレ」、久しぶりに映画館に見に行きたくなりました。来月のブログは、オペラ「カルメン」から始めます。海外旅行レポートは、やっと一昨年秋に行ったオーストリアに入ります。気が向いた時で結構ですので、時々覗いたください。
Commented by kirafune at 2017-01-28 09:42
♪desire_sanさん

私も最近、スコセッシ監督の「沈黙・サイレント」を劇場で観ました。
学生時代から遠藤周作ファンで小説は読んでいたのですが、
映像化された世界に強い衝撃を受けました。
desire_sanさんもご覧になられましたら、また感想をお聞かせください。
神楽坂のイタリアンレストランについては、別途連絡させていただきますね。
よろしくお願いします。
<< 「地蔵院」京都2016秋の想出... 命のバトン(写真部門) >>