「COFFEE ポケット」に雲間の月を

a0169902_22034844.jpg

ポケットで「雲間の月」を見た。





a0169902_22034809.jpg

押小路通の「COFFEE ポケット」の壁には、相変わらず「ト」の字が欠けていた。

a0169902_22034957.jpg

平安時代の王朝人はどういうわけか、完全な満月を好んだらしい。

a0169902_22034901.jpg

でも中世に入ると、末法時代への恐れが人々を無常観へと駆り立てた。
中世人・吉田兼好も、完全な望月より、不完全な雲間の月を愛でた。

a0169902_22034687.jpg

詩人・寺山修司は、言葉を友人に持ちたいと思うことがあった。
旅の途中、自分がたった一人だと気づいた時に。

a0169902_22034735.jpg

「ポケットに名言を」の著書の冒頭で、詩人はそう書いていた。

a0169902_22034790.jpg

彼は少年時代、ボクサーになりたかったそうだ。
でも、減量の死の苦しみと「食うべきか、勝つべきか」の二者択一を迫られた時、

a0169902_22034775.jpg

「食うべきだ」と彼は思った。
そして、寺山は詩人になった。
ポケットに名月ならぬ名言を入れて。

a0169902_00292152.jpg

一服して再び押小路通に出れば、今度はタクシーが「ポ」の字を隠して止まった。
世は定めなきこそいみじけれ (「徒然草」より)

COFFEE ポケット
京都市中京区押小路通烏丸東入西押小路町99
電話:075-231-2660
営業:8:00~18:00
休み:土曜日
交通:地下鉄「烏丸御池」駅より徒歩3分


by kirafune | 2017-08-28 00:36 | 京都 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/237683768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dejikaji at 2017-08-28 20:16
kirafuneさん、こんばんはです。
ここの前は撮影の道中よく通るんですよ。
トが抜けてるのは気付きませんでした。
小さなお店に、赤い椅子がレトロでモダンな雰囲気ですね。
Commented by kirafune at 2017-08-28 22:52
♪dejikajiさん

こんばんは!
京都の街中を隈なく歩き回られているデジ鍛冶さんの
撮影の後に行かれるお店が私はいつも気になっています。
先月行かれていた百味飲食さんの「京野菜の薬膳カレー」も
週末カレー派としては、気になる~~。
撮影の後に美味しいご褒美が待っているのが楽しみですね。
私の場合は撮影の前に朝から、「COFFEE ポケット」さんで腹ごしらえです^^


Commented by うえっち at 2017-08-29 07:53 x
また行かれたんですね!
会社のすぐそばで一度行こうかと思うんですけど、まだ行けてないんですよねぇ(^_^;)
Commented by kirafune at 2017-08-31 09:23
♪うえっちさん

会社のお近くと以前伺っていましたね。
いつでも行けると思うと、なかなか行かないものですね。
でもこちらのコーヒーとパンはほんと美味しいので、是非一度。
マスターもとても感じのいい方で、ハッピーな気分になれますよ^_^
Commented by &oh at 2017-08-31 23:36 x
『ト』を取っても、『とっても』素敵なカフェですね。

京都のカフェと言えば、8月12日に坪庭カフェ(のうちの一軒)に行きましたが
翌日から盆休みだったそうで(知りませんでしたが)ぎりぎりセーフ…でした。
Commented by kirafune at 2017-09-01 00:32
♪&ohさん

うまい!
座布団^^

夏の京都に行かれたのですね。
『café冨月』ですか。
坪庭は京都旅のツボです。
退蔵院さんは、秋もいいですよ。
私もまた、行きたくなりました。
Commented by &oh at 2017-09-01 00:40 x
はい『café冨月』です。弊ブログにカルピスゼリーの画像載せました。

坪庭だけに『ツボ』なんですね。

実は7月にも京都行ったんですが、その時は(自分にとって)定番のとこばっかり回ったので
同じ場所の画像ばかり載せる事になるので、記事にしませんでした。
Commented by &oh at 2017-09-02 20:10 x
すいません、カフェでもう一つ思い出したんですが、神戸の『フロインドリーブ』をご存じでしょうか?

神戸の元教会の建屋を利用した、一階が焼きたてドイツパンの店、二階がカフェになっているんですが、
『素敵すぎる』と形容される店です。自分もこの世で最も好きな飲食店のうちの一つです。

このコメントのURL欄に、フロインドリーブに行った時のブログ記事のURLを入れました。
Commented by kirafune at 2017-09-03 19:12
♪&ohさん

元教会の建物がカフェになっているなんて、驚きました。
クリスマスにはきっと大人気なのでしょうね。
カフェでドイツパンを食べながらプロポーズ
なんてことにも、なるかもしれませんね。
お急ぎの方はそのまま結婚式もできそうな気がしてきました^^
<< 西陣の秘密カフェ「のばら珈琲」 今だ「唐門」 >>