カテゴリ:京都( 444 )

智積院の桔梗

a0169902_1701389.jpg
桔梗を愛でに

More
by kirafune | 2010-08-17 23:33 | 京都 | Trackback | Comments(15)

真夏の京都 2010

a0169902_1553710.jpg
「今夜は大文字さんや。夜遊びしたろ」
そう言って、京都のおじいちゃんが、市バスを降りていった。

More
by kirafune | 2010-08-16 23:58 | 京都 | Trackback | Comments(22)

勧修寺の睡蓮

a0169902_16481818.jpg
京都山科にある勧修寺(かじゅうじ)の氷室の池で、睡蓮の花が咲いていた。

More
by kirafune | 2010-07-27 19:28 | 京都 | Trackback(1) | Comments(18)

廬山寺の桔梗で涼

a0169902_15375141.jpg
暑い暑いばっかり言うてへんで、ウチへおこしやす。

More
by kirafune | 2010-07-25 16:21 | 京都 | Trackback(2) | Comments(28)

京都銀閣寺 ますたにラーメン

a0169902_16393997.jpg
れんげなんかうっちゃっといて、まずは自慢のスープをずずっと丼ごと、飲んでおくんな。

More
by kirafune | 2010-06-27 06:38 | 京都 | Trackback | Comments(14)

「弥次喜多」で旅の終い

a0169902_21203470.jpg
四条周辺を歩いていたら、感じのいい一軒家の甘味処を発見!

More
by kirafune | 2010-05-30 22:07 | 京都 | Trackback | Comments(26)

花の浄土 平等院 sanpo

a0169902_15192070.jpg
宇治には、静かな花の浄土があった。

More
by kirafune | 2010-05-29 16:14 | 京都 | Trackback(1) | Comments(18)

イノダコーヒで夢の朝食

a0169902_21224563.jpg
京の朝は、おいしいコーヒーから始めたい。

More
by kirafune | 2010-05-25 08:04 | 京都 | Trackback(1) | Comments(27)

雨の瑠璃光院

a0169902_1671481.jpg
瑠璃の庭は、雨の日がいい。

More
by kirafune | 2010-05-23 17:13 | 京都 | Trackback(2) | Comments(21)

美少女と妙満寺のツツジ

a0169902_0104863.jpg
不覚にも、木野の駅から徒歩5分の妙満寺への道を迷ってしまった。
向こうから帰宅途中らしい女子高生がやって来た。
「あの、妙満寺さんて、こっちですか?」
女の子はクスリと笑い、「逆方向ですよ」
「ええ~っ!それじゃあ、いつまでたっても、着かない訳ね」
私が溜息をつくと、利発そうなその子は
「うち、妙満寺さんの方角やから、一緒に行きましょう」と言ってくれた。
雨の中、もと来た道を引き返し、途中から左に曲がって、緩やかな坂を上った。

a0169902_0252261.jpg
「ここが、妙満寺さんです」

a0169902_0262310.jpg
門前には、色とりどりのツツジが咲き乱れていた。

a0169902_028285.jpg
雨に濡れた花の色が艶やかだ。
色白の女子高生は長い睫毛をしばたかせて言った。

a0169902_0281525.jpg
「あれが、仏舎利大塔です。晴れていれば、比叡山が向こうに見えるんやけど」

a0169902_029287.jpg
「こちらにはよく来るの?」

a0169902_0302717.jpg
「実はうちの弟がこちらの住職の息子さんと同級生で。
うちも子供の頃、よく境内で遊ばせてもらいました」

a0169902_0355045.jpg
「広くて立派なお寺さんね。ツツジも素敵♪東京から来た甲斐があったわ。
で、その息子さん、将来はお父さんの跡を継いで、住職さんになるのかな?」
「う~ん、それはどうか、まだわからへん」

a0169902_0502188.jpg
小首を傾げる少女の、黒目がちの瞳が愛らしかった。
漱石の『夢十夜』に出てくる美女は、こんな感じの女性ではなかったのだろうか。

a0169902_0524498.jpg
「ここまで一緒に来てくれて、ほんとにありがとう」私が頭を下げると
「京都の旅を楽しんでいっておくれやす」美少女は手を振って、家路についていった。
門前の池に、ツツジの影が映っているのをほんの一瞬眺めていた。
再び、少女の去った方角を見れば、もうその姿はなかった。

(撮影5月7日)

妙満寺 
京都府京都市左京区岩倉幡枝町91
電話l:075-791-7171
交通:叡山電鉄「木野駅」より徒歩5分
by kirafune | 2010-05-20 23:56 | 京都 | Trackback | Comments(14)