小鳥の言い分

a0169902_22332543.jpg
「何故君の歌はそんなに短いの?」
あるとき、小鳥にたずねてみた。
「もしかして、息が続かないからかい?」
「私には歌がたくさんあるんです。それをみんな歌ってしまいたい・・・」

美しいあじさい&6月のイメージショット!





by kirafune | 2017-06-20 00:09 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/237105338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by doitsuwine at 2017-06-22 09:11
日本の昔の人たちもいろいろ考えましたね。
鳥の鳴き声もやれ「仏法僧、仏法僧」だの、やれ「法、法華経」だのと。
念仏を唱えさせてしまうんですから。
蝉まで「つくつく法師」になってしまうんですから。
Commented by kirafune at 2017-06-22 23:50
♪doitsuwineさん

そういわれてみれば確かに。
日本の鳥もセミまでも、
鳴き声は仏教徒のようですね^^
今まで気が付きませんでした。
異教徒の方がうぐいすやセミの鳴き声を聴いたなら
一体なんと聴こえるのでしょう?
尋ねてみたいものです。

<< 海と女 6月の海 >>