日枝神社でお花見

a0169902_00125455.jpg

着物友達と山王日枝神社の境内で春うららのお花見をした。
東京の桜もそろそろ満開の時を迎えようとしていた。

a0169902_00205199.jpg
a0169902_00205776.jpg

印彩都はみなさまのお越しをお待ちしています。

私の桜ショット&お花見弁当


by kirafune | 2017-04-06 00:24 | 東京の街 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://kirafune.exblog.jp/tb/23773032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seadream_t at 2017-04-06 22:34
お久しぶりです^^
今年のサクラはなんだか、ゆっくりと咲きはじめていますね。
明日、戸恒浩人氏デザインな西田哲学館の杜のライティングお披露目式、
サクラはまだ。。
でも、昨日までの雨予報は一転、回復の兆し。
少しホッとして^^飲み過ぎないようねます 笑
Commented by doitsuwine at 2017-04-08 11:24
年輪を重ねるほどに和服が映えます。
ギャルには真似のできない雅・・・かな?
Commented by kirafune at 2017-04-10 21:34
♪seadream_tさん

こんばんは!
今年の桜は1週間例年より遅かったですね。
そのせいか、割といつもより静かに
京都でお花見ができました^^
いよいよお披露目なのですね。
この週末に金沢へ旅行していた職場の方が
土曜日は真夏のように暑く、昨日は急に寒かった
と言っていました。
お披露目式、お疲れ様でした。
西田哲学館、いつかは必ず訪れてみたいです。
Commented by kirafune at 2017-04-10 21:36
♪doitsuwineさん

京都で派手な柄の化繊の着物の
外国人の方をたくさんおみかけしました。
年齢相応にいいものを着ないと
なんだか気恥ずかしいこのごろです^^
Commented by desire_san at 2017-04-10 21:47
こんばんは。
いつも素敵な写真を拝見しています。日枝神舎の写真には、 雲母舟さんも映っておられるのでしょうか。
私は、今年は怪我の後遺症で下半身の痛みがひどく、自分が運営に参加している写真サークルの撮影会にも行くことができず、梅も桜も撮影できずに終わりそうです。3月にブログに乗せた梅の写真は去年撮ったものです。後遺症の治療に病院に通うほかは外出もままなりませんが、この機会でないとなかなか進まないので、1昨年にオーストリアを旅行した時の写真を整理して、旅行記を書いています。写真展に伺って、是非お会いしたいとお持つ通ります。写真展の時期までに下半身の痛みが禍福しましたら、伺いたいと思っています。
Commented by kirafune at 2017-04-15 11:51
♪desire_sanさん

こんにちは!
今日は風の強い日で、桜の花も散ってしまいますね。
お怪我の具合はいかがですか?
大変でしたね。
くれぐれもお大事になさってください。
回復されて、印彩都写真展でお会いできれば、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いします。
<< 京都桜紀行2017 近衛邸跡の枝垂れ桜 >>